ウソを暴け!

この世界にどれだけのウソがあんだろう。
たくさんの人が選んだ王様はすぐさま担がれては終わる。
この世界にどれだけホントがあんだろう。
昨日まで陽の光さえ当たらずにいた人が今を変える。

今日の、今日のウソを暴け!
もし、君がちょっとぐらい嫌われても。
君の、君のウソを暴け!
そしたらさ、必ず僕はそこにいるよ。

そこにいるよ。

ごらん一瞬で崩れかけてた世界に、
また花を咲かせたのは王様ではなく、
君達だって知ってる。

今日の、今日のウソを暴け!
もし、君がたった独りを畏れても。
君の、君のウソを暴け!
いつでもさ、僕は声を届けるから、
だからさ、お願い、お願い、お願い、
ねぇ、どうか、君は君を消さないで。

消さないで。

城の瓦礫に、光る金貨を見つけても、
形の無い社会じゃ、太陽めがけ金貨を放って、
光で、今日の、今日の、君、照らす。

今日の、今日のウソを暴け!
強さの中に弱さがある、本当。
今日の、今日の自分を笑え!
弱さの中に強さがある、本当。
だからさ、お願い、お願い、お願い、
ねぇ、どうか君に嘘をつかないで。
愛情は何度、暴いたって、ただ、愛情。

それが本当。

さぁ、今日の、今日の真実を探せ!
ねぇ、もうノー!
さぁ、君の、君の真実を探せ!
ねぇ、もう…、どう?