悲しい歌がある理由

お姫様みたい、と褒められてから着続けてる
真っ白いワンピースはもう制服です
飲み会で上司にお酌をする係はわたし
別にあんたのために着てるわけじゃないの

結婚したいと言ってる本当の理由は
結婚したいと思われるほど愛されたいってこと
かっこ悪くてもお金がなくても優しくなくてもいい
誰でもないわたしを必要と言ってよ

悲しい歌はあなたを傷つける
古傷を庇うかさぶた 剥がしてしまう
だけどほらみて 皮膚は厚くなって
残る傷跡はその優しさに変わってる
もう痛くないはずだよ

武器だと言われて歯を食いしばり堪えた涙
ずっとそうしたらいつの間にか泣けなくなった
なんで泣かないの?薄情だと言われた葬式で
本当のわたしを知る人は棺桶の中

殴られるなら触られる方がまだ良いから黙ってた
なんか言えよって笑えよって頬殴られた
誰かが拾った小さな小さな小さな幸せは
わたしからこぼれ落ちたものかもしれない

悲しい歌はあなたを傷つける
古傷をもう一度斬りつけてしまう
だけどほらみて 同じ痛みじゃない
何度思い出すたび向き合ってきたんだ
あなたはずっと強くなった

悲しい歌はあなたを傷つける
古傷を庇うかさぶた 剥がしてしまう
だけどほらみて 皮膚は厚くなって
残る傷跡はその優しさに変わってる
もう痛くないはずだよ
もう許していいんだよ