FIRST

暗闇に紛れる無意識の向こうで
造られた感情が解かれて滲んだ

その色を浮かべて孤独に揺れる花
灰色の世界がまた風に吹かれて...

動き出す鼓動がまだ未来を繋いで
不規則に乱れる時の中で燃えた

微かな痛みから空に色をつけて
塗り潰す度に声を知る

何を唄えばいい?偽りの空に
手を伸ばせば弱く消えていくけど

刻み込まれていく未来が偽りなら
涙また生まれて落ちて...そして...汚れて
汚れて 汚れて 汚れていく
小さな声 染まり出す音 響く

モノクロに思えた現実は矛盾で
空に落ちる雨が時に逆らい舞う

確かな弱さから声に嘘をつけて
泣き叫ぶ度に愛を知る

何を救えばいい?偽りの声に
手を伸ばせば弱く消えて行くけど

忘れ去られていく未来が偽りなら
涙また流れて生きて...だから...
汚れて 汚れて 汚れて 汚れていく
小さな声 震え出すほど 強く

汚れて 汚れて 汚れていく
涙また生まれて落ちて
声を届けて、唄って、守って、歩いていく
小さな声 ここにあるモノ 響いて