霧島昇・渡辺はま子の歌詞一覧リスト  3曲中 1-3曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
3曲中 1-3曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
明日の運命(さだめ)夕焼け雲の かげ映す ながれの岸に 語らえど むすぶすべなき ふたつの心 アア秋の上海 うずら泣く  乙女の胸 紅染めて せつなき色の 夕雲に 君が心を 優しく問えば アア雲はこたえず 落葉降る  仇(かたき)と知れど ふるさとの 妹に似たる うしろかげ 明日の運命も 唐なでしこの アア君は歌うよ 愛の歌  往来の雲の たまたまに 逢うては落とす 小夜(さよ)時雨 晴れて大陸 ほのぼの昇る アア朝の日の出ぞ たのもしき霧島昇・渡辺はま子西條八十服部良一夕焼け雲の かげ映す ながれの岸に 語らえど むすぶすべなき ふたつの心 アア秋の上海 うずら泣く  乙女の胸 紅染めて せつなき色の 夕雲に 君が心を 優しく問えば アア雲はこたえず 落葉降る  仇(かたき)と知れど ふるさとの 妹に似たる うしろかげ 明日の運命も 唐なでしこの アア君は歌うよ 愛の歌  往来の雲の たまたまに 逢うては落とす 小夜(さよ)時雨 晴れて大陸 ほのぼの昇る アア朝の日の出ぞ たのもしき
蘇州夜曲PLATINA LYLIC君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺 PLATINA LYLIC霧島昇・渡辺はま子西条八十服部良一君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折し 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺 
ヨコハマ懐古野毛の山から ボンと鳴る鐘に 明けて波止場の あの蒸気船 文明開化の 煙がなびく ハマの娘の 千鳥がけ  粋なマントル 山高シャッポ 提げたカバンも 商館通い 馬車がなければ 合乗車 明日の日曜(ドンタク) どこへゆこう  町の盛り場 瓦欺燈が燃えて 夜は牛鍋 やれ源氏ぶし レターの横文字 忘れた人に かけてやりましょう 電信(テレグラフ)  野毛の山から ポンと鳴る鐘に 明けて波止場の あの蒸気船 文明開化の 煙がなびく ハマは日本の表口霧島昇・渡辺はま子佐藤惣之助竹岡信幸野毛の山から ボンと鳴る鐘に 明けて波止場の あの蒸気船 文明開化の 煙がなびく ハマの娘の 千鳥がけ  粋なマントル 山高シャッポ 提げたカバンも 商館通い 馬車がなければ 合乗車 明日の日曜(ドンタク) どこへゆこう  町の盛り場 瓦欺燈が燃えて 夜は牛鍋 やれ源氏ぶし レターの横文字 忘れた人に かけてやりましょう 電信(テレグラフ)  野毛の山から ポンと鳴る鐘に 明けて波止場の あの蒸気船 文明開化の 煙がなびく ハマは日本の表口
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. 366日
  5. 若狭の春

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×