記念樹

ひゅるひゅると風が吹く校庭に
若い日の記念樹を植えました
あの人もこの人も見つめるうちに
なぜかしらその胸を 熱くする
さよなら初恋 さよならともだち
また逢いましょう この樹の下で
そっとその目で話します
そっと約束かわします

ひゅるひゅると風が舞う校門で
今植えた記念樹を見つめます
指きりをかわしたりサインをしたり
手をふって急ぎ足 帰ります
さよなら初恋 さよならともだち
また逢いましょう この樹の下で
そして別れて行くのです
そしてひとりになるのです