白日

育ってきた場所を離れた
契りあってた日々はもう過ぎ去った

夢は夢のまま

うだる様な道の真中で
君に似合ってた色を思出した

捨てられない言葉が唯邪魔になるだけ
願ってはみた―――

“さよなら”の暑さが また僕等を焦がした
こころが真白にした 君がいない空
舞上っては消えるから

探してた頭の中で 見た風景は
朧気な季節さ

捨てられない言葉が また空回りだした
届きそうな気がした

夢はまだ夢の様 懐かしがってはいないか?
逃す手はないさ―

このままじゃ いつか遠く 離れて行きそうさ
こころが真白じゃない 君が見えてたんだ
我儘な暑さは ほらまた僕等を焦がしてる
こころを真白にしたら 君がいる空へ
舞上ったら見えるから