夢物語

雨のしずく 濡れたままで
手をまわして着たワイシャツに
口紅を残した

傘にかくれ 愛の約束
交わして別れた あなたには
帰る場所があるの

溢れて止まらない 想いわかっているかしら
嘘の口づけさえ もう拒めない
私を残してあの人の もとへ戻ってゆく
雨に煙る 夢物語

愛の後の タバコの煙
空しい瞬間(とき)は怯えたまま
流れ過ぎてゆくの

零れ落ちた 愛の吐息
シーツの中まで溶けてゆく
あなた いかないで

強がる私を あなたわかっているくせに
それでもこの部屋を また出て行く
交わらないままこの道は 続いてゆくのです
私一人 夢物語

溢れて止まらない 想いわかっているかしら
嘘の口づけさえ もう拒めない
私を残してあの人の もとへ戻ってゆく
雨に煙る 夢物語