風の記憶

青い地球が 私の胸に
夜に浮かぶ 満月をくれた
大地の花が 私の胸に
沈まない 太陽をくれた

人と出会う横には いつもある
いつか別れに変わる 夕凪が

風をくぐって 海を越えたら
君が 宝島になる
ひとかけらの夢は
群れを帯びてる 魚のように
よこぎってゆく季節
君と叶える奇跡

明日の上を 鳥たちが飛ぶ
夜明けまでに 間に合うように
船の汽笛は はじまりの音
見えない矢印を 浮かべて

君と過ごした 短い記憶が
いつか長く伸びて 迎えにくる

風を頼りに 目を閉じたとき
君が宝島になる
夢を飾りながら
珊瑚のように 波にゆられて
気がついてゆく 季節
ひと続きの この旅