よるのあと

あなたが嘘をつかなくても
生きていけますようにと
何回も何千回も 願っている
さよなら

おやすみ そばにいるのに
汗が 乾けば 違う顔で
ルージュの慣れた匂いは
あなたの前じゃ 役に立たない

目に見える 細胞だけ
夜に響いた 鳴き声だけ
透明な バランスだけ
あなたにとって都合がいい

青い 体温 震えぬ胸
簡単な顔して笑わないで

あなたが嘘をつかなくても
生きていけますようにと
何回も何千回も 願っている
さよなら

ラブソングみたいな 日々
フィルムにすらも 残りはしない
名前なんてない蜜を
ばれないように 握りしめた

青い 体温 震えぬ胸
簡単に 抱きしめてしまわないで

あなたが嘘をつかなくても
生きていけますようにと
何回も何千回も 願っているから

あなたの口癖の愛は
解けない呪いのようだ
一度のさよなら
最後に愛を込めて

ふざけて 茶化して 言えなくなった
今更の当然 愛している

あなたが嘘をつかなくても
生きていけますようにと
何回も何千回も 願っているのよ

持った思い出のすべて
悲しみだけじゃ寂しいでしょう
よるのあと 呪い(まじない)解いて(ほどいて)
あげるわ

さよなら