ボッカポッカと数奇な数字

数余りのボッカポッカ
気付けばどっか森の中
思えばその人生も
有意義だったとは言えない

生まれたその時から
彼は自分を理解した
醜い容姿 臭い息
あるのは「17」の烙印

数奇な数字のボッカポッカ
終わることのなき其のリズム
赤い瞳のボッカポッカ
残された数字は崩れてく

運命(さだめ)に抗うボッカ
けれど続くボッカリズム
不気味にずれる調和
次第にみんな気づき出す

そして消えたボッカポッカ
けれどまだまだずれる
みんな歯に染み付いた
その味が忘れられないだけ

数奇な数字のボッカポッカ
腐敗してゆく彼のリズム
赤い瞳のボッカポッカ
だけどそれは終わりではないの

残された無垢なリズム
気付けば次の「17」を
「あなた」を探しに