まほろば鬼灯

赤色の鬼灯は
夏祭りの夜に
風に揺れる君の
浴衣によく似合う
シャリラン シャリラン
鈴の音が聞こえる
シャリラン シャリラン
誰もいないところに行こう

神社の境内で
誰かさんが遊んだ
お囃子に紛れて
御伽話をした

垣根の向こうで高く燃え上がる
月に届くよな

お祭りの後には
甘い夢の名残り
浮世か幻か
今ではもうわからない

夢から覚めても想いは続いて
月を眺めてる

まほろばの鬼灯は
カラカラに乾いて
君のように綺麗な
鈴の音を残した
シャリラン シャリラン
誰かさんがころんだ
シャリラン シャリラン
誰かさんがころんだ