回転ベッドの向こうがわ

キレイな人たち あたしに近寄らないで
その手を払いのけて 独りで居るのが好きよ
靴を脱いだらノックして 両手挙げたら釦を押して

言葉で解り合う きりが無い悲劇がまた始まる
恙無い毎日 余りに質の悪い言いわけ

上目遣いで瞬きひとつ わりとよく居るタイプの女よ

ああ、何だか生温過ぎて 吐き気がするわよ

ブランデー・グラスに 欲望全部注いで
恥ずかしいあなたの その顔、見るのが好きよ
羽根の生えたベッドで
羽根の生えたベッドで
羽根の生えたベッドで…