どぶろっくの歌詞一覧リスト  43曲中 1-43曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
43曲中 1-43曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アイムジャスタマンアイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないでください アイムジャスタマン 僕たちオオカミなんだぞ  街、見渡せばあの娘もこの娘も 声をかければシカト決めこんで 流行りのエロティックファッション 胸元開いて 股ぐら開いて 日本人なのに 茶色い瞳で バサバサ瞬き どいつもこいつもラブドール  種を残したい僕らの 遺伝子をからかう 僕らもう 僕らもう もう溜まりっぱなし  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕たち猛獣なんだぜ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 鎖を引きちぎっちゃうぞ  君たち女の子がそんなに 西洋に憧れるのなら 会っていきなり口づけさせろ じっと見つめるだけで 睨まれる それとなく触れたら ブチ切れる 八方ふさがり どいつもこいつも女王様  種を残したい僕らの 遺伝子をからかう 僕らもう 僕らもう もう溜まりっぱなし  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕達 猛獣なんだぞ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕達 男なんだぜ  女どもよ よく聞きな 聞いてください 筋力なら 僕たち 男に かなわないんだぞ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕たちオオカミなんだぞ  アイムジャスタマン 怒らないでよ 怒らないで下さい アイムジャスタマン 逆に なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい アイムジャスタマン アイムジャスタマンどぶろっく江口直人窪田晴男アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないでください アイムジャスタマン 僕たちオオカミなんだぞ  街、見渡せばあの娘もこの娘も 声をかければシカト決めこんで 流行りのエロティックファッション 胸元開いて 股ぐら開いて 日本人なのに 茶色い瞳で バサバサ瞬き どいつもこいつもラブドール  種を残したい僕らの 遺伝子をからかう 僕らもう 僕らもう もう溜まりっぱなし  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕たち猛獣なんだぜ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 鎖を引きちぎっちゃうぞ  君たち女の子がそんなに 西洋に憧れるのなら 会っていきなり口づけさせろ じっと見つめるだけで 睨まれる それとなく触れたら ブチ切れる 八方ふさがり どいつもこいつも女王様  種を残したい僕らの 遺伝子をからかう 僕らもう 僕らもう もう溜まりっぱなし  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕達 猛獣なんだぞ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕達 男なんだぜ  女どもよ よく聞きな 聞いてください 筋力なら 僕たち 男に かなわないんだぞ  アイムジャスタマン なめるんじゃないぞ なめないで下さい アイムジャスタマン 僕たちオオカミなんだぞ  アイムジャスタマン 怒らないでよ 怒らないで下さい アイムジャスタマン 逆に なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい 怒らないで下さい なめまわして下さい アイムジャスタマン アイムジャスタマン
浅川さん浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん 浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん  奥歯を覗く君の おっぱいが当ってる 麻酔もしてないのに 下半身が痺れてる  僕の口にあなたの 指が出たり入ったり よだれを拭いておくれ 脱ぎたてのパンストで  小さなお尻 ひっぱたきたい はじける笑顔 好きものさ 八重歯がいいな やれたらいいな さあ  お昼休みに診察台で してみませんか 下のお口がほらよだれを 垂らしてませんか  虫歯や親知らずじゃない 本当に抜いてほしいのは  浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん 浅川さん 浅川さん お乳で客呼ぶ 浅川さん  谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん 谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん  胸元ザックリ でもおっぱい小さめ ブラジャーがぶかぶかで 乳首がちらりほらり  コピーをとる君に ひとつお願いあります 僕の膨らんだアレの コピーをとっておくれ  真面目そうで でもやれそうで 恥ずかしがり ドMかな 甘噛みしたい 歯型付けたい さあ  事務所の奥の給湯室で してみませんか 君の流し台ビショビショに してみませんか  心配なんかしなくても 相方が見張っているから  谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん 谷本さん 谷本さん 元カレDJ 谷本さん  宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん 宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん  真っ白な制服のボタンが 悲鳴あげてる ブラの中に特大の メロンパン2個あるから  パンを並べてる君に ひとつ頼みがあります パンを掴むその器具で 僕のも掴んで欲しい  ムチムチしてて でも柔らかそう 外はカリカリ 中はフワッ 抱きしめたい 縄で締めたい さあ  血管浮いたフランスパンを 食べてみませんか 中に詰まった生クリームも 舐めてみませんか  焼く前のパン生地のように その体こね回したいのさ  宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん 宮原さん 宮原さん パンパンパパパンしてみたいどぶろっく江口直人江口直人樋口聖典・宮川祐史浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん 浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん  奥歯を覗く君の おっぱいが当ってる 麻酔もしてないのに 下半身が痺れてる  僕の口にあなたの 指が出たり入ったり よだれを拭いておくれ 脱ぎたてのパンストで  小さなお尻 ひっぱたきたい はじける笑顔 好きものさ 八重歯がいいな やれたらいいな さあ  お昼休みに診察台で してみませんか 下のお口がほらよだれを 垂らしてませんか  虫歯や親知らずじゃない 本当に抜いてほしいのは  浅川さん 浅川さん 近所の歯科助手 浅川さん 浅川さん 浅川さん お乳で客呼ぶ 浅川さん  谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん 谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん  胸元ザックリ でもおっぱい小さめ ブラジャーがぶかぶかで 乳首がちらりほらり  コピーをとる君に ひとつお願いあります 僕の膨らんだアレの コピーをとっておくれ  真面目そうで でもやれそうで 恥ずかしがり ドMかな 甘噛みしたい 歯型付けたい さあ  事務所の奥の給湯室で してみませんか 君の流し台ビショビショに してみませんか  心配なんかしなくても 相方が見張っているから  谷本さん 谷本さん 事務所のデスク 谷本さん 谷本さん 谷本さん 元カレDJ 谷本さん  宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん 宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん  真っ白な制服のボタンが 悲鳴あげてる ブラの中に特大の メロンパン2個あるから  パンを並べてる君に ひとつ頼みがあります パンを掴むその器具で 僕のも掴んで欲しい  ムチムチしてて でも柔らかそう 外はカリカリ 中はフワッ 抱きしめたい 縄で締めたい さあ  血管浮いたフランスパンを 食べてみませんか 中に詰まった生クリームも 舐めてみませんか  焼く前のパン生地のように その体こね回したいのさ  宮原さん 宮原さん パン屋で働く 宮原さん 宮原さん 宮原さん パンパンパパパンしてみたい
あなた酒深い悲しみに眠れない夜は あなたがそばにいてほしい一緒に酒でも飲まないか あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  立ち上がれぬほどボコボコにされて それでも明日はやってくるから飲んで忘れりゃいいさ あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  優しい言葉も涙もいらない さらに言うならグラスもいらない直で飲みたいんだ あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  あなたの鎖骨酒もへそ酒も飲ませてくれないか あなたの耳酒も背中のくぼみ酒も飲ませてくれないか あなたの膝の裏酒も土踏まず酒も飲ませてくれないか あなたのあばら酒も肩甲骨酒も飲ませてくれないか あなたのえくぼ酒もつむじ酒も飲ませてくれないか  おいらのバナナ酒とわかめ酒でカクテル作りませんかどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎深い悲しみに眠れない夜は あなたがそばにいてほしい一緒に酒でも飲まないか あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  立ち上がれぬほどボコボコにされて それでも明日はやってくるから飲んで忘れりゃいいさ あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  優しい言葉も涙もいらない さらに言うならグラスもいらない直で飲みたいんだ あなたのわかめ酒でわかめ酒で酔わせてくれないか  あなたの鎖骨酒もへそ酒も飲ませてくれないか あなたの耳酒も背中のくぼみ酒も飲ませてくれないか あなたの膝の裏酒も土踏まず酒も飲ませてくれないか あなたのあばら酒も肩甲骨酒も飲ませてくれないか あなたのえくぼ酒もつむじ酒も飲ませてくれないか  おいらのバナナ酒とわかめ酒でカクテル作りませんか
雨宿り雨宿り雨宿り 乳房の下で雨宿り 一休み一休み 胸の谷間で一休み  雨宿り雨宿り へそのくぼみで雨宿り 一眠り一眠り 尻の割れ目で一眠り  かくれんぼかくれんぼ アンダーヘアーでかくれんぼ 滑り台滑り台 太ももすべすべ滑り台  雨宿り雨宿り 乳房の下で雨宿り 一眠り一眠り 乳首を枕に一眠りどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎雨宿り雨宿り 乳房の下で雨宿り 一休み一休み 胸の谷間で一休み  雨宿り雨宿り へそのくぼみで雨宿り 一眠り一眠り 尻の割れ目で一眠り  かくれんぼかくれんぼ アンダーヘアーでかくれんぼ 滑り台滑り台 太ももすべすべ滑り台  雨宿り雨宿り 乳房の下で雨宿り 一眠り一眠り 乳首を枕に一眠り
amore mioラステンガサーローぺスターミーヤー、ピンザカーリスラ、 ベラサッチョーレミーゴ  オーラ、アスタミーヤ ウー ゴー ルー ソー  エスカトレーサ ミーヤ アンバセーラ ミーヨ サンバカーニバレ ズンバコーニボレ ベレカカサ ミータ  ボーラマピンダ リーニャ ミーラゴゴーレ ニーヨ ベンガポストンデレ ヨッチャンマタドレ セスタロストケ ルーチョ  チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 ピザカリホォルーニャー、ピスコタリサ、ミーヤ チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 ザスタハラーぺニャー チンゲクワセテミーヨ  チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 コーモントレビヤーン、ピンコダーチーソリーニャ  タコスニマゼテミーヨ、アボガドソエテミーヨ、 ヒザカンセツリヤ、チンゲクワセテミーヨ、 チンゲクワセテミーヨ (チヂレテーラー) チンゲクワセテミーヨ (チヂレテーラー) スイヨカンパーネリャー、ズンダモチラ ミータ チンゲクワセテミーヨ (スネゲジャネーゾ) チンゲクワセテミーヨ、 (ケツゲジャネーゾ)  ツンポコーセンズーリャ チンゲ、チンゲ、チンゲクワセテミーヨどぶろっくどぶろっくどぶろっくラステンガサーローぺスターミーヤー、ピンザカーリスラ、 ベラサッチョーレミーゴ  オーラ、アスタミーヤ ウー ゴー ルー ソー  エスカトレーサ ミーヤ アンバセーラ ミーヨ サンバカーニバレ ズンバコーニボレ ベレカカサ ミータ  ボーラマピンダ リーニャ ミーラゴゴーレ ニーヨ ベンガポストンデレ ヨッチャンマタドレ セスタロストケ ルーチョ  チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 ピザカリホォルーニャー、ピスコタリサ、ミーヤ チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 ザスタハラーぺニャー チンゲクワセテミーヨ  チンゲクワセテミーヨ、チンゲクワセテミーヨ、 コーモントレビヤーン、ピンコダーチーソリーニャ  タコスニマゼテミーヨ、アボガドソエテミーヨ、 ヒザカンセツリヤ、チンゲクワセテミーヨ、 チンゲクワセテミーヨ (チヂレテーラー) チンゲクワセテミーヨ (チヂレテーラー) スイヨカンパーネリャー、ズンダモチラ ミータ チンゲクワセテミーヨ (スネゲジャネーゾ) チンゲクワセテミーヨ、 (ケツゲジャネーゾ)  ツンポコーセンズーリャ チンゲ、チンゲ、チンゲクワセテミーヨ
言いたい事がある言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある しょうもないのはわかっているけど自慢をしてみたい 言わせてもらうぜ  「何の香水使ってますか?」と付けてもないのに聞かれた事がある 醤油をつけずに刺身が食べられる  きれいな女の人相手でもちゃんと目を見て話ができる 乾燥してる冬場でもカカトがしっとりしてる  女が吐いたタバコの煙がやたらと俺のとこにくる 元宝塚トップスターのうしろの席で飯食った事ある  言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある ここまできたらもっとどうでもいい自慢をしてみたい 言わせてもらうぜ  パンツが見えてる女の人に見えてますよと教えてあげられる ちっちゃな鼻クソでもちゃんとゴミ箱に捨てる  モデルが現場に連れてきた犬に口をペロペロされた事がある 動物園で発情期のメスライオンにオシッコかけられた  キスが情熱的すぎてベロがつった事がある ギターソロは弾けないけど口でだったら上手にできる  電車で席に座ってる時に両隣の知らない女が 俺の両肩にもたれて同時に眠った事がある  賑わっていてガヤガヤしている居酒屋さんで注文する時 すいませんと店員呼んでこなかった時が一度もな─────い  言いたい事がある 言いたい事がある 最後に言いたい事がある 最後に言いたい事がある この歌を聞いたすべての人に言いたい事がある 言わせてもらうぜ 俺らの自慢を家族友人に広めてほしいどぶろっくどぶろっく江口直人宮川祐史言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある しょうもないのはわかっているけど自慢をしてみたい 言わせてもらうぜ  「何の香水使ってますか?」と付けてもないのに聞かれた事がある 醤油をつけずに刺身が食べられる  きれいな女の人相手でもちゃんと目を見て話ができる 乾燥してる冬場でもカカトがしっとりしてる  女が吐いたタバコの煙がやたらと俺のとこにくる 元宝塚トップスターのうしろの席で飯食った事ある  言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある ここまできたらもっとどうでもいい自慢をしてみたい 言わせてもらうぜ  パンツが見えてる女の人に見えてますよと教えてあげられる ちっちゃな鼻クソでもちゃんとゴミ箱に捨てる  モデルが現場に連れてきた犬に口をペロペロされた事がある 動物園で発情期のメスライオンにオシッコかけられた  キスが情熱的すぎてベロがつった事がある ギターソロは弾けないけど口でだったら上手にできる  電車で席に座ってる時に両隣の知らない女が 俺の両肩にもたれて同時に眠った事がある  賑わっていてガヤガヤしている居酒屋さんで注文する時 すいませんと店員呼んでこなかった時が一度もな─────い  言いたい事がある 言いたい事がある 最後に言いたい事がある 最後に言いたい事がある この歌を聞いたすべての人に言いたい事がある 言わせてもらうぜ 俺らの自慢を家族友人に広めてほしい
言いたい事がある(18禁バージョン)言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある しょうもないけどちょっと大人な自慢を聞かせたい 言わせてもらうぜ  のどちんこだったら立派なサイズと言われてる 「袋がくるみみたいでかわいいね」と言われた事がある  200メートル先のパンチラに気付いた事がある 駅前のロータリーでブラジャー拾った事がある  女子がプールを休む理由を小五の頃から知っていた 県庁所在地覚える前に48手を全部暗記した  言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある もっとどうでもいい大人な自慢をみんなに聞かせたい 言わせてもらうぜ  網タイツで身体を洗った事がある アメリカバイソンのおっぱい触った事がある  自分を主人公にしたエロ漫画を描いた事がある うどん屋さんで躊躇なくぶっかけひとつと注文できる  パイパン地獄というタイトルの短編小説も書いた事がある 2枚のティッシュでなんとかなった事がある  ブラジャーの可能性知りたくて ブラジャーのカップのところをご飯茶碗に見立てて白飯よそった事がある  子供の頃に家族旅行で長崎に行った時森の中で 妖精が交尾してるのを目撃した事があ─────る  言いたい事がある 言いたい事がある 最後に言いたい事がある 最後に言いたい事がある この歌を聴いた全ての人に言いたい事がある 言わせてもらうぜ やらしいことを考える時は俺達の顔を思い出してくれどぶろっくどぶろっく江口直人宮川祐史言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある しょうもないけどちょっと大人な自慢を聞かせたい 言わせてもらうぜ  のどちんこだったら立派なサイズと言われてる 「袋がくるみみたいでかわいいね」と言われた事がある  200メートル先のパンチラに気付いた事がある 駅前のロータリーでブラジャー拾った事がある  女子がプールを休む理由を小五の頃から知っていた 県庁所在地覚える前に48手を全部暗記した  言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある 言いたい事がある もっとどうでもいい大人な自慢をみんなに聞かせたい 言わせてもらうぜ  網タイツで身体を洗った事がある アメリカバイソンのおっぱい触った事がある  自分を主人公にしたエロ漫画を描いた事がある うどん屋さんで躊躇なくぶっかけひとつと注文できる  パイパン地獄というタイトルの短編小説も書いた事がある 2枚のティッシュでなんとかなった事がある  ブラジャーの可能性知りたくて ブラジャーのカップのところをご飯茶碗に見立てて白飯よそった事がある  子供の頃に家族旅行で長崎に行った時森の中で 妖精が交尾してるのを目撃した事があ─────る  言いたい事がある 言いたい事がある 最後に言いたい事がある 最後に言いたい事がある この歌を聴いた全ての人に言いたい事がある 言わせてもらうぜ やらしいことを考える時は俺達の顔を思い出してくれ
イッツ・ロンリー・クリスマス聖なる夜に寄り添い歩いてるカップルに 独り者の男達がガン飛ばしている  トナカイの角の先っぽが濡れている理由を 子供達は誰も知らないし知ってはいけない  俺たちの シングルベロベロクリクリスマス 見て見ぬふりのサンタクロース シングルベロベロクリクリスマス 七面鳥も悶えてる  枕元の靴下から下心溢れ出してるよ シングルベロベロクリクリスマス  夜空に響く鈴の音のリズムに合わせ 獣と化した恋人達がベッドをきしませる  独り者達は部屋の壁に耳を当てて 隣の部屋のカップルの愛し合う声を探す  俺たちの シングルベロベロクリクリスマス 萎えたツリーを眺めてる シングルベロベロクリクリスマス 涙は雪へと変わるだろう  ネオン街の路地裏には エロミネーションが輝いているよ シングルベロベロクリクリスマス  清しこしこの夜クリクリスマスどぶろっく江口直人江口直人聖なる夜に寄り添い歩いてるカップルに 独り者の男達がガン飛ばしている  トナカイの角の先っぽが濡れている理由を 子供達は誰も知らないし知ってはいけない  俺たちの シングルベロベロクリクリスマス 見て見ぬふりのサンタクロース シングルベロベロクリクリスマス 七面鳥も悶えてる  枕元の靴下から下心溢れ出してるよ シングルベロベロクリクリスマス  夜空に響く鈴の音のリズムに合わせ 獣と化した恋人達がベッドをきしませる  独り者達は部屋の壁に耳を当てて 隣の部屋のカップルの愛し合う声を探す  俺たちの シングルベロベロクリクリスマス 萎えたツリーを眺めてる シングルベロベロクリクリスマス 涙は雪へと変わるだろう  ネオン街の路地裏には エロミネーションが輝いているよ シングルベロベロクリクリスマス  清しこしこの夜クリクリスマス
梅干の種のしろいとこいい歳をこいて ふざけてばかりいるのには理由がある なじられ ド突かれて 1人ほくそ笑むのにも理由がある  皆に注目されて バカをすることに 俗に言う幸せを 感じているのです  根拠はないが 俺はきっとなんとかなるのさ 信じて飲み込む 梅干の種の中にある白いとこ  俺は知っている 80円でハイボール 飲める店を 俺は知っている そこで夢語るオッサンの 輝く眼を  昨日願いをかけた 星が今夜は 見つからなくて 家に帰れません  無理をしてでも 寄り道しなきゃ 進めないのさ 涙で噛み砕く 梅干の種の中にある白いとこ  根拠はないが 俺はきっと なんとかなるのさ 信じて飲み込む 梅干の種の中にある白いとこ  無理をしてでも 寄り道しなきゃ 進めないのさ 涙で噛み砕く 梅干の種の中にある白いとこ  いい歳をこいて ふざけてばかりいるのには理由があるどぶろっく江口直人江口直人いい歳をこいて ふざけてばかりいるのには理由がある なじられ ド突かれて 1人ほくそ笑むのにも理由がある  皆に注目されて バカをすることに 俗に言う幸せを 感じているのです  根拠はないが 俺はきっとなんとかなるのさ 信じて飲み込む 梅干の種の中にある白いとこ  俺は知っている 80円でハイボール 飲める店を 俺は知っている そこで夢語るオッサンの 輝く眼を  昨日願いをかけた 星が今夜は 見つからなくて 家に帰れません  無理をしてでも 寄り道しなきゃ 進めないのさ 涙で噛み砕く 梅干の種の中にある白いとこ  根拠はないが 俺はきっと なんとかなるのさ 信じて飲み込む 梅干の種の中にある白いとこ  無理をしてでも 寄り道しなきゃ 進めないのさ 涙で噛み砕く 梅干の種の中にある白いとこ  いい歳をこいて ふざけてばかりいるのには理由がある
COWPER誰が名付けたかおかしな名前さCOWPER 巷の噂じゃ人の名前さCOWPER ah 訳分かんない  先っちょの割れ目溢れてくるのさCOWPER 興奮具合を教えてくれるよCOWPER ah 止まんない  ah この国ではがまん汁ってみんなが呼んでいる ah そのせいでレモン汁って聞いたらドキッとしてしまう  愛しいからこそ溢れだすのさCOWPER 愛しいからこそ先走るのさCOWPER まるでカタツムリ這った跡だぜCOWPER オイラとお前を繋ぐ架け橋さ ah like a shooting star shooting star shooting star shooting star  愛しいからこそ 愛しいからこそ 先っちょの割れ目 先っちょの割れ目 ah 止まんないどぶろっくどぶろっくどぶろっく誰が名付けたかおかしな名前さCOWPER 巷の噂じゃ人の名前さCOWPER ah 訳分かんない  先っちょの割れ目溢れてくるのさCOWPER 興奮具合を教えてくれるよCOWPER ah 止まんない  ah この国ではがまん汁ってみんなが呼んでいる ah そのせいでレモン汁って聞いたらドキッとしてしまう  愛しいからこそ溢れだすのさCOWPER 愛しいからこそ先走るのさCOWPER まるでカタツムリ這った跡だぜCOWPER オイラとお前を繋ぐ架け橋さ ah like a shooting star shooting star shooting star shooting star  愛しいからこそ 愛しいからこそ 先っちょの割れ目 先っちょの割れ目 ah 止まんない
きぇんたまたまたまたまたまたま 僕きゃんたまー たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー  袋の中にお部屋が二つ 気になる間取りは2DK  お家の屋根には煙突一つ お庭に出たらチリチリジャングル  叩いちゃダメつねっちゃダメ 優しくしなくちゃダメダメ  伸びて縮んで汗かいて 気まぐれだけれどかわいいな (たまんなーい)  たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー(きゃんたまー) たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー(あそぼーよー)  たまをお料理するとしたら 煮っ転がしが妥当かな  たまを花壇に植えたなら どんなお花が咲くのかなー (コーガンビリア)  たまたまたまたまたま 僕キャンタマー(きゃんたまー) たまたまたまたまたま 産まれはさいたまー(うらわー) たまたまたまたまたま 育ちは二子玉(セレブやーん) たまたまたまたまたま ひっくり返してまた会いましょうどぶろっくどぶろっくどぶろっくたまたまたまたまたま 僕きゃんたまー たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー  袋の中にお部屋が二つ 気になる間取りは2DK  お家の屋根には煙突一つ お庭に出たらチリチリジャングル  叩いちゃダメつねっちゃダメ 優しくしなくちゃダメダメ  伸びて縮んで汗かいて 気まぐれだけれどかわいいな (たまんなーい)  たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー(きゃんたまー) たまたまたまたまたま 僕きゃんたまー(あそぼーよー)  たまをお料理するとしたら 煮っ転がしが妥当かな  たまを花壇に植えたなら どんなお花が咲くのかなー (コーガンビリア)  たまたまたまたまたま 僕キャンタマー(きゃんたまー) たまたまたまたまたま 産まれはさいたまー(うらわー) たまたまたまたまたま 育ちは二子玉(セレブやーん) たまたまたまたまたま ひっくり返してまた会いましょう
こぶしまる音頭演歌の星からやってきた宇宙人 設定かなりぶれぶれだけど  演歌を未来に伝えたい ふくらむ夢で体もふくらむ  たまにゃつぶれる時もあるけど 空気入れればまた戻る  まわるこぶし こぶしまる にぎるこぶし こぶしまる  今日もゆく 明日もゆく ただ 昨日は休んだこぶしまる  まわせこぶし こぶしまる にぎれこぶし こぶしまる  今日こそは 明日こそは あ~ 昨日も休んだこぶしまるどぶろっく江口直人江口直人演歌の星からやってきた宇宙人 設定かなりぶれぶれだけど  演歌を未来に伝えたい ふくらむ夢で体もふくらむ  たまにゃつぶれる時もあるけど 空気入れればまた戻る  まわるこぶし こぶしまる にぎるこぶし こぶしまる  今日もゆく 明日もゆく ただ 昨日は休んだこぶしまる  まわせこぶし こぶしまる にぎれこぶし こぶしまる  今日こそは 明日こそは あ~ 昨日も休んだこぶしまる
Go Straight!~小さな奇跡~神様がくれた 今日はスペシャルハッピーデイ  早く伝えたい 君に届けたい さあドアを開けて さあ鼻を摘んで 僕の見事な一本グソ 見事な一本グソ ちょっと曲がってるけど ほぼほぼ一本だよ ほぼほぼ一本グソ ほぼほぼ一本グソ 先っちょ途切れて アルファベットの小文字の 「i」みたいにみえるだろう  もしも願い事 ひとつ叶うなら 君に捧げたい バラの花を添えて 僕の見事な一本グソ 一本グソ 色艶悪いけど ほぼほぼ一本だよ ほぼほぼ一本グソ ほぼほぼ一本グソ 先っちょ曲がって 英国紳士が使う 杖みたいに見えるだろうどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎神様がくれた 今日はスペシャルハッピーデイ  早く伝えたい 君に届けたい さあドアを開けて さあ鼻を摘んで 僕の見事な一本グソ 見事な一本グソ ちょっと曲がってるけど ほぼほぼ一本だよ ほぼほぼ一本グソ ほぼほぼ一本グソ 先っちょ途切れて アルファベットの小文字の 「i」みたいにみえるだろう  もしも願い事 ひとつ叶うなら 君に捧げたい バラの花を添えて 僕の見事な一本グソ 一本グソ 色艶悪いけど ほぼほぼ一本だよ ほぼほぼ一本グソ ほぼほぼ一本グソ 先っちょ曲がって 英国紳士が使う 杖みたいに見えるだろう
最高のふたり相方、君はなぜ そんなに清潔感に溢れているの 相方、君はなぜ そんなに男の色気に溢れているの  相方、君はなぜ 片手しか使わずに卵が割れるの 相方、君はなぜ 電話の時相手が切るまで電話切らないの  相方、君はなぜ おじさんなのにおしぼりで顔を拭かないの 相方、君はなぜ 酔っ払うと子供みたいに可愛くなるの  相方、君はなぜ 人ん家ではちゃんと座ってオシッコをするの 相方、君はなぜ 足音だけで美人かどうかを見分けられるの 相方、君はなぜ  相方、君はなぜ ハサミを使わずに袋とじをきれいに開けられるの 相方、君はなぜ 店員が女でも堂々とAVが借りれるの  思いませんか? 思いませんか? 俺たち最高だと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? 歌が上手いと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? よく見ると男前だと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? 抱かれてみたいと思いませんか?  相方、俺たちは 本当に最高の2人なのかな 相方、よく聞けよ 俺たちは神様に愛されてるんだどぶろっく江口直人江口直人相方、君はなぜ そんなに清潔感に溢れているの 相方、君はなぜ そんなに男の色気に溢れているの  相方、君はなぜ 片手しか使わずに卵が割れるの 相方、君はなぜ 電話の時相手が切るまで電話切らないの  相方、君はなぜ おじさんなのにおしぼりで顔を拭かないの 相方、君はなぜ 酔っ払うと子供みたいに可愛くなるの  相方、君はなぜ 人ん家ではちゃんと座ってオシッコをするの 相方、君はなぜ 足音だけで美人かどうかを見分けられるの 相方、君はなぜ  相方、君はなぜ ハサミを使わずに袋とじをきれいに開けられるの 相方、君はなぜ 店員が女でも堂々とAVが借りれるの  思いませんか? 思いませんか? 俺たち最高だと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? 歌が上手いと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? よく見ると男前だと思いませんか?  思いませんか? 思いませんか? 抱かれてみたいと思いませんか?  相方、俺たちは 本当に最高の2人なのかな 相方、よく聞けよ 俺たちは神様に愛されてるんだ
Sunny Day Love相方は優しさ溢れる男 いつだって微笑み絶やさない  相方は色気に溢れる男 胸毛さえセクシーに見えてくる  どっちも大好きで どっちか選べない女の子 1人で悩んでいるなら 太陽の下で  サニーデイ サニーデイ 賛美しませんか エブリデイ エブリィみたいに 賛美しませんか アイウォンチュー 賛美 フォーエバー  相方は前戯が丁寧な男 相方は回数をこなせる男  どっちのtwin twinも 興味しんしんな女の子 1人で悩んでいるなら 太陽の下で  サニーデイ サニーデイ 賛美しませんか エブリデイ エブリィみたいに 賛美しませんか 右の乳 左乳 比べてみませんか ブランニューデイ ブランニューしてきて 賛美しませんか  アイラブユー 賛美 フォーエバー  賛美フォーエバー 賛美フォーエバー 賛美フォーエバー 賛美フォーエバーどぶろっく江口直人江口直人中村皓相方は優しさ溢れる男 いつだって微笑み絶やさない  相方は色気に溢れる男 胸毛さえセクシーに見えてくる  どっちも大好きで どっちか選べない女の子 1人で悩んでいるなら 太陽の下で  サニーデイ サニーデイ 賛美しませんか エブリデイ エブリィみたいに 賛美しませんか アイウォンチュー 賛美 フォーエバー  相方は前戯が丁寧な男 相方は回数をこなせる男  どっちのtwin twinも 興味しんしんな女の子 1人で悩んでいるなら 太陽の下で  サニーデイ サニーデイ 賛美しませんか エブリデイ エブリィみたいに 賛美しませんか 右の乳 左乳 比べてみませんか ブランニューデイ ブランニューしてきて 賛美しませんか  アイラブユー 賛美 フォーエバー  賛美フォーエバー 賛美フォーエバー 賛美フォーエバー 賛美フォーエバー
サロン・ド・スケベ僕の美容室に来てくれないか 女の子限定だけど タイツレギンスは脱いで下さい ミニスカ生足なら 50%オフ  シャンプーするので椅子を倒して タオルで 目隠しします その間からだの至るところに 堅いのがあたるけどご了承下さい  ハサミを入れましょう(ワチゴナ ワチゴナ) ゆっくりとあなたのスキャンティに(ワチゴナ ワチゴナ) やらせて下さい(ワチゴナ ワチゴナ) 僕のシャンプーが限界超え 発射する  さあ おみあし開いて耳元でささやく かゆい所じゃなくて 気持ちイイとこどこですか?  髪の毛下の毛 淫らに濡らしたら ah ロッドで巻きましょう  サロン・ド・スケベ!  僕のスポーツジムにおいでよ 女の子限定だけど 今ならば特別キャンペーンで ピッタリ マンツーマンでご指導します  筋肉の動きを見たいので 全裸でのご利用になります 筋肉を綺麗に見せるため 全身にローションを塗らせてもらいます  身体を合わせて(ワチゴナ ワチゴナ) 柔軟体操から始めます(ワチゴナ ワチゴナ) 大きな鏡に(ワチゴナ ワチゴナ) あなたの女性自身が映し出される  ほら 優しく握って 上下に動かして 僕の股間のダンベル重みを増していく  マットであなたを強く抱きしめて 加圧トレーニング  セクササイズ!  僕のガソリンスタンドにおいでよ 女の子限定だけど 車はバックで入れて下さい もちろん卑猥な意味で言ってます  シートベルトを外したら僕の ズボンのベルトも外して ゆっくりとシートを倒します カーナビの目的地はランジェリーの奥  他の従業員の(ワチゴナ ワチゴナ) 視線が車内に注がれる(ワチゴナ ワチゴナ) 我慢ができずに(ワチゴナ ワチゴナ) 白濁のエンジンオイルが溢れ出す  ほら つかんで下さい僕の給油ノズル 爪は立てちゃダメだよ 起こる静電気  あなたの給油口にそれを当てがえば 満タン入ります  絶倫スタンド!どぶろっく江口直人江口直人僕の美容室に来てくれないか 女の子限定だけど タイツレギンスは脱いで下さい ミニスカ生足なら 50%オフ  シャンプーするので椅子を倒して タオルで 目隠しします その間からだの至るところに 堅いのがあたるけどご了承下さい  ハサミを入れましょう(ワチゴナ ワチゴナ) ゆっくりとあなたのスキャンティに(ワチゴナ ワチゴナ) やらせて下さい(ワチゴナ ワチゴナ) 僕のシャンプーが限界超え 発射する  さあ おみあし開いて耳元でささやく かゆい所じゃなくて 気持ちイイとこどこですか?  髪の毛下の毛 淫らに濡らしたら ah ロッドで巻きましょう  サロン・ド・スケベ!  僕のスポーツジムにおいでよ 女の子限定だけど 今ならば特別キャンペーンで ピッタリ マンツーマンでご指導します  筋肉の動きを見たいので 全裸でのご利用になります 筋肉を綺麗に見せるため 全身にローションを塗らせてもらいます  身体を合わせて(ワチゴナ ワチゴナ) 柔軟体操から始めます(ワチゴナ ワチゴナ) 大きな鏡に(ワチゴナ ワチゴナ) あなたの女性自身が映し出される  ほら 優しく握って 上下に動かして 僕の股間のダンベル重みを増していく  マットであなたを強く抱きしめて 加圧トレーニング  セクササイズ!  僕のガソリンスタンドにおいでよ 女の子限定だけど 車はバックで入れて下さい もちろん卑猥な意味で言ってます  シートベルトを外したら僕の ズボンのベルトも外して ゆっくりとシートを倒します カーナビの目的地はランジェリーの奥  他の従業員の(ワチゴナ ワチゴナ) 視線が車内に注がれる(ワチゴナ ワチゴナ) 我慢ができずに(ワチゴナ ワチゴナ) 白濁のエンジンオイルが溢れ出す  ほら つかんで下さい僕の給油ノズル 爪は立てちゃダメだよ 起こる静電気  あなたの給油口にそれを当てがえば 満タン入ります  絶倫スタンド!
私立自己中学校成績が落ちたときは 先生のせいにすればいい 学校を休むときも 連絡なんてしなくていい  もしも 誰かに 迷惑かけても 私には関係ないから(知らぬ存ぜぬ)  まわる まわるよ 地球はまわる(ぐるぐるぐる) 私を中心に 世界はまわる  自己中 自己中 私は自己中 私以外 クズばかり 私立自己中学校  もしも誰かにブチ切れられても 私には影響ないから(我関せず)  回る回るよ 地球は回る(ぐるぐるぐる) 私のためだけに世界は回る 自己中自己中 私は自己中 私以外いなくなれ 私立自己中学校  私以外 信じない 私立自己中学校どぶろっくどぶろっくどぶろっく成績が落ちたときは 先生のせいにすればいい 学校を休むときも 連絡なんてしなくていい  もしも 誰かに 迷惑かけても 私には関係ないから(知らぬ存ぜぬ)  まわる まわるよ 地球はまわる(ぐるぐるぐる) 私を中心に 世界はまわる  自己中 自己中 私は自己中 私以外 クズばかり 私立自己中学校  もしも誰かにブチ切れられても 私には影響ないから(我関せず)  回る回るよ 地球は回る(ぐるぐるぐる) 私のためだけに世界は回る 自己中自己中 私は自己中 私以外いなくなれ 私立自己中学校  私以外 信じない 私立自己中学校
新・○○な女GOLD LYLIC女 女 女 …  飲み会でやたらとトイレが長い女は 男がいる  女 女 女 …  ファミレスで恋愛相談をしている女は 声がデカイ  女 女 女 …  キスする時やたらと舌を入れてくる女は 犬飼ってる  けっこうポッチャリしてるのにエロい恰好の女は 部屋汚い だらしない 無頓着  女 女 女 …  親子でおしゃれを楽しんでいる女は 子供不細工  男のtwin twinを見ても全然ひかない女は 弟がいる ちんこなれしてるGOLD LYLICどぶろっく江口直人江口直人樋口聖典女 女 女 …  飲み会でやたらとトイレが長い女は 男がいる  女 女 女 …  ファミレスで恋愛相談をしている女は 声がデカイ  女 女 女 …  キスする時やたらと舌を入れてくる女は 犬飼ってる  けっこうポッチャリしてるのにエロい恰好の女は 部屋汚い だらしない 無頓着  女 女 女 …  親子でおしゃれを楽しんでいる女は 子供不細工  男のtwin twinを見ても全然ひかない女は 弟がいる ちんこなれしてる
新・もしかしてだけどGOLD LYLICもしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  コンビニで女の店員がお釣りのお札を渡す時 俺に見せながら指で数えるんだ もしかしてだけど×2 薬指に指輪がないのをアピールしてんじゃないの  車を運転してたら女が運転している前の車が やたらとノロノロ走っているんだ もしかしてだけど×2 俺が写ってるバックミラーに釘付けなんじゃないの  街を歩いているときにスマホをいじりながら歩いてる女が 俺に気づかずにぶつかってきたんだ もしかしてだけど×2 いい男で検索してたらヒットしたんじゃないの  一般的に女の子ってハゲてる男を嫌うけど ある研究者の話では女はハゲに性的魅力を感じる もしかしてだけど×2 俺たち中毒になっちゃったんじゃないの  公園のベンチでぼーっとしてたら子連れのママが俺を見て 近づいちゃダメよと子供に言ったんだ もしかしてだけど×2 子持ちの女だと俺に知られたくないんじゃないの  洋服屋で女の店員が俺が試着したジャケットを 戻しておきますと言ってきたんだ もしかしてだけど×2 コロコロかけて俺の体毛手に入れたいんじゃないの  向かいのアパートのベランダで洗濯物を干してる奥さんが 俺に気付いて下着を部屋に取り込んだ もしかしてだけど×2 下着をつけたとこ見せたくて着替えてるんじゃないの  最終電車で帰っていたら隣でグッタリしてた女が ホームに駆け下りて吐き始めたんだ もしかしてだけど×2 隣で想像妊娠してつわりきたんじゃないの  一般的に女の子って下ネタとかを嫌うけど ある研究者の話では女性誌のエッチな特集売り上げが上がる  もしかしてだけど×2 俺たちなしでは生きられないんじゃないの  もしかしてだけど×2 どいつもこいつもビショビショなんじゃないの  そういうことだろGOLD LYLICどぶろっく江口直人江口直人もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  コンビニで女の店員がお釣りのお札を渡す時 俺に見せながら指で数えるんだ もしかしてだけど×2 薬指に指輪がないのをアピールしてんじゃないの  車を運転してたら女が運転している前の車が やたらとノロノロ走っているんだ もしかしてだけど×2 俺が写ってるバックミラーに釘付けなんじゃないの  街を歩いているときにスマホをいじりながら歩いてる女が 俺に気づかずにぶつかってきたんだ もしかしてだけど×2 いい男で検索してたらヒットしたんじゃないの  一般的に女の子ってハゲてる男を嫌うけど ある研究者の話では女はハゲに性的魅力を感じる もしかしてだけど×2 俺たち中毒になっちゃったんじゃないの  公園のベンチでぼーっとしてたら子連れのママが俺を見て 近づいちゃダメよと子供に言ったんだ もしかしてだけど×2 子持ちの女だと俺に知られたくないんじゃないの  洋服屋で女の店員が俺が試着したジャケットを 戻しておきますと言ってきたんだ もしかしてだけど×2 コロコロかけて俺の体毛手に入れたいんじゃないの  向かいのアパートのベランダで洗濯物を干してる奥さんが 俺に気付いて下着を部屋に取り込んだ もしかしてだけど×2 下着をつけたとこ見せたくて着替えてるんじゃないの  最終電車で帰っていたら隣でグッタリしてた女が ホームに駆け下りて吐き始めたんだ もしかしてだけど×2 隣で想像妊娠してつわりきたんじゃないの  一般的に女の子って下ネタとかを嫌うけど ある研究者の話では女性誌のエッチな特集売り上げが上がる  もしかしてだけど×2 俺たちなしでは生きられないんじゃないの  もしかしてだけど×2 どいつもこいつもビショビショなんじゃないの  そういうことだろ
stand up!久しぶりに帰った故郷 変わらぬ街並み変わらぬ空気、風 俺は公園のベンチでひとり冷えた缶ビールを開けた 白髪混じれど皺刻まれど友の笑顔は友のままで  ビーチサンダルに履き替えるとどこまでも歩けそうな気がした  白と黒の野良猫は大きな欠伸をして 俺は遠慮がちにツマミの枝豆を野良猫にそっと差し出した  その時チンチンガタタンダ 何故かチンチンガタタンダ 人知れず理由もなく 気がつけばカチカチになったんだ 俺はチンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ  月日は流れても俺の熱い想いあの日のままで この街よありがとう、呟いて俺は握りしめた拳空に突き上げた  その時チンチンガタタンダ チンチンガタタンダ さりげなく音もなく 出し抜けにカチカチになったんだ 俺はチンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ  エビバデ チンチンガタタンダ イッツゴナ チンチンガタタンダ ジャスワナ チンチンガタタンダ プッチャヘンズ チンチンガタタンダ  その時チンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ バビローン 嗚呼チンチンガタタンダどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎久しぶりに帰った故郷 変わらぬ街並み変わらぬ空気、風 俺は公園のベンチでひとり冷えた缶ビールを開けた 白髪混じれど皺刻まれど友の笑顔は友のままで  ビーチサンダルに履き替えるとどこまでも歩けそうな気がした  白と黒の野良猫は大きな欠伸をして 俺は遠慮がちにツマミの枝豆を野良猫にそっと差し出した  その時チンチンガタタンダ 何故かチンチンガタタンダ 人知れず理由もなく 気がつけばカチカチになったんだ 俺はチンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ  月日は流れても俺の熱い想いあの日のままで この街よありがとう、呟いて俺は握りしめた拳空に突き上げた  その時チンチンガタタンダ チンチンガタタンダ さりげなく音もなく 出し抜けにカチカチになったんだ 俺はチンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ  エビバデ チンチンガタタンダ イッツゴナ チンチンガタタンダ ジャスワナ チンチンガタタンダ プッチャヘンズ チンチンガタタンダ  その時チンチンガタタンダ チンチンガタタンダ 嗚呼チンチンガタタンダ バビローン 嗚呼チンチンガタタンダ
Stay Home~僕だけの居場所~何も見えない暗闇に包まれ 僕は初めて幸せを知った やっと見つけた僕だけの居場所 優しく心溶かしてくれる 伝わる君の温もり  ここは 君のスカートの中 熱い鼓動が止まらない 君のスカートの中 なんだか懐かしい匂いがした 君のスカートの中 上から聞こえる 君の悲鳴 次の瞬間君の 膝が僕の顔を 強く打つ クリティカルヒット 薄れていく意識 君の白いパンティが僕の 鼻血で赤く染まってくのを見た  カーテン越しに光差し込んで 僕は初めて安らぎを知った やっと見つけた僕の帰る場所 優しく僕を守ってくれる 心地良過ぎる締め付け  ここは 君のパンストの中 天使のほっぺたの肌触り 君のパンストの中 幸せなのにうまく笑えない 君のパンストの中 なんだか命の気配がした 次の瞬間君の 肘が僕の頭強く打つ クリティカルヒット 歪んでく景色 君が手にしたパンストが僕の 首を強く締め上げるのはなぜどぶろっくどぶろっくどぶろっく何も見えない暗闇に包まれ 僕は初めて幸せを知った やっと見つけた僕だけの居場所 優しく心溶かしてくれる 伝わる君の温もり  ここは 君のスカートの中 熱い鼓動が止まらない 君のスカートの中 なんだか懐かしい匂いがした 君のスカートの中 上から聞こえる 君の悲鳴 次の瞬間君の 膝が僕の顔を 強く打つ クリティカルヒット 薄れていく意識 君の白いパンティが僕の 鼻血で赤く染まってくのを見た  カーテン越しに光差し込んで 僕は初めて安らぎを知った やっと見つけた僕の帰る場所 優しく僕を守ってくれる 心地良過ぎる締め付け  ここは 君のパンストの中 天使のほっぺたの肌触り 君のパンストの中 幸せなのにうまく笑えない 君のパンストの中 なんだか命の気配がした 次の瞬間君の 肘が僕の頭強く打つ クリティカルヒット 歪んでく景色 君が手にしたパンストが僕の 首を強く締め上げるのはなぜ
千羽鶴全てを焼き尽くすほどの性欲が沸き上がる 5日間の禁欲生活が俺を獣にした 破裂しそうな2つのゴールデンボールが悲鳴をあげている もう限界だ…倒れこむ直前に俺はトイレに駆け込んだ  優しく撫でるだけでマグマが噴き出した 乱れる息のまま瞳を閉じれば 優しく微笑むマリアが見えた  賢者タイム 賢者タイム 今はただ地球の平和を祈ってる 賢者タイム 賢者タイム 拭ったティシュ広げ千羽鶴を折ろう 賢者タイム 賢者タイム ベトベトの手のひらを太陽にかざそう 賢者タイム 賢者タイム いつまでも終わらないで 賢者タイム  全てを焼き尽くすほどの性欲がまた溢れ出すどぶろっくどぶろっくどぶろっく全てを焼き尽くすほどの性欲が沸き上がる 5日間の禁欲生活が俺を獣にした 破裂しそうな2つのゴールデンボールが悲鳴をあげている もう限界だ…倒れこむ直前に俺はトイレに駆け込んだ  優しく撫でるだけでマグマが噴き出した 乱れる息のまま瞳を閉じれば 優しく微笑むマリアが見えた  賢者タイム 賢者タイム 今はただ地球の平和を祈ってる 賢者タイム 賢者タイム 拭ったティシュ広げ千羽鶴を折ろう 賢者タイム 賢者タイム ベトベトの手のひらを太陽にかざそう 賢者タイム 賢者タイム いつまでも終わらないで 賢者タイム  全てを焼き尽くすほどの性欲がまた溢れ出す
駄菓子屋のばあちゃんの歌長い影を引き連れて ゴム草履パタパタ鳴らして 駄菓子屋までの一本道 息切らして走った 汗を拭うのも忘れて アイスに夢中でかぶりついて 俺たちは世界の真ん中で わけもなく笑った  駄菓子屋のばあちゃんはいつも 悪ガキどもとしかりつけては 皺だらけの顔くしゃくしゃにして 微笑み包んでくれた  そして今 いかないように 出さないように ばあちゃんの笑顔を思い出して 果てないように フィニらぬように ばあちゃんのがんばれって声を思い出して  いかないように 出さないように この手をばあちゃんの手だと思って 果てないように フィニらぬように ばあちゃんの入れ歯を思い出して 飛ばさぬように 漏らさぬように ばあちゃんのつっかけを思い出して 抜かないように シャセーらぬように ばあちゃんの伸びきった干し柿思い出して あの日のように麩菓子を握りしめてどぶろっくどぶろっくどぶろっく長い影を引き連れて ゴム草履パタパタ鳴らして 駄菓子屋までの一本道 息切らして走った 汗を拭うのも忘れて アイスに夢中でかぶりついて 俺たちは世界の真ん中で わけもなく笑った  駄菓子屋のばあちゃんはいつも 悪ガキどもとしかりつけては 皺だらけの顔くしゃくしゃにして 微笑み包んでくれた  そして今 いかないように 出さないように ばあちゃんの笑顔を思い出して 果てないように フィニらぬように ばあちゃんのがんばれって声を思い出して  いかないように 出さないように この手をばあちゃんの手だと思って 果てないように フィニらぬように ばあちゃんの入れ歯を思い出して 飛ばさぬように 漏らさぬように ばあちゃんのつっかけを思い出して 抜かないように シャセーらぬように ばあちゃんの伸びきった干し柿思い出して あの日のように麩菓子を握りしめて
テカる星屑達薄い水割りの水面に抜け毛が浮かんでる 男上げるはずが頭下げてばかり  真夜中帰り道息切らし全力でかけてみる 何に追い越されて何を追い越したのか  あの日思ってた戦いとは違うけれど  昨日の傷も癒えぬまま今日もリングに上がる  テカテカ テカってるぜ ギトギト 濁ってるぜ 大切なものを守るため 流した脂汗がほら キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 星のように輝いている  厠キレの悪い愚息振り疲れ溜息 ふぐりアンダーヘアーに白髪増えるばかり  五階建てマンションの三階のベランダから ご近所迷惑にならぬ程度の雄叫びをあげる  ジトジト 湿ってるぜ ヌメヌメ ぬめってるぜ 悔しさに人知れず 流した涙の跡が キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 海のようにきらめいている  テカテカ テカってるぜ ギトギト 濁ってるぜ 大切なものを守るため 流した脂汗がほら キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 星のように輝いている  ごく控え目に輝いているどぶろっく江口直人江口直人樋口聖典薄い水割りの水面に抜け毛が浮かんでる 男上げるはずが頭下げてばかり  真夜中帰り道息切らし全力でかけてみる 何に追い越されて何を追い越したのか  あの日思ってた戦いとは違うけれど  昨日の傷も癒えぬまま今日もリングに上がる  テカテカ テカってるぜ ギトギト 濁ってるぜ 大切なものを守るため 流した脂汗がほら キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 星のように輝いている  厠キレの悪い愚息振り疲れ溜息 ふぐりアンダーヘアーに白髪増えるばかり  五階建てマンションの三階のベランダから ご近所迷惑にならぬ程度の雄叫びをあげる  ジトジト 湿ってるぜ ヌメヌメ ぬめってるぜ 悔しさに人知れず 流した涙の跡が キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 海のようにきらめいている  テカテカ テカってるぜ ギトギト 濁ってるぜ 大切なものを守るため 流した脂汗がほら キラキラ 光ってるぜ キラキラ 光ってるぜ 薄目で見つめれば 星のように輝いている  ごく控え目に輝いている
できることなら夕暮れの街家路を急ぐあなたに一目惚れ オレンジ色に染まるあなたの背中を見つめてた できることならあなたの部屋で手料理を食べて お酒を飲んでシャワーを浴びて口づけ交わして そのあと  してみたい あふれだす  最終電車ドアのそばに立つあなたに一目惚れ 少し疲れたあなたのうつむく横顔見つめてた できることなら君の手を取り次の駅で降りて 居酒屋行ってカラオケ行ってホテルを探して そのあと  はれつする ぶちまける  できることならいつの日か出会う運命の誰かと 結婚をして大きな家を買って大きなベッドで しぬまで ふきあがる はじけとぶどぶろっく江口直人江口直人夕暮れの街家路を急ぐあなたに一目惚れ オレンジ色に染まるあなたの背中を見つめてた できることならあなたの部屋で手料理を食べて お酒を飲んでシャワーを浴びて口づけ交わして そのあと  してみたい あふれだす  最終電車ドアのそばに立つあなたに一目惚れ 少し疲れたあなたのうつむく横顔見つめてた できることなら君の手を取り次の駅で降りて 居酒屋行ってカラオケ行ってホテルを探して そのあと  はれつする ぶちまける  できることならいつの日か出会う運命の誰かと 結婚をして大きな家を買って大きなベッドで しぬまで ふきあがる はじけとぶ
友達のままで夕焼けに染まる街並みを眺めて君と2人 一緒に写真を撮る時に君の胸が腕に触れた  急に降り出した夕立に君はおどけながら 僕の傘に飛び込んだその時君の胸が肘に触れた  おっぱいがちょっと当たるだけでいい ちょっとかするだけでいい 揉ませてくれなど言えない僕だから 偶然胸に当たるだけでいい 感触さえあればいい 一瞬温もりあればいい 夢の中だけで揉ませてもらうから 友達のままで セイグッパイフォーオッパイ  おっぱいが ちょっと当たらないのなら ちょっとかすらないのなら いつの日か君のおっぱいを揉みしだく運命の人の その揉んだ手と  ハイタッチをすればいい 強く握手すればいい そこにおっぱいの余韻を探すから 友達のままで セイグッパイフォーオッパイ  君はともだ乳 セイグッパイフォーオッパイどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎夕焼けに染まる街並みを眺めて君と2人 一緒に写真を撮る時に君の胸が腕に触れた  急に降り出した夕立に君はおどけながら 僕の傘に飛び込んだその時君の胸が肘に触れた  おっぱいがちょっと当たるだけでいい ちょっとかするだけでいい 揉ませてくれなど言えない僕だから 偶然胸に当たるだけでいい 感触さえあればいい 一瞬温もりあればいい 夢の中だけで揉ませてもらうから 友達のままで セイグッパイフォーオッパイ  おっぱいが ちょっと当たらないのなら ちょっとかすらないのなら いつの日か君のおっぱいを揉みしだく運命の人の その揉んだ手と  ハイタッチをすればいい 強く握手すればいい そこにおっぱいの余韻を探すから 友達のままで セイグッパイフォーオッパイ  君はともだ乳 セイグッパイフォーオッパイ
農夫と神様~大きなイチモツ~GOLD LYLIC僕は貧しい農夫 年老いた母親と 二人きりで暮らしてる 不治の病いに侵され 苦しむ母を救うため 薬を探して 森にやってきた  「この森のどこかに薬があるはず。 どこだ!どこなんだ!」  待っていたぞ私は 悩める民を救う この森に住む神様だ  「か、神様!」  母を想うお前の 優しさに胸打たれ お前を助けにやってきた  本当ですか 信じられない 有難き幸せ  お前の望み 一つだけ叶えてやろう  ならば 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください ズボンを突き破るほどの 大きなイチモツを私にください  そうじゃないだろ 話が違う 病の母はどうした  そうだそうだった 母の命が 一番大事 だけど 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 銭湯でみんなが二度見する 大きなイチモツを私にください  もうやめてくれ お前のために 出てきた私がバカだった  ウソです ウソです 母の命を助けて下さい お願いしますー  「そうだよね。そうだったよね」  ついでに 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 肩に担げるくらいの 大きなイチモツを私にください  男よ イチモツは 大きさではない サイズの事を 気にしてるのは 男だけさ 男だけさ 全ては 愛さえあれば 愛さえあれば 心満たされ 優しさ溢れ出す  愛さえあれば 愛さえあれば 愛に勝るものなどー  ないのー/それよりもー  大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 愛とか優しさクソくらえ 大きなイチモツをください 大空にかかる虹よりも 大河をまたぐ橋よりも 大きなイチモツをください 大きなイチモツを私にくださいGOLD LYLICどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎僕は貧しい農夫 年老いた母親と 二人きりで暮らしてる 不治の病いに侵され 苦しむ母を救うため 薬を探して 森にやってきた  「この森のどこかに薬があるはず。 どこだ!どこなんだ!」  待っていたぞ私は 悩める民を救う この森に住む神様だ  「か、神様!」  母を想うお前の 優しさに胸打たれ お前を助けにやってきた  本当ですか 信じられない 有難き幸せ  お前の望み 一つだけ叶えてやろう  ならば 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください ズボンを突き破るほどの 大きなイチモツを私にください  そうじゃないだろ 話が違う 病の母はどうした  そうだそうだった 母の命が 一番大事 だけど 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 銭湯でみんなが二度見する 大きなイチモツを私にください  もうやめてくれ お前のために 出てきた私がバカだった  ウソです ウソです 母の命を助けて下さい お願いしますー  「そうだよね。そうだったよね」  ついでに 大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 肩に担げるくらいの 大きなイチモツを私にください  男よ イチモツは 大きさではない サイズの事を 気にしてるのは 男だけさ 男だけさ 全ては 愛さえあれば 愛さえあれば 心満たされ 優しさ溢れ出す  愛さえあれば 愛さえあれば 愛に勝るものなどー  ないのー/それよりもー  大きなイチモツをください 大きなイチモツをください 愛とか優しさクソくらえ 大きなイチモツをください 大空にかかる虹よりも 大河をまたぐ橋よりも 大きなイチモツをください 大きなイチモツを私にください
働くオンナバーガーショップで お局的存在平松さん テキパキ働く君は まさにできるお姉さん  裏のゴミ捨て場で アルバイトに説教していたね 君が投げ捨てたタバコ 今も僕の宝物  迎えに来た若いダンナと 車でキスしてたね  僕はシェイク片手に 物陰に隠れ 逆の手でもシェイクする  1.2.3 たるんだヒップに 1.2.3 指先でタッチング 僕のポテトがSサイズからLサイズ  1.2.3 形の崩れた 1.2.3 乳房で挟めば 熟女風味の どすけべバーガー出来上がり  1.2.3 1.2.3 メガサイズの下心  中野の駅前の 不動産屋で働く星野さん それなりに遊んできた 感じのアラサーウーマン  君が入れてくれた お茶の茶柱が立っていたね 「立ってますね」と言われて 勃ち上がるよ肉柱  いろんな物件を見せてくれる君の ブラウスの脇が濡れてた  汗ばんだ君を見て 僕の下半身は すでに収納不可能さ  1.2.3 部屋の防音を 1.2.3 確かめたいんだ ベッドで奏でる 甲高い声で鳴いてくれ  1.2.3 築30年の 1.2.3 スカートの奥の 君の空き部屋に 即入居は可能ですか  1.2.3 1.2.3 君は性欲管理人  近所の中華屋で 料理を運んでる国分さん ショートヘアーにメガネで 文科系の女の子  おしぼり渡す手の 指先がベトついているね 男迎える仕込みはすでに終わらしてんだね  ほとばしるその汗を レンゲですくい味わいたい  君の一部が 店の床より ヌルヌルビチョビチョ ベタベタ  1.2.3 メニュー開いて 1.2.3 太もも開いて 君のギョウザから  肉汁溢れ出す  1.2.3 のれん下ろして 1.2.3 パンティ下ろして 火傷しそうな 僕の春巻を召し上がれ  1.2.3 1.2.3 早くほうばっておくれ  1.2.3 1.2.3 働く女最高どぶろっく江口直人江口直人樋口聖典バーガーショップで お局的存在平松さん テキパキ働く君は まさにできるお姉さん  裏のゴミ捨て場で アルバイトに説教していたね 君が投げ捨てたタバコ 今も僕の宝物  迎えに来た若いダンナと 車でキスしてたね  僕はシェイク片手に 物陰に隠れ 逆の手でもシェイクする  1.2.3 たるんだヒップに 1.2.3 指先でタッチング 僕のポテトがSサイズからLサイズ  1.2.3 形の崩れた 1.2.3 乳房で挟めば 熟女風味の どすけべバーガー出来上がり  1.2.3 1.2.3 メガサイズの下心  中野の駅前の 不動産屋で働く星野さん それなりに遊んできた 感じのアラサーウーマン  君が入れてくれた お茶の茶柱が立っていたね 「立ってますね」と言われて 勃ち上がるよ肉柱  いろんな物件を見せてくれる君の ブラウスの脇が濡れてた  汗ばんだ君を見て 僕の下半身は すでに収納不可能さ  1.2.3 部屋の防音を 1.2.3 確かめたいんだ ベッドで奏でる 甲高い声で鳴いてくれ  1.2.3 築30年の 1.2.3 スカートの奥の 君の空き部屋に 即入居は可能ですか  1.2.3 1.2.3 君は性欲管理人  近所の中華屋で 料理を運んでる国分さん ショートヘアーにメガネで 文科系の女の子  おしぼり渡す手の 指先がベトついているね 男迎える仕込みはすでに終わらしてんだね  ほとばしるその汗を レンゲですくい味わいたい  君の一部が 店の床より ヌルヌルビチョビチョ ベタベタ  1.2.3 メニュー開いて 1.2.3 太もも開いて 君のギョウザから  肉汁溢れ出す  1.2.3 のれん下ろして 1.2.3 パンティ下ろして 火傷しそうな 僕の春巻を召し上がれ  1.2.3 1.2.3 早くほうばっておくれ  1.2.3 1.2.3 働く女最高
フグテトラポットに1人座ってる 君はいない竿を垂らしている  テトラポッドで空を見上げている 僕は1人竿を垂らしている  沈む心水面の浮きも沈んで 釣れた河豚がぷくーっと膨らんだ  膨らんだ河豚をモミモミモミ フグフグフグフグモミモミ あの日のあなたの乳房を思い出す フグフグフグフグモミモミモミ フグフグフグフグモミモミ 僕は泣いていた河豚もキューと泣いた  ヒラメの背中をペチペチペチ ヒラメの背中をペチペチ あなたの汗ばんだ尻を思い出す  カニの足をカクカクカク カニの足をカクカク あなたのリズミカルな指先思い出す  ヒトデの表面ザラザラザラ ヒトデの表面ザラザラ あなたの12月のかかとを思い出す  しぼんだイソギンチャクヒクヒクヒク しぼんだイソギンチャクヒクヒク あなたの無防備なあなたの  カジキの口先ビンビンビン カジキの口先ビンビン 僕の反りたった僕の  エイヒレエイヒレビラビラビラ エイヒレエイヒレビラビラ あなたのあなたの  シラウオシラウオビュクビュクビュク シラウオシラウオビュクビュク 僕の…あ…僕の  ララララララララ…どぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎テトラポットに1人座ってる 君はいない竿を垂らしている  テトラポッドで空を見上げている 僕は1人竿を垂らしている  沈む心水面の浮きも沈んで 釣れた河豚がぷくーっと膨らんだ  膨らんだ河豚をモミモミモミ フグフグフグフグモミモミ あの日のあなたの乳房を思い出す フグフグフグフグモミモミモミ フグフグフグフグモミモミ 僕は泣いていた河豚もキューと泣いた  ヒラメの背中をペチペチペチ ヒラメの背中をペチペチ あなたの汗ばんだ尻を思い出す  カニの足をカクカクカク カニの足をカクカク あなたのリズミカルな指先思い出す  ヒトデの表面ザラザラザラ ヒトデの表面ザラザラ あなたの12月のかかとを思い出す  しぼんだイソギンチャクヒクヒクヒク しぼんだイソギンチャクヒクヒク あなたの無防備なあなたの  カジキの口先ビンビンビン カジキの口先ビンビン 僕の反りたった僕の  エイヒレエイヒレビラビラビラ エイヒレエイヒレビラビラ あなたのあなたの  シラウオシラウオビュクビュクビュク シラウオシラウオビュクビュク 僕の…あ…僕の  ララララララララ…
二つの想い君に伝えたいことがある 君のこと 好きなんだ 君に伝えたいことがある 君のクツ におってみたいんだ  君に伝えたいことがある 君のこと 愛しているんだ 君に伝えたいことがある 君の写真 アイコラしてるんだ  話がしたいよ 歯ブラシほしいよ 手をつないで 毛をそらせて 信じていて チンチンて言って 永遠に愛すから ドアに挟むから  君の笑顔が見たいんだ (オッパイモミモミしたいんだ) 共に歩いていたいんだ (おしりなでなでしたいんだ)  どんな時も そばにいるよ うしろにいるよ  君の隣にいたいんだ (ツバを垂らしてほしいんだ) 共に暮らしてみたいんだ (顔に座ってほしいんだ)  君は僕の 宝物だよ(オカズなんだよ)  もしも願いがかなうなら 僕の想いを風に乗せ  君の元へ 届けたいよ 住所おしえて  君に口づけしたいんだ (君とチョメチョメしたいんだ) ずっと一緒にいたいんだ (ズッコンバッコンしたいんだ)  この両手で 抱きしめたいよ ビデオ回すよ  伝えたいのさ (突っ込みたいのさ) 愛をあなたに (アレをアソコに)  because, I love youどぶろっく江口直人江口直人丸谷マナブ君に伝えたいことがある 君のこと 好きなんだ 君に伝えたいことがある 君のクツ におってみたいんだ  君に伝えたいことがある 君のこと 愛しているんだ 君に伝えたいことがある 君の写真 アイコラしてるんだ  話がしたいよ 歯ブラシほしいよ 手をつないで 毛をそらせて 信じていて チンチンて言って 永遠に愛すから ドアに挟むから  君の笑顔が見たいんだ (オッパイモミモミしたいんだ) 共に歩いていたいんだ (おしりなでなでしたいんだ)  どんな時も そばにいるよ うしろにいるよ  君の隣にいたいんだ (ツバを垂らしてほしいんだ) 共に暮らしてみたいんだ (顔に座ってほしいんだ)  君は僕の 宝物だよ(オカズなんだよ)  もしも願いがかなうなら 僕の想いを風に乗せ  君の元へ 届けたいよ 住所おしえて  君に口づけしたいんだ (君とチョメチョメしたいんだ) ずっと一緒にいたいんだ (ズッコンバッコンしたいんだ)  この両手で 抱きしめたいよ ビデオ回すよ  伝えたいのさ (突っ込みたいのさ) 愛をあなたに (アレをアソコに)  because, I love you
promiseもう君以外の誰かに 数えきれぬほど泣かしてばかりでsorry 遠回りしてやっと気付いたよtrue love  もう絶対に離さない君のhand 何が起きても守り抜くのさdestiny  2人の道を邪魔する数え切れぬ誘惑にも 決して負けたりしない これからもずっと死ぬまで君だけを見つめているよ 約束するから  promise you  もう君以外の誰かに 僕はsting stingを見せたりしない もう君以外の誰かに sting stingを触らせたりしない  もう君以外の誰かに 僕はsting stingをsting sting forever もう君以外の誰かに sting stingを僕はsting stingを  僕のsting stingは君だけのものだから  promise you promise you  もう君以外の誰かに 僕はsting stingを握らせはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを拝ませはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを固まらせはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを  つつかせたりしない 煽がせたりしない 描かせたりしない ひねらせたりしないどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎もう君以外の誰かに 数えきれぬほど泣かしてばかりでsorry 遠回りしてやっと気付いたよtrue love  もう絶対に離さない君のhand 何が起きても守り抜くのさdestiny  2人の道を邪魔する数え切れぬ誘惑にも 決して負けたりしない これからもずっと死ぬまで君だけを見つめているよ 約束するから  promise you  もう君以外の誰かに 僕はsting stingを見せたりしない もう君以外の誰かに sting stingを触らせたりしない  もう君以外の誰かに 僕はsting stingをsting sting forever もう君以外の誰かに sting stingを僕はsting stingを  僕のsting stingは君だけのものだから  promise you promise you  もう君以外の誰かに 僕はsting stingを握らせはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを拝ませはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを固まらせはしない もう君以外の誰かに 僕はsting stingを  つつかせたりしない 煽がせたりしない 描かせたりしない ひねらせたりしない
本当に伝えたいこと授業中にぼんやり 空を流れる雲を 眺めているあなたの 横顔が好きでした  今日は卒業式だから 言えなかった君への想い 聞いてくれないか 聞いてほしいんだ  あなたのパンツが見たい 見たい 見たい できるだけ近くで見たい ララララララ  「一瞬だけでも、ダメ? 分かった。じゃあさ…」  定規でおっぱいツンツンしたい したい したい 何センチ埋もれるか見たい ララララララ  「手じゃないよ、定規だよ?分かった。じゃあ卒業式ってことでさ…」  オレの第2ボタンを口にふくんでほしい ほしい ほしい 一瞬だけでも唾液に浸してほしい ララララララ  卒業証書の筒を握ってほしい 強く 強く  校門と言ってほしい ハニかんで ささやいて  本当は僕の初めてをあげたい ララララララ 遠慮しないで 我慢しないで  あなたへの想い 伝わらなかったけれど 今夜は卒アルで 1人エッチしますどぶろっく江口直人江口直人授業中にぼんやり 空を流れる雲を 眺めているあなたの 横顔が好きでした  今日は卒業式だから 言えなかった君への想い 聞いてくれないか 聞いてほしいんだ  あなたのパンツが見たい 見たい 見たい できるだけ近くで見たい ララララララ  「一瞬だけでも、ダメ? 分かった。じゃあさ…」  定規でおっぱいツンツンしたい したい したい 何センチ埋もれるか見たい ララララララ  「手じゃないよ、定規だよ?分かった。じゃあ卒業式ってことでさ…」  オレの第2ボタンを口にふくんでほしい ほしい ほしい 一瞬だけでも唾液に浸してほしい ララララララ  卒業証書の筒を握ってほしい 強く 強く  校門と言ってほしい ハニかんで ささやいて  本当は僕の初めてをあげたい ララララララ 遠慮しないで 我慢しないで  あなたへの想い 伝わらなかったけれど 今夜は卒アルで 1人エッチします
僕だけなのかなどうしてなのかな ぼくだけなのかな どうしてなのかな 君はどうなのかな  僕は 自分のおしっこならば 手についても汚いと思わない 自分のおしっこならば 手についても石鹸で洗わない  僕は 他人のおしっこならば 手についたら汚いと思うのさ 他人のおしっこならば 手についたら石鹸で洗うのさ  だけど だけど 君のおしっこならば 手についても汚いと思わない 君のおしっこならば 手についても石鹸で洗わない  おしっこが…  君のおしっこが僕の心に染みてゆくどぶろっくどぶろっくどぶろっく大貫祐一郎どうしてなのかな ぼくだけなのかな どうしてなのかな 君はどうなのかな  僕は 自分のおしっこならば 手についても汚いと思わない 自分のおしっこならば 手についても石鹸で洗わない  僕は 他人のおしっこならば 手についたら汚いと思うのさ 他人のおしっこならば 手についたら石鹸で洗うのさ  だけど だけど 君のおしっこならば 手についても汚いと思わない 君のおしっこならば 手についても石鹸で洗わない  おしっこが…  君のおしっこが僕の心に染みてゆく
僕なりのプロポーズデスティニー 初めて会ったあの日から ずっと決まってた運命の2人  テンダネス つないだこの手離さない 見上げた夜空に愛を誓う  永遠なんてもの僕には分からないけれど 君だけに捧げたい僕なりのプロポーズ 聞いてくれないか  僕は君のオッパイを一生君のオッパイを ずっとずっと揉み続けたいんだ 朝食作るキッチンで 出掛ける前の玄関で ムギュっとプニュっと 戯れてたいんだ  世界中を敵にまわしても 渡さない僕だけのオッパイを  頬を伝った涙が 君のオッパイをぬらす バッドデイ サッドデイ 訪れたとしても  エブリデイ 君のオッパイを エブリタイム 僕の掌で ずっとずっと守り続けてくよ  オッパイ イズ ザ シンパシー オッパイ イズ ザ エクスタシー ティット ティット 揉み続けてくんだ  君のオッパイが地面に着くほど 垂れるまで 愛しているから  Will you merry me I love oppai フォーエバー  ハッピネス 小さな寝息をたてて 眠ってる君の オッパイを見てるどぶろっく江口直人江口直人デスティニー 初めて会ったあの日から ずっと決まってた運命の2人  テンダネス つないだこの手離さない 見上げた夜空に愛を誓う  永遠なんてもの僕には分からないけれど 君だけに捧げたい僕なりのプロポーズ 聞いてくれないか  僕は君のオッパイを一生君のオッパイを ずっとずっと揉み続けたいんだ 朝食作るキッチンで 出掛ける前の玄関で ムギュっとプニュっと 戯れてたいんだ  世界中を敵にまわしても 渡さない僕だけのオッパイを  頬を伝った涙が 君のオッパイをぬらす バッドデイ サッドデイ 訪れたとしても  エブリデイ 君のオッパイを エブリタイム 僕の掌で ずっとずっと守り続けてくよ  オッパイ イズ ザ シンパシー オッパイ イズ ザ エクスタシー ティット ティット 揉み続けてくんだ  君のオッパイが地面に着くほど 垂れるまで 愛しているから  Will you merry me I love oppai フォーエバー  ハッピネス 小さな寝息をたてて 眠ってる君の オッパイを見てる
○○な女GOLD LYLIC女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  外国人の男と付き合っている女は メイクが濃い メイクが濃い  女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  美容師の専門学校に通っている女は 刈り上げる 刈り上げる  女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  野外でバーベキューするのにヒールをはいてきてる女は 肉焼かない 肉焼かない 喋ってばかり 肉焼かない  女女女女 女女女 女女女女  腰のところにワンポイントでタトゥー入れてる女は ティーバックはく ティーバックはく  美人で性格も良くて料理もできる女は 存在しない 存在しない 絶対いない いる訳がない  女女女女 女女女 女女女女…GOLD LYLICどぶろっく江口直人江口直人女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  外国人の男と付き合っている女は メイクが濃い メイクが濃い  女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  美容師の専門学校に通っている女は 刈り上げる 刈り上げる  女女女女 女女女 女女女女 女女女女 女女女 女女女女  野外でバーベキューするのにヒールをはいてきてる女は 肉焼かない 肉焼かない 喋ってばかり 肉焼かない  女女女女 女女女 女女女女  腰のところにワンポイントでタトゥー入れてる女は ティーバックはく ティーバックはく  美人で性格も良くて料理もできる女は 存在しない 存在しない 絶対いない いる訳がない  女女女女 女女女 女女女女…
この道はとても温かい道 この道は優しさ溢れる道  この道はどこか懐かしくて たくさんの思い出を運ぶ道  この道は情熱に身を任せ あなたへの愛を届ける道  ずっとずっと 遠回りをして困らせてきたけど  きっときっとう ここが出口さ 熱い涙が溢れ出した  尿道尿道 その道は尿道 毎日オシッコが通って行く道  尿道尿道 尿道をホールドオン オシッコ便器からはみ出さないように  尿道尿道 湧き上がる衝動 オシッコ以外もたまに通る道  尿道尿道 一方通行 この道は戻れない道  いつもいつも 水分取りすぎて困らせてきたけど  やっとやっと ここが出口さ 熱いしぶきが弾け飛んだ  尿道尿道 その道は尿道 場合によっては長く伸びる道  尿道尿道 繋がるよ膀胱 時には石さえ 通ってゆく道  尿道尿道 切れ悪い悪童 パンツにしまうと又ちょっと開く道  尿道尿道 片側通行 この道は止まれない道  下手にイジると 尿道炎で尿道endどぶろっくどぶろっくどぶろっくこの道はとても温かい道 この道は優しさ溢れる道  この道はどこか懐かしくて たくさんの思い出を運ぶ道  この道は情熱に身を任せ あなたへの愛を届ける道  ずっとずっと 遠回りをして困らせてきたけど  きっときっとう ここが出口さ 熱い涙が溢れ出した  尿道尿道 その道は尿道 毎日オシッコが通って行く道  尿道尿道 尿道をホールドオン オシッコ便器からはみ出さないように  尿道尿道 湧き上がる衝動 オシッコ以外もたまに通る道  尿道尿道 一方通行 この道は戻れない道  いつもいつも 水分取りすぎて困らせてきたけど  やっとやっと ここが出口さ 熱いしぶきが弾け飛んだ  尿道尿道 その道は尿道 場合によっては長く伸びる道  尿道尿道 繋がるよ膀胱 時には石さえ 通ってゆく道  尿道尿道 切れ悪い悪童 パンツにしまうと又ちょっと開く道  尿道尿道 片側通行 この道は止まれない道  下手にイジると 尿道炎で尿道end
魅惑のパンティラインスリムなジーンズのヒップに浮かぶパンティのライン タイトなスカートのヒップに踊るパンティのライン  八月の太陽の下で急ぎ足歩いて行く君の 2m後ろを歩き覗いてるヒップラインヒップライン つまりパンティのライン  だから プリーズプリーズ忘れないでね しゃがんだ時は見つめてるから プリーズプリーズ頭の中では そのラインをなぞってるから プリーズプリーズ喰い込み直すなら 僕の指を使っておくれ 100パーセントの下心で 見つめてるよ  魅惑のパンティのライン  お尻の肉感強調するねパンティのライン 眼精疲労に効果あるのさパンティのライン  突然降り出した雨に駆け出した君のお尻を見れば パンティラインが揺れながら 僕に追いかけておいでと 手招きしてるようだね  だから プリーズプリーズ約束してくれ ティーバックなんてはかないことを プリーズプリーズ覚えていてね ジャージやスウェットもライン出やすい プリーズプリーズお礼のチップを そのラインに挟ませてくれ 実は男はオッパイよりもお尻大好き 魅惑のパンティのライン 見つめてるよエブリタイム パンティのラインどぶろっく江口直人江口直人スリムなジーンズのヒップに浮かぶパンティのライン タイトなスカートのヒップに踊るパンティのライン  八月の太陽の下で急ぎ足歩いて行く君の 2m後ろを歩き覗いてるヒップラインヒップライン つまりパンティのライン  だから プリーズプリーズ忘れないでね しゃがんだ時は見つめてるから プリーズプリーズ頭の中では そのラインをなぞってるから プリーズプリーズ喰い込み直すなら 僕の指を使っておくれ 100パーセントの下心で 見つめてるよ  魅惑のパンティのライン  お尻の肉感強調するねパンティのライン 眼精疲労に効果あるのさパンティのライン  突然降り出した雨に駆け出した君のお尻を見れば パンティラインが揺れながら 僕に追いかけておいでと 手招きしてるようだね  だから プリーズプリーズ約束してくれ ティーバックなんてはかないことを プリーズプリーズ覚えていてね ジャージやスウェットもライン出やすい プリーズプリーズお礼のチップを そのラインに挟ませてくれ 実は男はオッパイよりもお尻大好き 魅惑のパンティのライン 見つめてるよエブリタイム パンティのライン
もしかしてだけどPLATINA LYLICもしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  コンビニで女の店員がレジに並んでる俺を見て 「隣りのレジにどうぞ」と案内したんだ もしかしてだけど×2 レシートにメアドが書いてあるんじゃないの  電車で席に座っていたら隣に座った女が 俺のジャケットの裾お尻で踏んでるんだ もしかしてだけど×2 俺が降りるのを食い止めてんじゃないの  病院で処方箋もらって女の薬剤師に渡したけれど かなり長い時間待たされたんだ もしかしてだけど×2 惚れ薬的なモノを混ぜていたんじゃないの  焼肉屋で会計してたら女の店員がお釣りと一緒に サッパリするガムをそっと渡して来たんだ もしかしてだけど×2 サヨナラのキスを求めてるんじゃないの  禿げちゃってるし胸毛生えてるし 性欲尋常じゃない俺だけど 好きなら好きって言っちゃえばイイじゃん 俺は来る者拒まない  もしかしてだけど×2 俺らが欲しくてたまらないんじゃないの  不動産屋で物件探していたら女の社員がやたらと 風呂トイレ別の新築の部屋を勧めてきた もしかしてだけど×2 うちにお泊まりする時のこと考えてんじゃないの  居酒屋で女の店員にドリンクを注文したけど いつまでたっても運ばれてこないんだ もしかしてだけど×2 誰が持って行くか女達もめているんじゃないの  暗い夜道を歩いていたら前を歩いてた女が 振り返って急に歩くペースを上げたんだ もしかしてだけど×2 俺を招くために部屋を片付けたいんじゃないの  電車で赤ちゃん抱いたママに席を譲ったら突然 赤ちゃんが大声上げて泣き始めたんだ もしかしてだけど×2 女の顔になったママに驚いたんじゃないの  イタリア人が引いちゃうくらい女が好きな俺だけど 怖がらないでこっちにおいで 黙って服を脱げばいい  もしかしてだけど×2 俺たち中毒になっちゃったんじゃないの  もしかしてだけど×2 どいつもこいつも抱かれたいんじゃないの  そういうことだろPLATINA LYLICどぶろっく江口直人江口直人樋口聖典もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  コンビニで女の店員がレジに並んでる俺を見て 「隣りのレジにどうぞ」と案内したんだ もしかしてだけど×2 レシートにメアドが書いてあるんじゃないの  電車で席に座っていたら隣に座った女が 俺のジャケットの裾お尻で踏んでるんだ もしかしてだけど×2 俺が降りるのを食い止めてんじゃないの  病院で処方箋もらって女の薬剤師に渡したけれど かなり長い時間待たされたんだ もしかしてだけど×2 惚れ薬的なモノを混ぜていたんじゃないの  焼肉屋で会計してたら女の店員がお釣りと一緒に サッパリするガムをそっと渡して来たんだ もしかしてだけど×2 サヨナラのキスを求めてるんじゃないの  禿げちゃってるし胸毛生えてるし 性欲尋常じゃない俺だけど 好きなら好きって言っちゃえばイイじゃん 俺は来る者拒まない  もしかしてだけど×2 俺らが欲しくてたまらないんじゃないの  不動産屋で物件探していたら女の社員がやたらと 風呂トイレ別の新築の部屋を勧めてきた もしかしてだけど×2 うちにお泊まりする時のこと考えてんじゃないの  居酒屋で女の店員にドリンクを注文したけど いつまでたっても運ばれてこないんだ もしかしてだけど×2 誰が持って行くか女達もめているんじゃないの  暗い夜道を歩いていたら前を歩いてた女が 振り返って急に歩くペースを上げたんだ もしかしてだけど×2 俺を招くために部屋を片付けたいんじゃないの  電車で赤ちゃん抱いたママに席を譲ったら突然 赤ちゃんが大声上げて泣き始めたんだ もしかしてだけど×2 女の顔になったママに驚いたんじゃないの  イタリア人が引いちゃうくらい女が好きな俺だけど 怖がらないでこっちにおいで 黙って服を脱げばいい  もしかしてだけど×2 俺たち中毒になっちゃったんじゃないの  もしかしてだけど×2 どいつもこいつも抱かれたいんじゃないの  そういうことだろ
もしかしてだけど~夏~GOLD LYLICもしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  近所のコンビニで女の店員にお釣りを渡されたけれど 明らかにお釣りの額が足りないんだ もしかしてだけど×2 俺との将来のための貯蓄に回されたんじゃないの  中華料理屋で飯食ってたら中国人の女店員が 厨房でコックさんと言い争っているんだ もしかしてだけど×2 俺に惚れて国籍変えると言いだしたんじゃないの  喫茶店で女の店員にカフェオレを注文したけど いつまでたっても運ばれて来ないんだ もしかしてだけど×2 自分の胸からミルクが出るかチャレンジしてんじゃないの  一般的に女の子って目と目を合わせてくれないけど ある研究者の話では女はまず男の股間に目が行く もしかしてだけど×2 オレらのとりこになっちゃったんじゃないの  飛行機に乗っているときにキャビンアテンダントがやってきて 俺に膝掛けを勧めてきたんだ もしかしてだけど×2 エッチなサービスするからこれで隠せってことじゃないの  山で登山をしていたら前を歩いてる森ガールが ハチに刺されたと騒いでいるんだ もしかしてだけど×2 応急処置で俺にオシッコかけてほしいんじゃないの  ボーリング場に行ったとき俺が投げてる隣のレーンに 女のグループがやってきたんだ もしかしてだけど×2 俺がボールに指いれるとこ見てみたいんじゃないの  一般的に女の子ってエッチをしようとすると拒むけど ある研究者の話では女は男の10倍気持ちいい  もしかしてだけど×2 よだれをたらして欲しがってんじゃないの  もしかしてだけど×2 うずいてうずいて仕方ないんじゃないの  そういうことだろGOLD LYLICどぶろっく江口直人江口直人大西浩二・樋口太陽もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  もしかしてだけど×2 それってオイラを誘ってるんじゃないの  近所のコンビニで女の店員にお釣りを渡されたけれど 明らかにお釣りの額が足りないんだ もしかしてだけど×2 俺との将来のための貯蓄に回されたんじゃないの  中華料理屋で飯食ってたら中国人の女店員が 厨房でコックさんと言い争っているんだ もしかしてだけど×2 俺に惚れて国籍変えると言いだしたんじゃないの  喫茶店で女の店員にカフェオレを注文したけど いつまでたっても運ばれて来ないんだ もしかしてだけど×2 自分の胸からミルクが出るかチャレンジしてんじゃないの  一般的に女の子って目と目を合わせてくれないけど ある研究者の話では女はまず男の股間に目が行く もしかしてだけど×2 オレらのとりこになっちゃったんじゃないの  飛行機に乗っているときにキャビンアテンダントがやってきて 俺に膝掛けを勧めてきたんだ もしかしてだけど×2 エッチなサービスするからこれで隠せってことじゃないの  山で登山をしていたら前を歩いてる森ガールが ハチに刺されたと騒いでいるんだ もしかしてだけど×2 応急処置で俺にオシッコかけてほしいんじゃないの  ボーリング場に行ったとき俺が投げてる隣のレーンに 女のグループがやってきたんだ もしかしてだけど×2 俺がボールに指いれるとこ見てみたいんじゃないの  一般的に女の子ってエッチをしようとすると拒むけど ある研究者の話では女は男の10倍気持ちいい  もしかしてだけど×2 よだれをたらして欲しがってんじゃないの  もしかしてだけど×2 うずいてうずいて仕方ないんじゃないの  そういうことだろ
もしかしてだけど~Maybe…Yes, I'm sure!~Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  When I was walking down a street in Detroit There was a sexy woman walking towards me As she walked by me, she spat out her chewing gum Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She marked the place where we first met! Isn't it romantic!  When I was hitchhiking on Route 66 There was a sexy woman driving towards me As she looked at me, she drove the car away in high speed Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She is coming back to me with the car seat full of roses  When I was dining at a steakhouse in Texas I ordered T-bone steak to be well done A sexy waitress brought my steak but it was medium rare Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She will finish roasting my steak, with her burning body  It is often said that, Japanese women, don't find bald men, attractive at all However according to studies somewhere Other women won't get wet unless the man is bald  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 All the women in the world wanna make love with me, baby  Don't you think so, too?どぶろっく江口直人・英訳:関根麻里江口直人中村皓Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  When I was walking down a street in Detroit There was a sexy woman walking towards me As she walked by me, she spat out her chewing gum Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She marked the place where we first met! Isn't it romantic!  When I was hitchhiking on Route 66 There was a sexy woman driving towards me As she looked at me, she drove the car away in high speed Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She is coming back to me with the car seat full of roses  When I was dining at a steakhouse in Texas I ordered T-bone steak to be well done A sexy waitress brought my steak but it was medium rare Maybe... Yes, I'm sure! × 2 She will finish roasting my steak, with her burning body  It is often said that, Japanese women, don't find bald men, attractive at all However according to studies somewhere Other women won't get wet unless the man is bald  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 That would mean, everybody's hitting on me, baby  Maybe... Yes, I'm sure! × 2 All the women in the world wanna make love with me, baby  Don't you think so, too?
森のうた僕の名前は 森だよ どぶのような男 森だよ  父と母と妹の4人家族だよ 父は亭主関白だよ 母は三歩うしろを歩くよ 妹と僕は 厳しく育てられたよ  「父の機嫌が悪くなるとよく部屋に閉じこもってました。」  O脚だから 靴底 ななめにすり減るよ 痩せてる 訳は 食べても太らない 胃下垂だからだよ  そんな 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん 森夫さん 色んな名前で呼ばれるよ ひとの名前覚えられないよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリンティン すっとんきょうな事を よく言うよ  「何ですっとんきょうな事を言うようになったかって? それは、うちの父が話をするときに、すぐに結論を言わないと怒る人で、 怒られるのが怖かった僕は話の内容よりも とりあえず結論を急ごうとするクセがついてしまい、 その結果、いつも的外れな事を言うようになってしまったんです。」  いつもニコニコ愛嬌があると 言われるよ 笑いジワが ハンパじゃないよ 大きな声を出して笑うよ そんな笑顔も ほとんどが 愛想笑いだよ  「お前と一緒にいると楽しいよって言われたかった僕は 一緒にいて楽しいと思われたくて自分から笑うんです。」  お酒に酔うと 財布の紐がゆるむよ 芸人さんよりも サラリーマンの方のほうが 話が合うよ  それが 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリシン ネタを考えた事ないよ 下ネタ全く 浮かばないよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モーリス 考えるフリするのが 得意だよ  「どれだけ考えて悩んでも誰からも救いの手を 差し伸べてもらえなかったあの頃僕は、無意識に、 考える事を放棄したんです。」  そんな 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん 森尾さん オシャレに気を遣っているよ ビックスクーターに乗ってるよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリンティン もっとホメられていいと思ってるよ  「みんなからよく、イエスマンと言われるけど、それはみんなに 嫌われたくないから、人の意見を否定しないだけなんです。 ただ、自分から意見を言わないので、誰からも嫌われる事はなくても、 特別好かれる事もありません。 そんな僕ですが、逆に人に否定をされると人に合わせてきた自分が 裏切られた気がして思い切りヘソを曲げちゃうんですけどね。 どんなに大人しい赤ちゃんも、なぜか僕が抱っこをすると泣き出します。 実家で飼っていた犬は僕にだけなつきませんでした。 大勢でドライブに行く時は運転が好きだからではなくみんなにとって 必要な人間なんだという実感が欲しくて率先してドライバーを買って出ます 自分の運転中にみんなが寝てるのを見ると、安心してくれてるという 充実感でバックミラーに映ってる自分の顔は随分にやけてます。」 「…………」どぶろっく森慎太郎森慎太郎僕の名前は 森だよ どぶのような男 森だよ  父と母と妹の4人家族だよ 父は亭主関白だよ 母は三歩うしろを歩くよ 妹と僕は 厳しく育てられたよ  「父の機嫌が悪くなるとよく部屋に閉じこもってました。」  O脚だから 靴底 ななめにすり減るよ 痩せてる 訳は 食べても太らない 胃下垂だからだよ  そんな 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん 森夫さん 色んな名前で呼ばれるよ ひとの名前覚えられないよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリンティン すっとんきょうな事を よく言うよ  「何ですっとんきょうな事を言うようになったかって? それは、うちの父が話をするときに、すぐに結論を言わないと怒る人で、 怒られるのが怖かった僕は話の内容よりも とりあえず結論を急ごうとするクセがついてしまい、 その結果、いつも的外れな事を言うようになってしまったんです。」  いつもニコニコ愛嬌があると 言われるよ 笑いジワが ハンパじゃないよ 大きな声を出して笑うよ そんな笑顔も ほとんどが 愛想笑いだよ  「お前と一緒にいると楽しいよって言われたかった僕は 一緒にいて楽しいと思われたくて自分から笑うんです。」  お酒に酔うと 財布の紐がゆるむよ 芸人さんよりも サラリーマンの方のほうが 話が合うよ  それが 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリシン ネタを考えた事ないよ 下ネタ全く 浮かばないよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モーリス 考えるフリするのが 得意だよ  「どれだけ考えて悩んでも誰からも救いの手を 差し伸べてもらえなかったあの頃僕は、無意識に、 考える事を放棄したんです。」  そんな 森ちゃん ちゃん森 森ちゃん 森尾さん オシャレに気を遣っているよ ビックスクーターに乗ってるよ  森ちゃん ちゃん森 森ちゃん モリンティン もっとホメられていいと思ってるよ  「みんなからよく、イエスマンと言われるけど、それはみんなに 嫌われたくないから、人の意見を否定しないだけなんです。 ただ、自分から意見を言わないので、誰からも嫌われる事はなくても、 特別好かれる事もありません。 そんな僕ですが、逆に人に否定をされると人に合わせてきた自分が 裏切られた気がして思い切りヘソを曲げちゃうんですけどね。 どんなに大人しい赤ちゃんも、なぜか僕が抱っこをすると泣き出します。 実家で飼っていた犬は僕にだけなつきませんでした。 大勢でドライブに行く時は運転が好きだからではなくみんなにとって 必要な人間なんだという実感が欲しくて率先してドライバーを買って出ます 自分の運転中にみんなが寝てるのを見ると、安心してくれてるという 充実感でバックミラーに映ってる自分の顔は随分にやけてます。」 「…………」
やってはいけない!僕が今 涙を流しているその理由は 電車の中 前に立つ君のお尻をさわれないから  揉んでみたい揉みしだきたい できるなら頬ずりしたい だけどやっちゃいけない 絶対に絶対に  幸せを掴みたいのなら 他人のお尻を掴まないで そう女子の尻は揉むのに許可がいるもの それでも君が女子の尻をどうしても揉みたくなったら エッチなお店に行くか 女子だと思って自分の尻を揉め  僕が今 笑顔を浮かべているその理由は 階段を 登っていくあなたのパンティが見えたから  もしも許されるならケータイで 写真撮りたい だけどやっちゃいけない 絶対に絶対に  カメラのシャッターをきらないで 心のシャッターをきらなくちゃ そうパンティは瞼に焼き付けるもの それでも君がパンティを写真におさめたいのならば エッチなお店で頼むか 自分でパンティはいて撮ればいい  女子に迷惑をかけてはいけない  逆に女子達が僕のこと触りたいなら 触ればいい触ればいい 遠慮なんていらない揉みしだけばいいどぶろっく江口直人江口直人樋口聖典・宮川祐史僕が今 涙を流しているその理由は 電車の中 前に立つ君のお尻をさわれないから  揉んでみたい揉みしだきたい できるなら頬ずりしたい だけどやっちゃいけない 絶対に絶対に  幸せを掴みたいのなら 他人のお尻を掴まないで そう女子の尻は揉むのに許可がいるもの それでも君が女子の尻をどうしても揉みたくなったら エッチなお店に行くか 女子だと思って自分の尻を揉め  僕が今 笑顔を浮かべているその理由は 階段を 登っていくあなたのパンティが見えたから  もしも許されるならケータイで 写真撮りたい だけどやっちゃいけない 絶対に絶対に  カメラのシャッターをきらないで 心のシャッターをきらなくちゃ そうパンティは瞼に焼き付けるもの それでも君がパンティを写真におさめたいのならば エッチなお店で頼むか 自分でパンティはいて撮ればいい  女子に迷惑をかけてはいけない  逆に女子達が僕のこと触りたいなら 触ればいい触ればいい 遠慮なんていらない揉みしだけばいい
わかったことがあるあの日 はじめてわかったことがある 偶然がくれた 贈り物 あの時 はじめてわかったことがある 気付いた奇跡に ありがとう  今年もまた夏がやってきて ジーパンはいた脚の膝の裏が 汗でビショビショになった時 明日から短パンにしようと決めた  短パンを穿いて歩く僕に突然尿意が訪れて トイレに駆け込んでオシッコしたんだそして気が付いた  短パンになってわかったことがある オシッコはけっこう飛び散ってる 短パンになってわかったことがある 便器にはねて脛をぬらす  脛にオシッコがかかるのが嫌で 長ズボン穿いたけどやっぱり暑くて せめて足元だけでも涼みたくて スニーカーから草履に履き替えたんだ  草履を履いて歩く僕に突然尿意が訪れて トイレに駆け込んでオシッコしたんだそして気が付いた  草履を履いてわかったことがある オシッコは足元にも飛び散ってる 草履を履いてわかったことがある 便器にはねて足の甲をぬらす  ラララ… オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 短パンの脛をぬらしてる ラララ… オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 草履の足の甲をぬらす ラララ‥ オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 足全体にしぶきが舞ってるどぶろっく江口直人杉浦琢雄あの日 はじめてわかったことがある 偶然がくれた 贈り物 あの時 はじめてわかったことがある 気付いた奇跡に ありがとう  今年もまた夏がやってきて ジーパンはいた脚の膝の裏が 汗でビショビショになった時 明日から短パンにしようと決めた  短パンを穿いて歩く僕に突然尿意が訪れて トイレに駆け込んでオシッコしたんだそして気が付いた  短パンになってわかったことがある オシッコはけっこう飛び散ってる 短パンになってわかったことがある 便器にはねて脛をぬらす  脛にオシッコがかかるのが嫌で 長ズボン穿いたけどやっぱり暑くて せめて足元だけでも涼みたくて スニーカーから草履に履き替えたんだ  草履を履いて歩く僕に突然尿意が訪れて トイレに駆け込んでオシッコしたんだそして気が付いた  草履を履いてわかったことがある オシッコは足元にも飛び散ってる 草履を履いてわかったことがある 便器にはねて足の甲をぬらす  ラララ… オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 短パンの脛をぬらしてる ラララ… オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 草履の足の甲をぬらす ラララ‥ オシッコはけっこう飛び散ってる ラララ… 足全体にしぶきが舞ってる
全1ページ中 1ページを表示
×