アンジーの歌詞一覧リスト  14曲中 1-14曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
14曲中 1-14曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
心臓の囚人幾つもの河を越えて 君に追いついたんだ 月が青い 告げる言葉を忘れて 僕は歯ぎしりをした すべり落ちる 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 心臓の囚人 告白できないすべて 心臓の囚人 さびた鎖さえちぎれない とらわれ  幾つもの歌を聞いた 骨がねじれるくらい 意識的に 眠れない夜は長く 細い死にかけた声 耳に届く お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない 心臓の囚人 冷たいベッドで汗ばむ 心臓の囚人 孤独におびえてせきこむ とらわれ  今は君を許せない 今は君を許せない 今は君を許せない 今は君を許せない 心臓の囚人 天国の犬が吼える 心臓の囚人 長い階段が崩れる 心臓の囚人 闇夜のカラスが華やぐ 心臓の囚人 静かに私刑が始まる 心臓の囚人 あやまる時間をもらえない 心臓の囚人 涙が溢れてとまらない 心臓の囚人 いくら 目覚めても終わらない 心臓の囚人 何返死んでもわからない とらわれアンジー三戸華之介中谷のブースカ幾つもの河を越えて 君に追いついたんだ 月が青い 告げる言葉を忘れて 僕は歯ぎしりをした すべり落ちる 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 君の罪を背負えない 心臓の囚人 告白できないすべて 心臓の囚人 さびた鎖さえちぎれない とらわれ  幾つもの歌を聞いた 骨がねじれるくらい 意識的に 眠れない夜は長く 細い死にかけた声 耳に届く お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない お前はまだ裁けない 心臓の囚人 冷たいベッドで汗ばむ 心臓の囚人 孤独におびえてせきこむ とらわれ  今は君を許せない 今は君を許せない 今は君を許せない 今は君を許せない 心臓の囚人 天国の犬が吼える 心臓の囚人 長い階段が崩れる 心臓の囚人 闇夜のカラスが華やぐ 心臓の囚人 静かに私刑が始まる 心臓の囚人 あやまる時間をもらえない 心臓の囚人 涙が溢れてとまらない 心臓の囚人 いくら 目覚めても終わらない 心臓の囚人 何返死んでもわからない とらわれ
猛き風にのせてふたつに裂けた目印が 風の大地に倒れてる 星の声もない寒い景色から 君を思っている  君の便りを聞いたよ 悪い季節にあるという 唇は今も赤く情熱を たたえているだろうか  猛き風にのせて 届けよう歌声を君に あの日の輝き覚えているならば 闇の夜こそ光となれ 闇の夜こそ光となれ はるか空を突き上げる光の渦となれ  猛き風にのせて 届けよう歌声を君に あの日の輝き覚えているならば 闇の夜こそ光となれ 闇の夜こそ光となれ はるか空を突き上げる光の渦となれ  百年ぶりの彗星が 東の空に輝いた 幾つもの河と山をとびこえて 君を思っているアンジー三戸華之介岡本有史・中谷ブースカふたつに裂けた目印が 風の大地に倒れてる 星の声もない寒い景色から 君を思っている  君の便りを聞いたよ 悪い季節にあるという 唇は今も赤く情熱を たたえているだろうか  猛き風にのせて 届けよう歌声を君に あの日の輝き覚えているならば 闇の夜こそ光となれ 闇の夜こそ光となれ はるか空を突き上げる光の渦となれ  猛き風にのせて 届けよう歌声を君に あの日の輝き覚えているならば 闇の夜こそ光となれ 闇の夜こそ光となれ はるか空を突き上げる光の渦となれ  百年ぶりの彗星が 東の空に輝いた 幾つもの河と山をとびこえて 君を思っている
誰だ誰が運良くやっている 誰が空クジ引いている ぐるぐる回って後ろの正面誰だ 誰だ  秘密会議の卓を囲むのは誰だ それをペラペラ他人にしゃべるのは誰だ 王様はロバの耳 悩むのは誰だ  誰が事実をしっている 誰が記憶を失った 井戸のまわりでお茶わんかいたの誰だ 誰だ  隠し続けた腹を探るのは誰だ あっと言う間に地下にもぐるのは誰だ ドロロンと煙まいて消えるのは誰だ 誰だ  知りたい 知りたい モザイク無しで 知りたい 知りたい 恥をしのんでも 知りたい 知りたい 名無しのごんべえ お前が誰だか知らないぞ  誰が殺意の13階 誰が疑惑のヘソの下 財産目当てに計画するのは誰だ 誰だ  誰が懲りない艶福家 誰が重度の不能性 パンツを脱ぎ捨て気取っているのは誰だ 誰だ  誰が組織を抜けられない 誰がオルグを続けてる 仲良し子良しをやめられないのは誰だ 誰だ  誰が正義で誰が悪 誰がエテ公モンキーじゃい ぐるぐる回って後ろの正面誰だ 誰だアンジー三戸華之介中谷ブースカ誰が運良くやっている 誰が空クジ引いている ぐるぐる回って後ろの正面誰だ 誰だ  秘密会議の卓を囲むのは誰だ それをペラペラ他人にしゃべるのは誰だ 王様はロバの耳 悩むのは誰だ  誰が事実をしっている 誰が記憶を失った 井戸のまわりでお茶わんかいたの誰だ 誰だ  隠し続けた腹を探るのは誰だ あっと言う間に地下にもぐるのは誰だ ドロロンと煙まいて消えるのは誰だ 誰だ  知りたい 知りたい モザイク無しで 知りたい 知りたい 恥をしのんでも 知りたい 知りたい 名無しのごんべえ お前が誰だか知らないぞ  誰が殺意の13階 誰が疑惑のヘソの下 財産目当てに計画するのは誰だ 誰だ  誰が懲りない艶福家 誰が重度の不能性 パンツを脱ぎ捨て気取っているのは誰だ 誰だ  誰が組織を抜けられない 誰がオルグを続けてる 仲良し子良しをやめられないのは誰だ 誰だ  誰が正義で誰が悪 誰がエテ公モンキーじゃい ぐるぐる回って後ろの正面誰だ 誰だ
天国ロック臭い毛布で暖めあうのさ 汚れたパンツは丸めて捨てろ 神様なんかどこにもいやしねえ 現実なのよとキスしておくれ  嫌でもしょうがない 嫌でもしょうがない ここが天国  さもしい奴等が株で稼いでる イケイケ女が調子にのった 神様なんかどこにもいやしねえ ドロドロになった暮らしの泉  熱くてたまらない 熱くてたまらない ここが天国  感じる手足を持った 例えばひとつの意識 アイデンティティを食べて大きくなってゆく 天国  知らない果実で頭がパーだよ 用事があるのに忘れてしまう 神様なんかどこにもいやしねえ 天国ロックで空しく踊れ  嫌でもしょうがない 嫌でもしょうがない ここが天国  生身の体で受けた何より甘いイメージ アイデンティティが溶けて空気に染みてゆく  感じる手足を持った 例えばひとつの意識 アイデンティティを食べて大きくなってゆく 天国  ここが天国 ここが天国 天国…アンジー三戸華之介中谷のブースカ臭い毛布で暖めあうのさ 汚れたパンツは丸めて捨てろ 神様なんかどこにもいやしねえ 現実なのよとキスしておくれ  嫌でもしょうがない 嫌でもしょうがない ここが天国  さもしい奴等が株で稼いでる イケイケ女が調子にのった 神様なんかどこにもいやしねえ ドロドロになった暮らしの泉  熱くてたまらない 熱くてたまらない ここが天国  感じる手足を持った 例えばひとつの意識 アイデンティティを食べて大きくなってゆく 天国  知らない果実で頭がパーだよ 用事があるのに忘れてしまう 神様なんかどこにもいやしねえ 天国ロックで空しく踊れ  嫌でもしょうがない 嫌でもしょうがない ここが天国  生身の体で受けた何より甘いイメージ アイデンティティが溶けて空気に染みてゆく  感じる手足を持った 例えばひとつの意識 アイデンティティを食べて大きくなってゆく 天国  ここが天国 ここが天国 天国…
天井裏から愛を込めてほらほらねえねえ 空気の真似して僕がいる 天井裏にはなんにも無いけど気分さ ここでだったら素直なあなたが良く見える 傷つけあったりしたのがうそみたいだ ピアノを奏でておくれよ 長い髪をした少女よ (天井裏から愛を込めて) ほこりで汚れた (天井裏から愛を込めて) クモの巣だらけさ (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  深夜0時の秘かな愉しみ僕がいる 青春みたいにせつなくなってもいいよね とても大好き 大好き大好き大好きさ ロマンチックもまんざら悪くもないかも ドレスをすっかり脱いでよ 綺麗なうなじの少女よ  (天井裏から愛を込めて) 天井裏から (天井裏から愛を込めて) 愛があふれるよ (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き……アンジー三戸華之介中谷のブースカほらほらねえねえ 空気の真似して僕がいる 天井裏にはなんにも無いけど気分さ ここでだったら素直なあなたが良く見える 傷つけあったりしたのがうそみたいだ ピアノを奏でておくれよ 長い髪をした少女よ (天井裏から愛を込めて) ほこりで汚れた (天井裏から愛を込めて) クモの巣だらけさ (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  深夜0時の秘かな愉しみ僕がいる 青春みたいにせつなくなってもいいよね とても大好き 大好き大好き大好きさ ロマンチックもまんざら悪くもないかも ドレスをすっかり脱いでよ 綺麗なうなじの少女よ  (天井裏から愛を込めて) 天井裏から (天井裏から愛を込めて) 愛があふれるよ (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き 大好き (天井裏から愛を込めて) 大好き (天井裏から愛を込めて)  (天井裏から愛を込めて) 大好き……
毒々新聞ぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん  ビックリシャックリ驚け 知りたい事はなんでも 知られちゃいけない事まで伝える  危ないタブーを破って うんざりするほどたっぷり スミからスミまでずいっと伝える  面白くて病みつき 得ダネあるぞ 毒々新聞ぶんぶんぶんぶん 茶の間の平和にヨロシク 社説もいける 毒々新聞ぶんぶんぶんぶん 石けんつけるぜ奥さん ぶんぶんアンジー三戸華之介中谷ブースカぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん 毒々新聞 ぶんぶんぶんぶん  ビックリシャックリ驚け 知りたい事はなんでも 知られちゃいけない事まで伝える  危ないタブーを破って うんざりするほどたっぷり スミからスミまでずいっと伝える  面白くて病みつき 得ダネあるぞ 毒々新聞ぶんぶんぶんぶん 茶の間の平和にヨロシク 社説もいける 毒々新聞ぶんぶんぶんぶん 石けんつけるぜ奥さん ぶんぶん
眺めの良い場所ああ 眺めの良い場所に あこがれ続けて かれこれ何十年 ああ なんだかしけてるぜ ろくなもんじゃねぇや 毎日ズルズルと  俺はその昔神童と呼ばれた 末は 博士か大臣かなんてよ よぉ ちょっと待って兄ちゃん よぉ 話を聞きなよ よぉ 愚痴なんかじゃねえぞ よぉ 教訓だぞ  ああ 眺めの良い場所を くわしく知ってるぜ 新聞読むからな ああ 空から鳩のフン ろくなもんじゃねぇや いい事ありゃしねえ  揺り籠が実際棺桶に変わった 気がつきゃどうやら墓石しょってら よぉ こっちこいよ姉ちゃん よぉ 返事をしろよ よぉ ジャムパン食うか よぉ タバコくれや  ああ 眺めの良い場所で あたりを見下して いい気になりてえな ああ なんだかしけてるぜ ろくなもんじゃねぇや 毎日ズルズルと ああ 眺めの良い場所を もしも手に入れたら 誰にも渡さねぇ ああ 冴えない天気だぜ お天道様まで 愛想が悪くてよアンジー三戸華之介中谷ブースカああ 眺めの良い場所に あこがれ続けて かれこれ何十年 ああ なんだかしけてるぜ ろくなもんじゃねぇや 毎日ズルズルと  俺はその昔神童と呼ばれた 末は 博士か大臣かなんてよ よぉ ちょっと待って兄ちゃん よぉ 話を聞きなよ よぉ 愚痴なんかじゃねえぞ よぉ 教訓だぞ  ああ 眺めの良い場所を くわしく知ってるぜ 新聞読むからな ああ 空から鳩のフン ろくなもんじゃねぇや いい事ありゃしねえ  揺り籠が実際棺桶に変わった 気がつきゃどうやら墓石しょってら よぉ こっちこいよ姉ちゃん よぉ 返事をしろよ よぉ ジャムパン食うか よぉ タバコくれや  ああ 眺めの良い場所で あたりを見下して いい気になりてえな ああ なんだかしけてるぜ ろくなもんじゃねぇや 毎日ズルズルと ああ 眺めの良い場所を もしも手に入れたら 誰にも渡さねぇ ああ 冴えない天気だぜ お天道様まで 愛想が悪くてよ
奈々とっても僕が好きな彼女 奈々という名の17才 星のように現れては 鳥の声で歌ってくれる  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  近所の彼女はわき臭が臭い ニンニク臭い 靴下臭い たまねぎ畑で涙を流す いじめないのは奈々だけ  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  駅のホームで君の写真 僕の事だけ見ていた 君は僕を知ってるはずさ 僕が君を知っているから  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  ブラウン管ごしの熱い投げKISS 電波をはさんで二人は一つ たまねぎ畑で今夜会いましょう そこへ行くのは僕だけ  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  朝も昼も夜も 騒音に囲まれて 頭が割れそうだ 奈々が恋しい  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々…アンジー三戸華之介中谷のブースカとっても僕が好きな彼女 奈々という名の17才 星のように現れては 鳥の声で歌ってくれる  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  近所の彼女はわき臭が臭い ニンニク臭い 靴下臭い たまねぎ畑で涙を流す いじめないのは奈々だけ  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  駅のホームで君の写真 僕の事だけ見ていた 君は僕を知ってるはずさ 僕が君を知っているから  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  ブラウン管ごしの熱い投げKISS 電波をはさんで二人は一つ たまねぎ畑で今夜会いましょう そこへ行くのは僕だけ  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々  朝も昼も夜も 騒音に囲まれて 頭が割れそうだ 奈々が恋しい  奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々 奈々…
掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘンラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で生まれて 屈辱をなめて育った 誰もが誰かを妬んだ  非道い話しを聞かされ 汚い手口を習った チンピラにしかなれない  それでも全部愛してやるさ (フレー!フレー!フレー!) 一生懸命歌ってやるさ (フレー!フレー!フレー!)  ラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  うるさいぐらい歌って 大手を振って歩いた 蝶々がフラフラ迷ってる  絶望だなんていうほど 長くは生きちゃいないさ これから始まるメルヘン  実際確かに希望があるさ (フレー!フレー!フレー!) すがすがしいほど 歌ってやるさ (フレー!フレー!フレー!)  ラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  ラ・ラ・ラ…アンジー三戸華之介中谷のブースカアンジー・窪田晴男ラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で生まれて 屈辱をなめて育った 誰もが誰かを妬んだ  非道い話しを聞かされ 汚い手口を習った チンピラにしかなれない  それでも全部愛してやるさ (フレー!フレー!フレー!) 一生懸命歌ってやるさ (フレー!フレー!フレー!)  ラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  うるさいぐらい歌って 大手を振って歩いた 蝶々がフラフラ迷ってる  絶望だなんていうほど 長くは生きちゃいないさ これから始まるメルヘン  実際確かに希望があるさ (フレー!フレー!フレー!) すがすがしいほど 歌ってやるさ (フレー!フレー!フレー!)  ラ・ラ・ラ…  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ 歌ってろ 歌ってろ 新しいメルヘンだ  掃き溜めの街で歌い始めたチンピラ達の新しいメルヘン  ラ・ラ・ラ…
腹々時計腹々時計 遊びじゃないよ 腹々時計 捕まらないよ  腹々時計は裏切らない 煮えくり返った腹の中 燃やせ  燃やせ 煮えくり返る 燃やせ   さよなら時計 引導渡せ さよなら時計 引導渡せアンジー水戸華之介中谷のブースカアンジー腹々時計 遊びじゃないよ 腹々時計 捕まらないよ  腹々時計は裏切らない 煮えくり返った腹の中 燃やせ  燃やせ 煮えくり返る 燃やせ   さよなら時計 引導渡せ さよなら時計 引導渡せ
バンビの死淋しいバンビが死んだ 最後のバンビが死んだ 生命保険を 受け取っておくれよ 君の両手は薄汚れている  ポッカリ大きな穴を 胸に空けたのは誰だ 証拠のナイフは どこへ行っても 一山いくらで 売りさばいている  バンビの死における あらゆる罪は 万人の者が あまねく背負う  激しいバンビの恨み 遠く離れても届く 最後のバンビの 哀しい声が 骨の髄まで 染み込んでゆく  バンビの死における あらゆる罪は 万人の者が あまねく背負う 激しいバンビの恨み 遠く離れても届く 最後のバンビの 哀しい声が 骨の髄まで 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆくアンジー三戸華之介嶋尾ジョージアンジー淋しいバンビが死んだ 最後のバンビが死んだ 生命保険を 受け取っておくれよ 君の両手は薄汚れている  ポッカリ大きな穴を 胸に空けたのは誰だ 証拠のナイフは どこへ行っても 一山いくらで 売りさばいている  バンビの死における あらゆる罪は 万人の者が あまねく背負う  激しいバンビの恨み 遠く離れても届く 最後のバンビの 哀しい声が 骨の髄まで 染み込んでゆく  バンビの死における あらゆる罪は 万人の者が あまねく背負う 激しいバンビの恨み 遠く離れても届く 最後のバンビの 哀しい声が 骨の髄まで 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく 染み込んでゆく
不幸の手紙29型のカラーテレビをつけて 極彩色の苦痛を見ていた 最新ハイテク仕かけの砂漠のサーカス 咽喉が鳴ります観客様の 狂い始めたバランスを 早く修理に来て下さい  いまどき不幸の手紙を書いてる奴め 年がら年中送ってきやがる ビタミン剤だけバリバリかじり続けて せっせと他人に押しつけなくちゃな なおす手のないこの病気 しつこく届く手紙 ほら 墓場から読みづらい文字で 不幸の手紙  365日 手紙を書いて 365日 棒にふる 365日 追いたてられて 365日 もてあます 誰を告訴すればいいのでしょう しつこく届く手紙  ほら 墓場から読みづらい文字で 不幸の手紙  365、ラリラリヤヤヤ 365、ラリラリヤヤヤアンジー三戸華之介岡本有史29型のカラーテレビをつけて 極彩色の苦痛を見ていた 最新ハイテク仕かけの砂漠のサーカス 咽喉が鳴ります観客様の 狂い始めたバランスを 早く修理に来て下さい  いまどき不幸の手紙を書いてる奴め 年がら年中送ってきやがる ビタミン剤だけバリバリかじり続けて せっせと他人に押しつけなくちゃな なおす手のないこの病気 しつこく届く手紙 ほら 墓場から読みづらい文字で 不幸の手紙  365日 手紙を書いて 365日 棒にふる 365日 追いたてられて 365日 もてあます 誰を告訴すればいいのでしょう しつこく届く手紙  ほら 墓場から読みづらい文字で 不幸の手紙  365、ラリラリヤヤヤ 365、ラリラリヤヤヤ
幽霊寝てもさめても さまよう幽霊 悲しや幽霊 見つけておくれ やせた体で 手ぶらで貧乏 記憶にないと言いすてられた 幽霊  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  君の姿は何処だよ そう 存在価値がいまや問われているか 空の念仏唱えて幽霊 愛しているさ むくわれないが 幽霊  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  空…空…  ああ うかばれないよ ああ うかばれないよ ああ うらめしや 只の人  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  この世をはかなむ 幽霊 幽霊アンジー三戸華之介中谷信行寝てもさめても さまよう幽霊 悲しや幽霊 見つけておくれ やせた体で 手ぶらで貧乏 記憶にないと言いすてられた 幽霊  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  君の姿は何処だよ そう 存在価値がいまや問われているか 空の念仏唱えて幽霊 愛しているさ むくわれないが 幽霊  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  空…空…  ああ うかばれないよ ああ うかばれないよ ああ うらめしや 只の人  私は悲しき 幽霊 幽霊 この世をはかなむ 幽霊 幽霊 私は悲しき 幽霊 幽霊 顔が無い  この世をはかなむ 幽霊 幽霊
夜と男と運命の魔の手夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手  ザックザック金が溢れる 裏技どっかにないか はずれたクジを握りしめて  良かれとした事が やっかいを招いて 痛い後悔だけを残す アリのような生活 今さらやれるのか 治らない傷をさらして月を見る  夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手  あんたなんか一生クズよ エンジェルがあっかんべぇって 天国の扉を閉めてゆく  訳知った大人に なりたくはないんだと あの日声を合わせたはずさ いち抜けたお前の しあわせを願っては 治らない傷をさらして月を見る  つまらないこだわり 単純な情熱 野良犬なみの虚勢張って 泣く事も出来ずに 往く道を往くだけ 治らない傷をさらして月を見る  夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手アンジー水戸華之介中谷ブースカ夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手  ザックザック金が溢れる 裏技どっかにないか はずれたクジを握りしめて  良かれとした事が やっかいを招いて 痛い後悔だけを残す アリのような生活 今さらやれるのか 治らない傷をさらして月を見る  夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手  あんたなんか一生クズよ エンジェルがあっかんべぇって 天国の扉を閉めてゆく  訳知った大人に なりたくはないんだと あの日声を合わせたはずさ いち抜けたお前の しあわせを願っては 治らない傷をさらして月を見る  つまらないこだわり 単純な情熱 野良犬なみの虚勢張って 泣く事も出来ずに 往く道を往くだけ 治らない傷をさらして月を見る  夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手 夜と男と運命の魔の手
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Set Sail
  2. ボクら
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. YATTA!
  5. オレンジ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×