永遠なるもの

あぁ、部屋のドアに続く、長く果てない道…。
平行線の二本だが、手を振るくらいは…。

あぁ、全てが人並みに、うまく行きますように。
暗いだなんて言うなって。全てよ、運命の想うままに。

急にね、あなたは言う…。「やっと笑えそうだっていう時に、
判んなくなって、泣けない、笑えない…」。

愛が、全ての人達に、分けられてますように。
一回も考えなかった。「語ってるよ」とか言って茶化して。
全ては良い笑顔のために。

悪者が持つ孤独が、みんな、解るかい?
「旅人!」とか、みんなは、そう言うだけ。
予報によりゃ、言う奴が…そうか、もうか…そうかぁ…落ちるそうだ。底へ。

急にね、あなたが言う…。「なんかに飼われていたみたい…。
もう、冗談じゃないし、泣けるし、笑える…。なんだかなぁ…」って。

感情が、全ての人達に、降り注ぎますように。
古いよ。だって性分だ。そうだ。そうだ!
いい。まだ僕等は、この調子で。
そうだ。スヌーピー大好きな奴が、重タール漬けガイでもいい。
青いよ。だって性分だ。
全ては、みこころのままに。全ては、あの“なすがまま” に…。
全ての人達に足りないのは、
ほんの少しの博愛なる、気持ちなんじゃないかなぁ。

愛が、全ての人達へ…。
あぁ、全てが人並みに…。
あぁ、全てが幸せに…。
あぁ、この幼稚な気持ちが、どうか、永遠でありますように。

― 僕の人生はバラ色に変わったーっ!! ―