涙のバラライカ

暮れてはるかな 黒竜江の
空では星も 泣いている
何処へ流れて 行くのやら
知らぬ他国の 夜は哀し
楡の並木の 灯りも濡れて
調べ侘びしく ハルピンの
街を漂泊う バラライカ

雪のシベリヤ 越えて来る
風が辛いよ 身に沁みる
旅の夜更けの 儚なさは
遠い故郷の 夢ばかり
燃ゆる思いを 寂しく捨てて
今日もあてなく ハルピンの
街を漂泊う バラライカ

鳴らせ涙の バラライカ
せめては胸の 切なさを
今宵も唄で 忘れよう
西も東も 旅の空
更けて馬車の ランタン赤く
闇に消えゆく ハルピンの
街を漂泊う バラライカ