アコーディオン弾き

街の女のマリーは美人だった
お得意の客もいて 貢いでくれた
客が帰ったあとは 今度はマリーが
遊びに行く番さ 彼のところへ
場末のホールへ 出掛けて行く
小柄な男で アコーディオン弾き
彼が弾く ジャバに耳を傾け
踊り場には目もくれないで
情をこめて その目はみつめる
彼が熱演する姿 彼の素敵な指の動きに
胸も手も足も 体もしびれて
歌いたくなる まったくこのジャバときたら

街の女のマリーは寂しかった
アコーディオン弾きは兵隊に行った
彼が帰ってきたら お店を持とう…
二人っきりで働く かわいい店を
毎晩彼は微笑みながら
マリーのために ジャバを弾くのさ
そっとジャバを口ずさめば
彼が目にうかぶ
情をこめてその目はみつめる
彼が熱演する姿 彼の素敵な指の動きに
胸も手も足も 体もしびれて
歌いたくなる まったくこのジャバときたら

街の女のマリーはひとりぼっち
若い女たちは ジロリとにらむし
男は誰も 声もかけない
あせればあせるほど悪くなるだけ
死んでしまった アコーディオン弾き
それでもくたびれた足はあのホールへ
別の男がジャバを弾いてる
目を閉じて聞く 彼が帰ってきた
彼の素敵な指の動きに
胸も手も足も 体もしびれて
踊りたくなる みんな忘れるために

「やめて」
そのジャバをやめて