北山杉

四条通りをゆっくりと
君の おもいで残したとこを
黒い ダッフルコート着て
背中丸めて 歩いてます
あの頃二人は 清水の
長い石段 登って降りて
青春色の 京都の町を
じっとじっと 見つめていました

冷たい雨が 雪になり
君の足跡かくれて消えて
涙まじりの雪払い
北山杉を 想い出します
あの頃二人は 大覚の
白い石仏 触れたり見たり
青春色の 京都の町を
静かに静かに 歩いていました

あの頃二人は 清水の
長い石段 登って降りて
青春色の 京都の町を
静かに静かに 歩いていました
青春色の 京都の町を
静かに静かに 歩いていました