Annabel、霜月はるかの歌詞一覧リスト  4曲中 1-4曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
4曲中 1-4曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花想少女~ Lip-Aura mie Iriya~Ve zelef o nen his i Aura. Ir sim zel ar thia ol ar rish. Ir Aura, Ar Whites, Nen sinal einal. Ve zelef o nen his i Aura…  貴方の雨に呼ばれて 私は独りで咲いていた 誰も目覚めない夜に 朝を待つ力もなくて  ただ枯れてゆく運命(さだめ) うつむくように咲く花 不意に近づく指先が (見つけた花園で) 私を手折りながらも 優しい言葉 囁く (「ごめんね」と 震える君に囁く)  満たされるはずもない私 最期に夢を見せましょう (雨に濡れた花片は 冷たくて) 触れた人の 心の奥の真実を知るために (花の想い 心の奥の真実を 知りたい) 残り少ない時間(とき)を 貴方と共に過ごすなら (疼かせた胸の痛み 気づいたら) あの夜空(そら)にも 私の月は昇る (あの夜空にも いつしか月が昇る)  Ve zelef o nen his i Aura…  貴方が眠る花想(せかい)で 私は何をしていますか? 誰も気付かない姿 蒼い夢に寄り添うだけ  この身に風を受けて  仄白く光る少女  やがて乾いた花片が (哀しく微笑んで) 千切れて 触れ合うでしょう 貴方が漏らす吐息に (口づけながら消えてゆく 吐息に)  Tu o ci el or ar sa ir. Rin, Lei ol ci ol ir. Lip-Aura. Tu o i nam sir fidar. Ar liss“sil”Ir zai nai ar rin ar lag ol ar quara.. Yun…  何想うはずもない私  忘れはしないよ 伝えることもできなくて (君を いつの日か) 消えるだけの記憶の中で 約束をしなくても (消えるだけの記憶の中 約束はいらない) 幻想(まぼろし)の入り口で  再び出逢えるだろう 咲いている花を摘むなら Lip-Aura(リプアラ)に 雨降る夜 私の月は灯る 未来(あす)も (あの刻から 君との夢を照らす 未来(あす)も)  Ve zelef o nen his i Aura. Ir sim zel ar thia ol ar rish. Ir Aura, Ar Whites, Nen sinal einal. Ve zelef o nen his i Aura…Annabel、霜月はるか日山尚霜月はるかVe zelef o nen his i Aura. Ir sim zel ar thia ol ar rish. Ir Aura, Ar Whites, Nen sinal einal. Ve zelef o nen his i Aura…  貴方の雨に呼ばれて 私は独りで咲いていた 誰も目覚めない夜に 朝を待つ力もなくて  ただ枯れてゆく運命(さだめ) うつむくように咲く花 不意に近づく指先が (見つけた花園で) 私を手折りながらも 優しい言葉 囁く (「ごめんね」と 震える君に囁く)  満たされるはずもない私 最期に夢を見せましょう (雨に濡れた花片は 冷たくて) 触れた人の 心の奥の真実を知るために (花の想い 心の奥の真実を 知りたい) 残り少ない時間(とき)を 貴方と共に過ごすなら (疼かせた胸の痛み 気づいたら) あの夜空(そら)にも 私の月は昇る (あの夜空にも いつしか月が昇る)  Ve zelef o nen his i Aura…  貴方が眠る花想(せかい)で 私は何をしていますか? 誰も気付かない姿 蒼い夢に寄り添うだけ  この身に風を受けて  仄白く光る少女  やがて乾いた花片が (哀しく微笑んで) 千切れて 触れ合うでしょう 貴方が漏らす吐息に (口づけながら消えてゆく 吐息に)  Tu o ci el or ar sa ir. Rin, Lei ol ci ol ir. Lip-Aura. Tu o i nam sir fidar. Ar liss“sil”Ir zai nai ar rin ar lag ol ar quara.. Yun…  何想うはずもない私  忘れはしないよ 伝えることもできなくて (君を いつの日か) 消えるだけの記憶の中で 約束をしなくても (消えるだけの記憶の中 約束はいらない) 幻想(まぼろし)の入り口で  再び出逢えるだろう 咲いている花を摘むなら Lip-Aura(リプアラ)に 雨降る夜 私の月は灯る 未来(あす)も (あの刻から 君との夢を照らす 未来(あす)も)  Ve zelef o nen his i Aura. Ir sim zel ar thia ol ar rish. Ir Aura, Ar Whites, Nen sinal einal. Ve zelef o nen his i Aura…
花想庭園 ~Cattleya ol thia~目醒めは狂い出す花想(せかい) ずっと 今は刻を止めた私の楽園で 求め続けていた場所で “お帰りなさい”と囁く (君の夢が囁く)  光満ちる 少女の呪文(こえ) 触れることの出来ない庭  Ir ecla rin o fida, Ir dix“Lip-Aura”. 愛を伝えるために “Aura”os nen zel, ir solef sec aura. 花を捧げても  隙間を探り合い いずれは崩れる 砂で埋め合う 魂(こころ)の殻 (渇いた魂の殻) 満たせば繋がる幻想(まぼろし) (満たせば繋がる現実) 信じていたのでしょうか? “物語(うそ)”を…  誰も見えず存在した 蒼い花が枯れ始める  Ar o whites, Ar zai Quara rin thia 届かない言葉など Ar zai o sair rin“thia”lef ir mya? 天(そら)を彩る 幼き現実(くうそう)は 星屑と同じ  瞳(め)を閉じたら 消えて無くなれ (闇に消えて無くなれ)  二度とは帰らぬ人世に (二度とは返らぬ一夜に) 穢れを知らない頃の理想(ゆめ)を重ね 僕は 鳴呼…雨降る優しい庭から (鳴呼…雨降る冷たい庭から) 問いましょう 幾度も 瑕を遺して 想い続けた 畏れを刻む (何処へも) 逃げられない茨の内側  “――誰が罪を犯したの?”  黒く 君の 微笑う花園Annabel、霜月はるか日山尚myu目醒めは狂い出す花想(せかい) ずっと 今は刻を止めた私の楽園で 求め続けていた場所で “お帰りなさい”と囁く (君の夢が囁く)  光満ちる 少女の呪文(こえ) 触れることの出来ない庭  Ir ecla rin o fida, Ir dix“Lip-Aura”. 愛を伝えるために “Aura”os nen zel, ir solef sec aura. 花を捧げても  隙間を探り合い いずれは崩れる 砂で埋め合う 魂(こころ)の殻 (渇いた魂の殻) 満たせば繋がる幻想(まぼろし) (満たせば繋がる現実) 信じていたのでしょうか? “物語(うそ)”を…  誰も見えず存在した 蒼い花が枯れ始める  Ar o whites, Ar zai Quara rin thia 届かない言葉など Ar zai o sair rin“thia”lef ir mya? 天(そら)を彩る 幼き現実(くうそう)は 星屑と同じ  瞳(め)を閉じたら 消えて無くなれ (闇に消えて無くなれ)  二度とは帰らぬ人世に (二度とは返らぬ一夜に) 穢れを知らない頃の理想(ゆめ)を重ね 僕は 鳴呼…雨降る優しい庭から (鳴呼…雨降る冷たい庭から) 問いましょう 幾度も 瑕を遺して 想い続けた 畏れを刻む (何処へも) 逃げられない茨の内側  “――誰が罪を犯したの?”  黒く 君の 微笑う花園
誘いの水底 ~Iriya mie Lip-Aura~昏(くら)い世界に咲く 蒼い花を見つめる 降り止まぬ雨の音 世界は遠く 水の底 堕ちてゆく 貴方の意思(こえ)は 何処までも深い場所から聞こえる (逆さまに 深い場所 呼んでる)  いつからだろう 願うことが (哀しみ閉ざして 偽善(うそ)ばかり飾る) 誰かの心 傷つけるのだと気付いた (汚れた両手を擦り抜ける真実)  淡い記憶の泡 寄せては返す波へ 身体預けながらも 恐れた未来(あした)  夢の中 錆び付いた 貴方の意思(こえ)が 過去(きのう)へと 縋り付くのは現実? (過去(きのう)へと 縋り付く現実)  何も要らない 願いもない (恐らく涙は忘却の叫び) 過ぎ去る刻を ただ数えている…それだけ (その胸溢れる思い出の代わりに)  水に流されて何が歪んでゆく? (水に流されて全て歪んでゆく) 安らかな眠りは… (永遠の眠りは…)  誰かの夢に存在する (私は貴方の“本当の願い”) 僕の幻影(まぼろし) ただ微笑む人形 (消えない穢(けが)れに苦しむとしても)  もしその姿望むのなら (貴方の全てを、奥までを見せて) 君の近くで僕は花になる (想いを晒して楽になるよう) 優しく香りながら咲くだろう (私と共に枯れましょう)Annabel、霜月はるか日山尚MANYO昏(くら)い世界に咲く 蒼い花を見つめる 降り止まぬ雨の音 世界は遠く 水の底 堕ちてゆく 貴方の意思(こえ)は 何処までも深い場所から聞こえる (逆さまに 深い場所 呼んでる)  いつからだろう 願うことが (哀しみ閉ざして 偽善(うそ)ばかり飾る) 誰かの心 傷つけるのだと気付いた (汚れた両手を擦り抜ける真実)  淡い記憶の泡 寄せては返す波へ 身体預けながらも 恐れた未来(あした)  夢の中 錆び付いた 貴方の意思(こえ)が 過去(きのう)へと 縋り付くのは現実? (過去(きのう)へと 縋り付く現実)  何も要らない 願いもない (恐らく涙は忘却の叫び) 過ぎ去る刻を ただ数えている…それだけ (その胸溢れる思い出の代わりに)  水に流されて何が歪んでゆく? (水に流されて全て歪んでゆく) 安らかな眠りは… (永遠の眠りは…)  誰かの夢に存在する (私は貴方の“本当の願い”) 僕の幻影(まぼろし) ただ微笑む人形 (消えない穢(けが)れに苦しむとしても)  もしその姿望むのなら (貴方の全てを、奥までを見せて) 君の近くで僕は花になる (想いを晒して楽になるよう) 優しく香りながら咲くだろう (私と共に枯れましょう)
汚れた箱庭 ~Serju ol Ieldis~二人の血縁(きずな)を 繋ぐ部屋の中 仄暗き月が静かに照らす 守りたいのは そう  Lasor, ar dix einal nenry.  ふと目覚めた少女 撫でる掌に Serju o swffisa. 涙のような雫が一粒 ぽつり零れる いつの間にか 無限の雨音を呼び寄せて  小さな箱庭 叩き続ける雨(ぼく)を 少女は窓辺で見つめていた 焦がれた熱で…  Arr Silvecia, Iriya ol zai. Mief juqa lag ol cattleya.  止まない嵐と降り続ける雨音 耳を塞ごうとも侵される思考  Serju zelef sil o lag,  されど 少女が愛する雨(ぼく)ごと 唯 愛そうとしたけれど 濡れた右手は震えるばかり (zelef Iriya o men bi dir.)  汚れた箱庭 忌み嫌うことでしか もう 昔の微笑み戻す術を知らない 誰も  “Bisx ar, Ir diten…Ir lip, lip ar…Ir dix Sefira” “Ir dix sein ar.” Dos, Serju…  狂った箱庭 雨(ぼく)を無理やり沈めても 乱れる呼吸と歪んだ欲望(ねがい)の慟哭は 足りない花片 飛ばした暗い空に消え 惨めに晒した 憎しみと絶望の貌を  “Bisx ar, Ir diten…” dix ar zai. Yun, bisx Iriya.Annabel、霜月はるか日山尚myu二人の血縁(きずな)を 繋ぐ部屋の中 仄暗き月が静かに照らす 守りたいのは そう  Lasor, ar dix einal nenry.  ふと目覚めた少女 撫でる掌に Serju o swffisa. 涙のような雫が一粒 ぽつり零れる いつの間にか 無限の雨音を呼び寄せて  小さな箱庭 叩き続ける雨(ぼく)を 少女は窓辺で見つめていた 焦がれた熱で…  Arr Silvecia, Iriya ol zai. Mief juqa lag ol cattleya.  止まない嵐と降り続ける雨音 耳を塞ごうとも侵される思考  Serju zelef sil o lag,  されど 少女が愛する雨(ぼく)ごと 唯 愛そうとしたけれど 濡れた右手は震えるばかり (zelef Iriya o men bi dir.)  汚れた箱庭 忌み嫌うことでしか もう 昔の微笑み戻す術を知らない 誰も  “Bisx ar, Ir diten…Ir lip, lip ar…Ir dix Sefira” “Ir dix sein ar.” Dos, Serju…  狂った箱庭 雨(ぼく)を無理やり沈めても 乱れる呼吸と歪んだ欲望(ねがい)の慟哭は 足りない花片 飛ばした暗い空に消え 惨めに晒した 憎しみと絶望の貌を  “Bisx ar, Ir diten…” dix ar zai. Yun, bisx Iriya.
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. 初心LOVE
  5. Masterplan

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×