緑の地平線

なぜか忘れぬ 人ゆえに
涙かくして 踊る夜は
ぬれし瞳に すすり泣く
リラの花さえ なつかしや

わざと気強く ふりすてて
無理に注がして 飲む酒も
霧の都の 夜は更けて
夢もはかなく 散りて行く

山のけむりを 慕いつつ
いとし小鳩の 声きけば
遠き前途に ほのぼのと
緑うれしや 地平線