Amber'sの歌詞一覧リスト  16曲中 1-16曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
16曲中 1-16曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
25時間 新曲君といると1日が24時間で終わってしまう  歩いたら進んだ 目を閉じれば真っ暗 息を止めると呼吸はできない 明後日まであと2日 心臓は左側 君に会うと心が踊る  当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい 君に出会ってからだ 人として産まれた意味が 眩しい眩しい眩しい (当たり前のことだ)  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ… 僕は君を幸せにする (当たり前のことだ)  朝が苦手な君の 芸術的な寝癖もbeautiful 新しい服を買うと リビングで始まるファッションショー 1年ぶりの誕生日 プランは去年と同じ 好きなものを好きなだけ食べて語り眠る  当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい くだらないことで君と笑える日々が 愛しい愛しい愛しすぎて  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ 僕は君と幸せになる (当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい)  そりゃ生きていれば 調子良い時も悪い時も 当たり前にあるけど 君は大丈夫  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ 僕は君を幸せにする(当たり前のことだ)  当たり前のことが当たり前にある事が嬉しい 新曲Amber's豊島こうきAmber's君といると1日が24時間で終わってしまう  歩いたら進んだ 目を閉じれば真っ暗 息を止めると呼吸はできない 明後日まであと2日 心臓は左側 君に会うと心が踊る  当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい 君に出会ってからだ 人として産まれた意味が 眩しい眩しい眩しい (当たり前のことだ)  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ… 僕は君を幸せにする (当たり前のことだ)  朝が苦手な君の 芸術的な寝癖もbeautiful 新しい服を買うと リビングで始まるファッションショー 1年ぶりの誕生日 プランは去年と同じ 好きなものを好きなだけ食べて語り眠る  当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい くだらないことで君と笑える日々が 愛しい愛しい愛しすぎて  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ 僕は君と幸せになる (当たり前のことが当たり前にあることが嬉しい)  そりゃ生きていれば 調子良い時も悪い時も 当たり前にあるけど 君は大丈夫  君といると1日が24時間で終わってしまう 愛し合えるこの世界で 君といると1日が24時間で終わってしまうくらい当たり前さ 僕は君を幸せにする(当たり前のことだ)  当たり前のことが当たり前にある事が嬉しい
アブノーマル波風立てるくらいなら普通でいたい 数えきれない嘘が宙に舞い 鏡の向こうのあいつは言う お前誰だい 遊び足りない 窮屈な身体でおままごと以下のクソな芝居はもうやめな  ladies and gentlemen どうぞ極楽へ 派手にかます?どうする?  馬鹿がすぎた夜もたまにゃいいハズなんだ 心から笑えるなら 歳をとって思い出して恥をかいて 忘れらんない夜を 馬鹿が過ぎた夜もたまにゃいいハズなんだ アブノーマルをもっと のうのうと生きられるほど暇じゃないし 余裕も過信も無難もない  安らぎを味わうのは今じゃない 呆れるくらいワガママでいいじゃない アイディアの無いあいつは言う 「大人になれよ 賢くないよ」  じゃあそうするもうすぐ追いつく まさに芸術 英傑 高徳 感服 そう言うとでも思ってる? そうね 理由なんて単純さ “シンプルにつまんなそうだから” 揺らがぬ心が笑ってる 異端な憧れを恥じる悪夢を 僕らはいつから見ていたのかな あんなに馬鹿な夢を平気で見ていた数年を 無かった事にするのはまだ早い普遍な生き様を  馬鹿なフリじゃもう もたない気がするんだ 別に器用じゃないから 雑に生きれりゃそりゃ楽だわな 誰かが作った“普通”じゃ吐き気がするんだ アブノーマルをもっと  馬鹿がすぎた夜もたまにゃいいハズなんだ 心から笑えるなら 歳をとって思い出して恥をかいて 忘れらんない夜を 馬鹿が過ぎた夜もたまにゃいいハズなんだ アブノーマルをもっと のうのうと生きられるほど暇じゃないし 余裕も過信も無難も期待も邪念も てめぇの時代じゃない!!Amber's豊島こうきAmber's波風立てるくらいなら普通でいたい 数えきれない嘘が宙に舞い 鏡の向こうのあいつは言う お前誰だい 遊び足りない 窮屈な身体でおままごと以下のクソな芝居はもうやめな  ladies and gentlemen どうぞ極楽へ 派手にかます?どうする?  馬鹿がすぎた夜もたまにゃいいハズなんだ 心から笑えるなら 歳をとって思い出して恥をかいて 忘れらんない夜を 馬鹿が過ぎた夜もたまにゃいいハズなんだ アブノーマルをもっと のうのうと生きられるほど暇じゃないし 余裕も過信も無難もない  安らぎを味わうのは今じゃない 呆れるくらいワガママでいいじゃない アイディアの無いあいつは言う 「大人になれよ 賢くないよ」  じゃあそうするもうすぐ追いつく まさに芸術 英傑 高徳 感服 そう言うとでも思ってる? そうね 理由なんて単純さ “シンプルにつまんなそうだから” 揺らがぬ心が笑ってる 異端な憧れを恥じる悪夢を 僕らはいつから見ていたのかな あんなに馬鹿な夢を平気で見ていた数年を 無かった事にするのはまだ早い普遍な生き様を  馬鹿なフリじゃもう もたない気がするんだ 別に器用じゃないから 雑に生きれりゃそりゃ楽だわな 誰かが作った“普通”じゃ吐き気がするんだ アブノーマルをもっと  馬鹿がすぎた夜もたまにゃいいハズなんだ 心から笑えるなら 歳をとって思い出して恥をかいて 忘れらんない夜を 馬鹿が過ぎた夜もたまにゃいいハズなんだ アブノーマルをもっと のうのうと生きられるほど暇じゃないし 余裕も過信も無難も期待も邪念も てめぇの時代じゃない!!
エンドロール毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  君と出会ってから一日の終わりが早く感じる 退屈も憂鬱も追いつけないスピードなんだ  つまり単純な愛ではない だって尊いとかいうレベルじゃないよ 頭の中繰り返す自問自答 “僕に何が出来るだろう?”  だから毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ どれも仮初めじゃないもの 特別な気持ちなんだ いつも最高を更新する君のおかげで彩る世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  Thank youじゃ物足りない この想いを伝えたい全部 Thank youじゃ物足りない そうSpecial thanksを君に  いつか見た映画と僕の運命的な物語を 比べてもどうしてもこちらの方が名作なんだ  君が映っているEveryday バッドエンドになんてなる訳ないよ 心の中騒ぎ出す自己主張 僕はどう映るんだろう  だから毎晩君の夢を見たいくらい欲張りになったよ もちろん贅沢すぎるけど 四六時中の愛が いつか完全に身を結び 君が眠りにつくこの世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに僕の名前が…  まだまだ足りない 収まり切らない “ありがとう”なんてたった5文字じゃ 君への想いはこんなもんじゃない 一生かけて伝えたい  散々考えてもいま僕が君に出来ることなんて 溢れた想いをSpecialに詰め込むくらいだ  だから毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ どれも仮初めじゃないもの 特別な気持ちなんだ いつも最高を更新する君のおかげで彩る世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  Thank youじゃ物足りない この想いを伝えたい全部 Thank youじゃ物足りない そうSpecial thanksを君にAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・奈良悠樹毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  君と出会ってから一日の終わりが早く感じる 退屈も憂鬱も追いつけないスピードなんだ  つまり単純な愛ではない だって尊いとかいうレベルじゃないよ 頭の中繰り返す自問自答 “僕に何が出来るだろう?”  だから毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ どれも仮初めじゃないもの 特別な気持ちなんだ いつも最高を更新する君のおかげで彩る世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  Thank youじゃ物足りない この想いを伝えたい全部 Thank youじゃ物足りない そうSpecial thanksを君に  いつか見た映画と僕の運命的な物語を 比べてもどうしてもこちらの方が名作なんだ  君が映っているEveryday バッドエンドになんてなる訳ないよ 心の中騒ぎ出す自己主張 僕はどう映るんだろう  だから毎晩君の夢を見たいくらい欲張りになったよ もちろん贅沢すぎるけど 四六時中の愛が いつか完全に身を結び 君が眠りにつくこの世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに僕の名前が…  まだまだ足りない 収まり切らない “ありがとう”なんてたった5文字じゃ 君への想いはこんなもんじゃない 一生かけて伝えたい  散々考えてもいま僕が君に出来ることなんて 溢れた想いをSpecialに詰め込むくらいだ  だから毎晩君の事を考えてしまう癖がついたよ どれも仮初めじゃないもの 特別な気持ちなんだ いつも最高を更新する君のおかげで彩る世界で まぶたの裏に流れるエンドロールに君の名前が光ってる  Thank youじゃ物足りない この想いを伝えたい全部 Thank youじゃ物足りない そうSpecial thanksを君に
オセロ覚めない夢はないのかもしれない 慣れない孤独のせいで 冷めたフリをして 不安に疲れて 本音さえ裏返してる  見落としてないか? 永遠などない事 痛いほど思い知って かき集めた記憶と今  眩しいほど白と黒に別れた世界で 哀しみも誤ちも愛せるように もう一度 誰よりもこの日々をもがいてみるよ 夢が覚めるまで 今を信じて 強くなりたいと 今を信じて  流行りものに縋り付いて 生きていくなんてさ 誰にもできるね そんなのつまりね 器用でも鬼才でもない  またどこかで 目立ちたいだけのさ 薄っぺらい正義感が騒がれてる 馬鹿馬鹿しいな  思うようにいかない日々に慣れてしまいそうで 優しさを痛みを見失うけど 本当にこれでいい? この胸に問いかけてみるよ もちろん答えはNo 自分を信じて さぁ 下手くそでいいよ 自分を信じて  世界の中心はここだと笑う人にはなりたくないよ 視野が狭くて可哀想 たとえこちらが世界の隅でも オセロだったらベストな居場所 そう思うから大丈夫 弱い心さえも抱きしめて  愛しさも幸せも平等なはずなんだ そう信じて裏切られてばかりだ でもどうして想像するだけで会いたくなる人がいる とても美しい尊い日々よ  眩しいほど白と黒に別れた世界で 哀しみも誤ちも愛せるように もう一度 誰よりもこの日々をもがいてみるよ そして繰り返し 明日を探していくんだ 夢が覚めるまで 今を信じて 強くなりたいと 今を信じてAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘覚めない夢はないのかもしれない 慣れない孤独のせいで 冷めたフリをして 不安に疲れて 本音さえ裏返してる  見落としてないか? 永遠などない事 痛いほど思い知って かき集めた記憶と今  眩しいほど白と黒に別れた世界で 哀しみも誤ちも愛せるように もう一度 誰よりもこの日々をもがいてみるよ 夢が覚めるまで 今を信じて 強くなりたいと 今を信じて  流行りものに縋り付いて 生きていくなんてさ 誰にもできるね そんなのつまりね 器用でも鬼才でもない  またどこかで 目立ちたいだけのさ 薄っぺらい正義感が騒がれてる 馬鹿馬鹿しいな  思うようにいかない日々に慣れてしまいそうで 優しさを痛みを見失うけど 本当にこれでいい? この胸に問いかけてみるよ もちろん答えはNo 自分を信じて さぁ 下手くそでいいよ 自分を信じて  世界の中心はここだと笑う人にはなりたくないよ 視野が狭くて可哀想 たとえこちらが世界の隅でも オセロだったらベストな居場所 そう思うから大丈夫 弱い心さえも抱きしめて  愛しさも幸せも平等なはずなんだ そう信じて裏切られてばかりだ でもどうして想像するだけで会いたくなる人がいる とても美しい尊い日々よ  眩しいほど白と黒に別れた世界で 哀しみも誤ちも愛せるように もう一度 誰よりもこの日々をもがいてみるよ そして繰り返し 明日を探していくんだ 夢が覚めるまで 今を信じて 強くなりたいと 今を信じて
AUTHENTIC始まったSHOWTIME 待ちに待ったよこのmoment 幸運ってやつも当然 味方につけたmy self 恥かいた挑戦いつかはカサブタになってく 今は攻勢 巻き起こせ 派手すぎるムーブメント  溢れるドーパミン 人生はドラマティック 信じぬ馬鹿者 ニセモノばっか 溢れるドーパミン 人生はドラマティック 窮屈とか言ってる場合じゃない  Everybody なんだって楽しんだもん勝ちなんじゃない? 真面目な顔する柄じゃない 運命ってやつじゃない?考えすぎてるんじゃない? もっと自由に生きようぜ だってだって遊び足りない まるでAUTHENTICが鳴り止まない  間違った表現 やらされた優等生 ならばこうして今殺して本性を晒せ 神様も泣いてる化け物を産んだって それぞれに与えたはずだと 個性と勘と才能  身体のどっかにあるロマンティック 胸が躍るその感覚なんだ 身体のどっかにあるロマンティック さぁ見つけたのなら今しかない  Everybody どうやって楽しむか考えたいじゃない 頭の中のユートピア 完成したみたい 馬鹿がカリスマになる時代 もっと夢中に息しようぜ 待って待って目が離せない まるでエキセントリックに恋をした  溢れるドーパミン 人生はドラマティック 本能のままに暴れていいさ 溢れるドーパミン 人生はドラマティック 始めようか本物の証明を  Everybody なんだって楽しんだもん勝ちなんじゃない? 真面目な顔する柄じゃない 運命ってやつじゃない?考えすぎてるんじゃない? もっと自由に生きようぜ だってだって遊び足りない まるでAUTHENTICが鳴り止まないAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘始まったSHOWTIME 待ちに待ったよこのmoment 幸運ってやつも当然 味方につけたmy self 恥かいた挑戦いつかはカサブタになってく 今は攻勢 巻き起こせ 派手すぎるムーブメント  溢れるドーパミン 人生はドラマティック 信じぬ馬鹿者 ニセモノばっか 溢れるドーパミン 人生はドラマティック 窮屈とか言ってる場合じゃない  Everybody なんだって楽しんだもん勝ちなんじゃない? 真面目な顔する柄じゃない 運命ってやつじゃない?考えすぎてるんじゃない? もっと自由に生きようぜ だってだって遊び足りない まるでAUTHENTICが鳴り止まない  間違った表現 やらされた優等生 ならばこうして今殺して本性を晒せ 神様も泣いてる化け物を産んだって それぞれに与えたはずだと 個性と勘と才能  身体のどっかにあるロマンティック 胸が躍るその感覚なんだ 身体のどっかにあるロマンティック さぁ見つけたのなら今しかない  Everybody どうやって楽しむか考えたいじゃない 頭の中のユートピア 完成したみたい 馬鹿がカリスマになる時代 もっと夢中に息しようぜ 待って待って目が離せない まるでエキセントリックに恋をした  溢れるドーパミン 人生はドラマティック 本能のままに暴れていいさ 溢れるドーパミン 人生はドラマティック 始めようか本物の証明を  Everybody なんだって楽しんだもん勝ちなんじゃない? 真面目な顔する柄じゃない 運命ってやつじゃない?考えすぎてるんじゃない? もっと自由に生きようぜ だってだって遊び足りない まるでAUTHENTICが鳴り止まない
君だけのロックンロールビートルズを聴いてタバコをふかした ちょっと大人になれた気がしてた でも歌詞の意味もこの苦い味も まだ今の僕にはわからないや  3番線から出る電車に乗って 聞いたこともない駅で降りてみようか ロックスターが言う「若者は空に似ている」 僕たちはあんなに澄んでいるだろうか  傷だらけのギターを歪ませてくれよもっと 混ざった街の音が邪魔くさいな 心が叫んでいる  忘れてしまう前に曲にしたよ 君だけのためのロックンロールさ 風に乗って飛んでいけよ 誰にだっていいじゃなくて ビートルズもタバコの味も わからないままでいいから  淡々と進む日々の流れに酔って 聞きたいわけじゃない慰めを聞いていたんだ 可愛い心が言う 私をわかっていないわ あの空のように綺麗じゃないな  古いレコード盤に付いた傷跡がちょっと 見たことあるような気がしたから 針を落として流してみた  失くしてしまう前に聞いてくれよ 君だけのためのロックンロールを 痛いの痛いの飛んでいけと 歌わなくてもういいよ 心の闇も体の傷も消えないままでいいから  ビートルズを聴いてタバコをふかした ちょっと大人になれた気がしてた でも歌詞の意味もこの苦い味もまだ今の僕には わからないや  忘れてしまう前に曲にしたよ 君だけのためのロックンロールさ 風に乗って飛んでいけよ どこにだっていいじゃなくて ここでもない夢でもない 君が君でいれる場所まで  ビートルズもタバコの味も わからないままでいいからAmber's豊島こうきAmber'sビートルズを聴いてタバコをふかした ちょっと大人になれた気がしてた でも歌詞の意味もこの苦い味も まだ今の僕にはわからないや  3番線から出る電車に乗って 聞いたこともない駅で降りてみようか ロックスターが言う「若者は空に似ている」 僕たちはあんなに澄んでいるだろうか  傷だらけのギターを歪ませてくれよもっと 混ざった街の音が邪魔くさいな 心が叫んでいる  忘れてしまう前に曲にしたよ 君だけのためのロックンロールさ 風に乗って飛んでいけよ 誰にだっていいじゃなくて ビートルズもタバコの味も わからないままでいいから  淡々と進む日々の流れに酔って 聞きたいわけじゃない慰めを聞いていたんだ 可愛い心が言う 私をわかっていないわ あの空のように綺麗じゃないな  古いレコード盤に付いた傷跡がちょっと 見たことあるような気がしたから 針を落として流してみた  失くしてしまう前に聞いてくれよ 君だけのためのロックンロールを 痛いの痛いの飛んでいけと 歌わなくてもういいよ 心の闇も体の傷も消えないままでいいから  ビートルズを聴いてタバコをふかした ちょっと大人になれた気がしてた でも歌詞の意味もこの苦い味もまだ今の僕には わからないや  忘れてしまう前に曲にしたよ 君だけのためのロックンロールさ 風に乗って飛んでいけよ どこにだっていいじゃなくて ここでもない夢でもない 君が君でいれる場所まで  ビートルズもタバコの味も わからないままでいいから
Question良い日になればいいだけ なのに嫌な事ばっかりで 頭の中で整理したって余計に複雑になるの 見上げた空もすれ違う人もどうしてあんなに輝いて見える カラフルな世界で自分は何色なんだろう  もうどうすればいいんだ 露骨に浮かぶ「?」 明日はうまくやれるかな  君に what can I do? わからない事なんて山ほどありすぎて もうおかしくなる でも君と what can I do? 探せば答えが見つかる 解ける気がする どんな難問題も  俯いてると君はいつも 声をかけてくれるまさにヒント 頭の中で真っ白だったパレットに理想を描けるよ “どうなるか”よりも“どうするか”のが 案外大事だったりもするから “考える”から逃げているのは NO 迷宮を楽しむ旅に出よう  もうすぐ出口が見えてくるから 明日は上手くやれるはずなんだ  One Life One Dungeon 楽しもうぜ One Life One Dungeon いつだってその答えは 探した者だけが手にするモノなんだ  君に what can I do? わからない事なんて山ほどありすぎ もうおかしくなる でも君と what can I do? 探せば答えが見つかる 解ける気がする どんな難問題も 君の頼れる人になりたいだけ 他の誰かになんてなりたくない だから君と what can I do! 解ける気がする One Last Question 探しに行こうAmber's豊島こうきAmber's良い日になればいいだけ なのに嫌な事ばっかりで 頭の中で整理したって余計に複雑になるの 見上げた空もすれ違う人もどうしてあんなに輝いて見える カラフルな世界で自分は何色なんだろう  もうどうすればいいんだ 露骨に浮かぶ「?」 明日はうまくやれるかな  君に what can I do? わからない事なんて山ほどありすぎて もうおかしくなる でも君と what can I do? 探せば答えが見つかる 解ける気がする どんな難問題も  俯いてると君はいつも 声をかけてくれるまさにヒント 頭の中で真っ白だったパレットに理想を描けるよ “どうなるか”よりも“どうするか”のが 案外大事だったりもするから “考える”から逃げているのは NO 迷宮を楽しむ旅に出よう  もうすぐ出口が見えてくるから 明日は上手くやれるはずなんだ  One Life One Dungeon 楽しもうぜ One Life One Dungeon いつだってその答えは 探した者だけが手にするモノなんだ  君に what can I do? わからない事なんて山ほどありすぎ もうおかしくなる でも君と what can I do? 探せば答えが見つかる 解ける気がする どんな難問題も 君の頼れる人になりたいだけ 他の誰かになんてなりたくない だから君と what can I do! 解ける気がする One Last Question 探しに行こう
ジェロニモ誰だって知ってる 僕たちは元々4足歩行の動物だった 教科書に載ってる 進化のなれ果てが人間? いやまだまだ行けそうだな  身体中から溢れるドーパミン 聞こえてくるウィリーバンクスの残響 パジャマ姿で悩んだって意味がない 想像できるかい? 期待が描いた放物線  野生の勘が騒ぐんだ もうそろそろ行かなくちゃって 怖くないって言ったら嘘だけど I knowジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 戻れない過去になんて どうせ一度の人生 君を道連れにして  奇跡って信じる? あれって子供騙しじゃなく 本当にあるらしいよ でもね勝手に起きるものじゃなくて 自分で起こすものなんだって じゃあ案外簡単なんだね  世界中から集めたGOサイン こんな感じで上がるバイブスを採用 裸のまま心が叫んでる 創造できるさ 未来は僕たちのハンドメイド  野生の勘が騒ぐんだ その心につけた導火線 燃やしちゃいな爆破の合図を You know?ジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 吹っ飛ばせる恐怖心だって 進化途中の人生 いま良いとこなんだって  魔法の言葉があるんだ 嘘じゃない本当なんだって 怖くなったら叫んでみなよ 愛のジェロニモ つられて体が動くんだ 気づいたら恐怖心なんて 一切感じなくなっていく 合言葉はジェロニモ  野生の勘が騒ぐんだ もうそろそろ行かなくちゃって 怖くないって言ったら嘘だけど I knowジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 戻れない過去になんて どうせ一度の人生 君を道連れにしてAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘誰だって知ってる 僕たちは元々4足歩行の動物だった 教科書に載ってる 進化のなれ果てが人間? いやまだまだ行けそうだな  身体中から溢れるドーパミン 聞こえてくるウィリーバンクスの残響 パジャマ姿で悩んだって意味がない 想像できるかい? 期待が描いた放物線  野生の勘が騒ぐんだ もうそろそろ行かなくちゃって 怖くないって言ったら嘘だけど I knowジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 戻れない過去になんて どうせ一度の人生 君を道連れにして  奇跡って信じる? あれって子供騙しじゃなく 本当にあるらしいよ でもね勝手に起きるものじゃなくて 自分で起こすものなんだって じゃあ案外簡単なんだね  世界中から集めたGOサイン こんな感じで上がるバイブスを採用 裸のまま心が叫んでる 創造できるさ 未来は僕たちのハンドメイド  野生の勘が騒ぐんだ その心につけた導火線 燃やしちゃいな爆破の合図を You know?ジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 吹っ飛ばせる恐怖心だって 進化途中の人生 いま良いとこなんだって  魔法の言葉があるんだ 嘘じゃない本当なんだって 怖くなったら叫んでみなよ 愛のジェロニモ つられて体が動くんだ 気づいたら恐怖心なんて 一切感じなくなっていく 合言葉はジェロニモ  野生の勘が騒ぐんだ もうそろそろ行かなくちゃって 怖くないって言ったら嘘だけど I knowジェロニモ 野生の勘が騒ぐんだ 戻れない過去になんて どうせ一度の人生 君を道連れにして
例えばの話例えばの話 私にあいつみたいな才能があったならば 世界を虜にさせたり 愛される事も簡単になるのでしょう 例えばの話 私に魔法を使える力があったならば 空を自由に飛ぶより 嫌いな奴を消す呪文を覚えるでしょう  くだらないと笑えるのは 今あなたがここにいるから こんな私でも私で良かったと思えるんだ  例えばの話 私に諦めの良い癖があったならば 両親の安心した顔 見れたのかなってたまに考えてしまう 例えばの話 私に優しい性格があったならば 全ての悲しみを背負って言いたい事さえ飲み込んで これでいいんだと上手に誤魔化せたのかな  くだらないと笑えるのは 今あなたがここにいるから こんな私でも私で良かったと思えるんだ  例えばの話 私がギターを弾けたならラブソングを作るでしょう 愛する人に素直に想いの丈をメロディーに乗せて歌いたい  何もないと嘆いたあの日を いま私が愛せているのは 不器用だけど贅沢なほど 生きていいと思える日々をくれた人がいるから  例えばの話 私にあなたへ届く歌声があったならば あなたの闇に灯す光 そんなメロディーを今日は歌いたい 明日も歌いたいAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘例えばの話 私にあいつみたいな才能があったならば 世界を虜にさせたり 愛される事も簡単になるのでしょう 例えばの話 私に魔法を使える力があったならば 空を自由に飛ぶより 嫌いな奴を消す呪文を覚えるでしょう  くだらないと笑えるのは 今あなたがここにいるから こんな私でも私で良かったと思えるんだ  例えばの話 私に諦めの良い癖があったならば 両親の安心した顔 見れたのかなってたまに考えてしまう 例えばの話 私に優しい性格があったならば 全ての悲しみを背負って言いたい事さえ飲み込んで これでいいんだと上手に誤魔化せたのかな  くだらないと笑えるのは 今あなたがここにいるから こんな私でも私で良かったと思えるんだ  例えばの話 私がギターを弾けたならラブソングを作るでしょう 愛する人に素直に想いの丈をメロディーに乗せて歌いたい  何もないと嘆いたあの日を いま私が愛せているのは 不器用だけど贅沢なほど 生きていいと思える日々をくれた人がいるから  例えばの話 私にあなたへ届く歌声があったならば あなたの闇に灯す光 そんなメロディーを今日は歌いたい 明日も歌いたい
Desire -欲情本能-いつの間にか無意識に嘘をつくのは防衛本能 本当のことコソコソ心で謳うのが楽しい  そりゃ良い人ではいたい でも都合の良い人にはなりたくない 勘違いはしないで そんな目でこちらを見たってキザっても  情熱的な愛を感じないな 身体が熱くなるような 雑な言葉で癒されるほど馬鹿じゃないんだ 衝動的な態度がDesire ほら目を覚ませ熱帯夜 吐き気がする正論ばっかShut up!  最近の奴はいつまでも甘やかされた少年少女 常識を知り現実の厳しさに耐えるのが正しい  はぁ?頭が硬い苦労自慢なら他をあたりな 今日はなんだか調子が優れないみたいでさ  挑発的な冗談通じないか こんな冷め切った現代じゃ 枯れた言葉に傷ついて滅びた生存者 衝動的な感情 なあ Desire 目を覚ましてくれないか 燃えるような欲望をいま放って好き勝手やれ  そこから何が見える? 遠吠えを忘れた哀れな獣か そこから何が見える? ゆっくりと死を悟る亡霊か そこから何が見える? ずるずると過去に縋るだけの馬鹿か この目を見て言えるか? 迷って足掻いて下手くそなりに生きてる それを滑稽と笑えるか?  情熱的な愛を感じないな 身体が熱くなるような 雑な言葉で癒されるほど馬鹿じゃないんだ 衝動的な態度がDesire ほら目を覚ませ熱帯夜 吐き気がする正論ばっかShut up! まだなんか言いたそう 弁解は聞く気ないから 謝罪なら歓迎するわ…Shut up!Amber's豊島こうきAmber'sいつの間にか無意識に嘘をつくのは防衛本能 本当のことコソコソ心で謳うのが楽しい  そりゃ良い人ではいたい でも都合の良い人にはなりたくない 勘違いはしないで そんな目でこちらを見たってキザっても  情熱的な愛を感じないな 身体が熱くなるような 雑な言葉で癒されるほど馬鹿じゃないんだ 衝動的な態度がDesire ほら目を覚ませ熱帯夜 吐き気がする正論ばっかShut up!  最近の奴はいつまでも甘やかされた少年少女 常識を知り現実の厳しさに耐えるのが正しい  はぁ?頭が硬い苦労自慢なら他をあたりな 今日はなんだか調子が優れないみたいでさ  挑発的な冗談通じないか こんな冷め切った現代じゃ 枯れた言葉に傷ついて滅びた生存者 衝動的な感情 なあ Desire 目を覚ましてくれないか 燃えるような欲望をいま放って好き勝手やれ  そこから何が見える? 遠吠えを忘れた哀れな獣か そこから何が見える? ゆっくりと死を悟る亡霊か そこから何が見える? ずるずると過去に縋るだけの馬鹿か この目を見て言えるか? 迷って足掻いて下手くそなりに生きてる それを滑稽と笑えるか?  情熱的な愛を感じないな 身体が熱くなるような 雑な言葉で癒されるほど馬鹿じゃないんだ 衝動的な態度がDesire ほら目を覚ませ熱帯夜 吐き気がする正論ばっかShut up! まだなんか言いたそう 弁解は聞く気ないから 謝罪なら歓迎するわ…Shut up!
DRIVEヘイボーイ!調子はどうだい? こんな感じで昨日も地元の友達とTalking 便利な時代ね 携帯ひとつで今だって 繋がってる気になってる でもだからって会わなくても済むなんて つまんないぜ 東京 渋谷 下北 吉祥寺 かき鳴らしたテレキャスター 吐き出した言葉達がメロディに乗って飛び立った あっそうか どんな時代もロックスターは 世界中で声を枯らしてから死んだ ならおれらまだ死ねないね 君に届くまで  そろそろアクセル踏む準備は出来てる? ワクワクで上がる鼓動のBPM  この街を飛び出して もっと響かせよう 繋いでいく この街を飛び出して 初めてを感じよう まだ見ぬ世界で どんな出会いがあるんだろう 幸せと待ち合わせの場所まで Driving 君を乗せて  退屈な日々に革命を ほらwake up 今日は最適なほどピーカン 傷だらけのレイバン イカしたおれらに 落ちるなよ 姉ちゃん  冗談は顔だけにして? アンチテーゼ? 傷つくねぇ 中学生以下の悪口をコピペ戦争 ヘイターに( ̄^ ̄)ゞ  生憎ただいま運転中 愛する仲間とnew wave 起こす旅へgo to heaven 到着までこの曲をstay tuned weekend 吐き捨てなpain そのためだけにあるその席で 君の好きなだけ吹かして ENGINE  どの街に繰り出して 休みを楽しもう 答えは一つ どの街に繰り出しても 君がいるならもう最高バケーション どんな嫌な事があっても 今日のように笑顔になる日がある Driving 進んでいこうぜ 声を聞かせて  Driving ブンブン Are you ready? YEAH!!  まだまだブレーキ踏むには早すぎじゃない? 爆音でかけろ夢へのBGM  君の声が聞きたくて爆発しそう 塞いでいる もどかしいを吐き出して ここから抜け出そう まだ見ぬ世界が 必ずどこかにあるだろう 幸せと待ち合わせの場所まで Driving 君を乗せて 走り出すAmber's豊島こうきAmber'sヘイボーイ!調子はどうだい? こんな感じで昨日も地元の友達とTalking 便利な時代ね 携帯ひとつで今だって 繋がってる気になってる でもだからって会わなくても済むなんて つまんないぜ 東京 渋谷 下北 吉祥寺 かき鳴らしたテレキャスター 吐き出した言葉達がメロディに乗って飛び立った あっそうか どんな時代もロックスターは 世界中で声を枯らしてから死んだ ならおれらまだ死ねないね 君に届くまで  そろそろアクセル踏む準備は出来てる? ワクワクで上がる鼓動のBPM  この街を飛び出して もっと響かせよう 繋いでいく この街を飛び出して 初めてを感じよう まだ見ぬ世界で どんな出会いがあるんだろう 幸せと待ち合わせの場所まで Driving 君を乗せて  退屈な日々に革命を ほらwake up 今日は最適なほどピーカン 傷だらけのレイバン イカしたおれらに 落ちるなよ 姉ちゃん  冗談は顔だけにして? アンチテーゼ? 傷つくねぇ 中学生以下の悪口をコピペ戦争 ヘイターに( ̄^ ̄)ゞ  生憎ただいま運転中 愛する仲間とnew wave 起こす旅へgo to heaven 到着までこの曲をstay tuned weekend 吐き捨てなpain そのためだけにあるその席で 君の好きなだけ吹かして ENGINE  どの街に繰り出して 休みを楽しもう 答えは一つ どの街に繰り出しても 君がいるならもう最高バケーション どんな嫌な事があっても 今日のように笑顔になる日がある Driving 進んでいこうぜ 声を聞かせて  Driving ブンブン Are you ready? YEAH!!  まだまだブレーキ踏むには早すぎじゃない? 爆音でかけろ夢へのBGM  君の声が聞きたくて爆発しそう 塞いでいる もどかしいを吐き出して ここから抜け出そう まだ見ぬ世界が 必ずどこかにあるだろう 幸せと待ち合わせの場所まで Driving 君を乗せて 走り出す
buddy飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った  月火水木金土の月火水木金も 君といると日曜の正午みたい つまりどんな事も楽しくなりそう 高鳴る鼓動と旅に出よう  ポンコツな僕と完璧じゃない君の相性 不思議と良いみたい だって今日も ほらね 地図なんてなくても 道なき道を2人で進んでる my way  飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った 追いかけよう 僕が描いた明日に君がいなきゃ退屈なんだ 散らかった世界で交わった あの星は僕らのようだ さあ行こうか 光が差す方へ 君と見る夢がみちしるべ  本当の事 言えない時も 君にはいつもバレちゃうんだ だから心のドアも嘘の言葉も ここには必要ないもの  シンプルな事さ 疲れたら休もう 2人で進んでくマイペースに  また明日まだ見ぬ光景に 僕らは恋をするんだ いつだって大切なのはイメージ 空だって飛べるはずなんだ 散らかった世界で交わった この星は奇跡のようだ だからこそ忘れないで欲しい ここに居る僕が君のbuddy  太陽と月だって時計の針だって バランスをとって回ってる 空を飛んでいく鳥も揺れる草木も 優しく流れてる風とひとつになる  繋がっていく日々にずっと必要な存在なんだ どちらかが欠けてしまう未来には意味がないな  飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った 追いかけよう 僕が描いた明日に君がいなきゃ退屈なんだ 散らかった世界で交わった あの星は僕らのようだ さあ行こうか 光が差す方へ 君と居る日々が いつまでも 光が差す方へ 君と見る夢がみちしるべAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った  月火水木金土の月火水木金も 君といると日曜の正午みたい つまりどんな事も楽しくなりそう 高鳴る鼓動と旅に出よう  ポンコツな僕と完璧じゃない君の相性 不思議と良いみたい だって今日も ほらね 地図なんてなくても 道なき道を2人で進んでる my way  飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った 追いかけよう 僕が描いた明日に君がいなきゃ退屈なんだ 散らかった世界で交わった あの星は僕らのようだ さあ行こうか 光が差す方へ 君と見る夢がみちしるべ  本当の事 言えない時も 君にはいつもバレちゃうんだ だから心のドアも嘘の言葉も ここには必要ないもの  シンプルな事さ 疲れたら休もう 2人で進んでくマイペースに  また明日まだ見ぬ光景に 僕らは恋をするんだ いつだって大切なのはイメージ 空だって飛べるはずなんだ 散らかった世界で交わった この星は奇跡のようだ だからこそ忘れないで欲しい ここに居る僕が君のbuddy  太陽と月だって時計の針だって バランスをとって回ってる 空を飛んでいく鳥も揺れる草木も 優しく流れてる風とひとつになる  繋がっていく日々にずっと必要な存在なんだ どちらかが欠けてしまう未来には意味がないな  飛び立った自由な想像が 広がって空を舞った 追いかけよう 僕が描いた明日に君がいなきゃ退屈なんだ 散らかった世界で交わった あの星は僕らのようだ さあ行こうか 光が差す方へ 君と居る日々が いつまでも 光が差す方へ 君と見る夢がみちしるべ
piece of cakeもう忘れてしまえばいいさ 黒歴史なんてみんな1つや2つくらいあって 無かったことにして笑ってる  神様ってやつを君は過剰評価しちゃいないか 願えば叶うなら苦労はしない 人間ってそんなにできちゃいない  朝は眠い 働くの怠い 恋人にフラれたら死にたくなる 貯金だって続かない約束も守れない めんどくさい人間関係 全部やるせない  いいんじゃない?欠点がない人はいない らしくない自分を作るより 似合うのは馬鹿みたいな 笑い話さ ほら肩の力抜いて 今日くらい何も考えない これでいいんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 下手な嘘より下手な歌を響かせてなんぼ 君と僕なら 残念な夜にならない 劣等感にはバイバイ 今は何も考えず気が済むまで 歌っていようよ だらしないララバイ  真面目ぶったあの子だって 裏じゃ何をしてるかね やばいものに手を伸ばして 腐った未来が待ってるかもね 嫌いだったあいつだって 今じゃ立派なパパになってる 選んで間違って繰り返して人間ってできていくんだね  つまり頑張りすぎる君は 楽観的になる瞬間をもっと作っても良い 世間なんて気にしない予定なんて邪魔くさい 頭の中すっからかんで  上手にEscape ちょっとだけ休憩 座右の銘 it's a piece of cake 無駄に強気でいい そう足りないくらいが ちょうど良いんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 下手な嘘より下手な歌を響かせてなんぼ 君と僕なら 残念な夜にならない 劣等感にはバイバイ 今は何も考えず気が済むまで 歌っていようよ たまにはいいんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 君と僕なら残念な夜にならない  完璧じゃなくていいのさ 誰だって間違ったり悩んだりする そんな夜はいっそこんな風に 笑い話になるまで ゆっくりとマイペースに 歌っていようよ だらしないララバイAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・AWSM.もう忘れてしまえばいいさ 黒歴史なんてみんな1つや2つくらいあって 無かったことにして笑ってる  神様ってやつを君は過剰評価しちゃいないか 願えば叶うなら苦労はしない 人間ってそんなにできちゃいない  朝は眠い 働くの怠い 恋人にフラれたら死にたくなる 貯金だって続かない約束も守れない めんどくさい人間関係 全部やるせない  いいんじゃない?欠点がない人はいない らしくない自分を作るより 似合うのは馬鹿みたいな 笑い話さ ほら肩の力抜いて 今日くらい何も考えない これでいいんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 下手な嘘より下手な歌を響かせてなんぼ 君と僕なら 残念な夜にならない 劣等感にはバイバイ 今は何も考えず気が済むまで 歌っていようよ だらしないララバイ  真面目ぶったあの子だって 裏じゃ何をしてるかね やばいものに手を伸ばして 腐った未来が待ってるかもね 嫌いだったあいつだって 今じゃ立派なパパになってる 選んで間違って繰り返して人間ってできていくんだね  つまり頑張りすぎる君は 楽観的になる瞬間をもっと作っても良い 世間なんて気にしない予定なんて邪魔くさい 頭の中すっからかんで  上手にEscape ちょっとだけ休憩 座右の銘 it's a piece of cake 無駄に強気でいい そう足りないくらいが ちょうど良いんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 下手な嘘より下手な歌を響かせてなんぼ 君と僕なら 残念な夜にならない 劣等感にはバイバイ 今は何も考えず気が済むまで 歌っていようよ たまにはいいんだよ  完璧な夜はいらない だらしない夜のララバイ 君と僕なら残念な夜にならない  完璧じゃなくていいのさ 誰だって間違ったり悩んだりする そんな夜はいっそこんな風に 笑い話になるまで ゆっくりとマイペースに 歌っていようよ だらしないララバイ
Black Swan微かに浮かぶ幻が 吐き気を誘う優しさが 愛というなら僕は嫌いだ  羽を広げて舞う Black Swan 夢でも嘘でもないなら 羽を広げて舞う Black Swan 今宵わがままに Hallelujah 誰よりも自由に息がしたいだけなんだ  気づいたのはずっと前だ 白か黒で勝ち負けを決める世界じゃ ここに居場所なんてないから 墓でも買って眠ろうか 夢はなんだ?煩いな くだらない御託並べて良い気持ちかい? じゃあしょうがない強いて言うなら お前よりは生きたいな  その目よりは綺麗な  羽を広げて舞う Black Swan 夢でも嘘でもないなら 羽を広げて舞う Black Swan 今宵わがままに Hallelujah 誰よりも自由に息がしたいだけなんだ  神様に祈るたび思い知るのは この世界の不条理 思い通りが 何一つもないな 期待するだけ無駄 上手に生きるには捨てろ I wanna do 「でかい夢を持ちなさい」「前だけを見ていなさい」 「白鳥のように美しい人でありなさい」 綺麗事のテンプレート 成功者の前例 そんなもので何も変わらない運命 それでも抗ってるんだ  微かに浮かぶ幻は 吐き気を誘う優しさは 愛を信じてた過去の亡霊が 目を覚ますから僕は嫌いだ  羽を広げて舞う Black Swan 美しくなくていいのだ 羽を広げて舞う Black Swan 今宵高らかに飛べるさ 羽を広げて舞う Black Swan 羽を広げて舞う Black Swan 誰よりも自由に息がしたいだけなんだAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘微かに浮かぶ幻が 吐き気を誘う優しさが 愛というなら僕は嫌いだ  羽を広げて舞う Black Swan 夢でも嘘でもないなら 羽を広げて舞う Black Swan 今宵わがままに Hallelujah 誰よりも自由に息がしたいだけなんだ  気づいたのはずっと前だ 白か黒で勝ち負けを決める世界じゃ ここに居場所なんてないから 墓でも買って眠ろうか 夢はなんだ?煩いな くだらない御託並べて良い気持ちかい? じゃあしょうがない強いて言うなら お前よりは生きたいな  その目よりは綺麗な  羽を広げて舞う Black Swan 夢でも嘘でもないなら 羽を広げて舞う Black Swan 今宵わがままに Hallelujah 誰よりも自由に息がしたいだけなんだ  神様に祈るたび思い知るのは この世界の不条理 思い通りが 何一つもないな 期待するだけ無駄 上手に生きるには捨てろ I wanna do 「でかい夢を持ちなさい」「前だけを見ていなさい」 「白鳥のように美しい人でありなさい」 綺麗事のテンプレート 成功者の前例 そんなもので何も変わらない運命 それでも抗ってるんだ  微かに浮かぶ幻は 吐き気を誘う優しさは 愛を信じてた過去の亡霊が 目を覚ますから僕は嫌いだ  羽を広げて舞う Black Swan 美しくなくていいのだ 羽を広げて舞う Black Swan 今宵高らかに飛べるさ 羽を広げて舞う Black Swan 羽を広げて舞う Black Swan 誰よりも自由に息がしたいだけなんだ
プロローグまた君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソング 似合わない言葉が腑に落ちる 距離も時間も飛び越えて会いたくなってしまうよ 壊せない関係性ただ怖くて痛くて「ラララ」で 口ずさむメロディー  なんでだろう イヤフォンから流れる 音楽は僕の気持ちをツラツラと暴露している どうかしている 恋をしている 聴き流すフリをしても 不可抗力だ  また君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソング 似合わない言葉が腑に落ちる 距離も時間も飛び越えて会いたくなってしまうよ 壊せない関係性ただ怖くて痛くて「ラララ」で 口ずさむメロディー  いつの日だろう 街中で流れる 音楽に君が素通りした それだけで安堵していた  消えていく愛のフレーズ でもいつも側にある 伝えたいby your side  また君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソングなんてとっくに通り越した想い いつかじゃなくて今が良い 誰かじゃなくて君が良い 伝えなきゃ駄目だって君と出会って恋をして「ラララ」でじゃなくて 分かって欲しくて言葉で口ずさむメロディー by your side  by your sideAmber's豊島こうきAmber'sAmber's・奈良悠樹また君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソング 似合わない言葉が腑に落ちる 距離も時間も飛び越えて会いたくなってしまうよ 壊せない関係性ただ怖くて痛くて「ラララ」で 口ずさむメロディー  なんでだろう イヤフォンから流れる 音楽は僕の気持ちをツラツラと暴露している どうかしている 恋をしている 聴き流すフリをしても 不可抗力だ  また君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソング 似合わない言葉が腑に落ちる 距離も時間も飛び越えて会いたくなってしまうよ 壊せない関係性ただ怖くて痛くて「ラララ」で 口ずさむメロディー  いつの日だろう 街中で流れる 音楽に君が素通りした それだけで安堵していた  消えていく愛のフレーズ でもいつも側にある 伝えたいby your side  また君を思い出して愛を歌ってしまうよ 流行りのラブソングなんてとっくに通り越した想い いつかじゃなくて今が良い 誰かじゃなくて君が良い 伝えなきゃ駄目だって君と出会って恋をして「ラララ」でじゃなくて 分かって欲しくて言葉で口ずさむメロディー by your side  by your side
1!2!3!ご覧あそばせ どこまでやれるかな…なんて弱気で 生き残れる時代でもない まさにここは地獄みたいだ それに伴って諦めて 夢を掴もうとしてた手 下げてしまえばつまらぬDays むしろ暴れていいんだぜ  やり方は簡単さ空まで届きそうな勢いで 常識を捨てろ捨てろ反省なら墓場でしよう  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞  ご免あそばせ 調子乗っちゃって でも“ちょー幸せ”への帳尻合わせ邪魔しないでね 再生と創造繰り返して才能を開放 だって人生なんて一瞬なんだって 冷めた奴と嫉妬ヘイト劣等感はDead 自信期待抱いて歩くレッドカーペット 何かと貶してくる奴もいつもありがとうくらいの気持ちでいよう  そもそも完璧な人などいないからさ 自由に好きなように生きろ生きろ説教なら墓場で聞こう  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞  高く突き上げた手のひらが僕らの行き先を照らす  Hand UP!! 僕らは止まらない 切り開いて行こう さあ怖くない ここに限界は存在しない I wanna doが溢れてく 1!2!3!  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞Amber's豊島こうきAmber'sAmber's・小名川高弘ご覧あそばせ どこまでやれるかな…なんて弱気で 生き残れる時代でもない まさにここは地獄みたいだ それに伴って諦めて 夢を掴もうとしてた手 下げてしまえばつまらぬDays むしろ暴れていいんだぜ  やり方は簡単さ空まで届きそうな勢いで 常識を捨てろ捨てろ反省なら墓場でしよう  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞  ご免あそばせ 調子乗っちゃって でも“ちょー幸せ”への帳尻合わせ邪魔しないでね 再生と創造繰り返して才能を開放 だって人生なんて一瞬なんだって 冷めた奴と嫉妬ヘイト劣等感はDead 自信期待抱いて歩くレッドカーペット 何かと貶してくる奴もいつもありがとうくらいの気持ちでいよう  そもそも完璧な人などいないからさ 自由に好きなように生きろ生きろ説教なら墓場で聞こう  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞  高く突き上げた手のひらが僕らの行き先を照らす  Hand UP!! 僕らは止まらない 切り開いて行こう さあ怖くない ここに限界は存在しない I wanna doが溢れてく 1!2!3!  Hand UP!! 僕らは止まらない 投げ飛ばした邪魔くさいボーダーライン だからHand UP!! 準備は出来たかい? 騒ぎ出した鼓動が未来へのAnswer くだらない比べ合いには一切興味がない Hand UP!! 自分との戦い 派手にかまそうか 幕開けの舞
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. hanataba
  5. 会いに行くのに

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×