プロポーズ

ぼくの街に 大きな公園があるよ
緑の芝生も野球場も 噴水もある
天気のいい日には自転車に乗ろうよ
ぼくのほうが少し速いけど
別に君を おいこしたりはしない
君の髪が風にゆれるのを見ながら
走るのが好きだから だから
あまり話しはしなくても きっとなんか楽しいよ
そんな風にぼくの街に おいで

ある日君に悲しい出来事があっても
やっぱり公園に行こうよ 手をつないで
ベンチのある木陰を見つけてすわろう
久しぶりにアルトサキソフォンを吹いてあげるよ
あいかわらずへたくそだから まわりの人も犬も
耐えられずどこかに消えたら ぼくら二人きりさ
そして君の話を全部きこう まとまりはなくてもいい
ゆっくりでいいからさ ほら少しは楽になってきたろう
君の好きな歌をうたおう 平気さ誰もいない
ぼくのほうがうまいけど 君のほうが声がいい
本当にそう思ってるよ

いますぐじゃなくてもいいから ちゃかさず考えて
思い切ってぼくのとこに おいで