リアクション ザ ブッタ「REACTION THE BEST」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ドラマのあとで - retakeリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人今日も399円の弁当をレジまで運ぶ21時 最近は滅多なことがなければ自炊なんてしない 週に1ぺんくらいだろうか 「ただいま」って呟いてみたりする 大概たまんなくなってテレビをすぐつけるんだけど  この部屋に似合わない可愛すぎるぬいぐるみが ホコリを取ってくれと僕を睨むんだけど ごめんなお前の主人はもうここにいないよ 今はどこで何してんだろう  このままいけば多分ドラマみたいな再会もないし 互いのこと知る間もなく ただ歳をとっていくんだろう 君のドレス姿だとか 休みの家族旅行だとか 想像した僕が馬鹿だったのかな  いつも君が買ってきてた2個入りの アイスをひとりで食べながら 「やっぱ多すぎたか」なんて ちょっと笑って ゴミにしてしまう  勘違いを避けたくて 君についた小さな嘘が つもりつもって君の心を隠していって 最後は君のほうが優しい嘘をついて 僕はそれを見つけてしまうんだ  「そんな奴別れて良かったよな」って友達の言葉に 「でもあいつは悪くないんだよ」と なんでかばってしまうんだろう 君のへたなハナウタとか 何かたくらむその目だとか 愛した僕が馬鹿だったのかな  このままいけば多分君は僕が連れて行けなかった 夜景の見えるレストランで指輪をもらってしまうんだろう あの時僕がごまかさないで「幸せにする」って言えてたら もしかして君は... このままいけば多分ドラマみたいな再会もないし 互いのこと知る間もなく ただ歳をとっていくんだろう 君の作る手料理だとか おかえりっていう笑顔だとか 想像した僕が馬鹿だったのかな
恋を脱ぎ捨てて 新曲リアクション ザ ブッタ 新曲リアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人リアクション ザ ブッタ・宮田“レフティ”リョウ登場シーン減ったスタンプが 右側に追いやられていくね デートシーンがない私のよそ行きの服みたいだ 新しい街にも慣れたの 美味しいお店見つけてね でもひとりで選ぶパスタ 1種類しか食べられないや  楽しいけど未来なんて 話せるふたりではなくて 不安が積み重なって 友達は口を揃えて 早く次に行きなよって 頷くけど 飲み込めない “あの人の何が分かるの?” 心の中はぐしゃぐしゃ 馬鹿みたい 私、本気で好きだったよ  振り切って 振り切っても ふとした瞬間浮かんで 美味しいって驚いた顔も 不器用に褒める顔も 待っていて 待っていても 貰えなかった言葉は 次の誰かと紡ぐから もう身軽になるよ 恋を脱ぎ捨てて  アパートに置いていった ふたりで選んだぬいぐるみ 寝れない時 思い出すの まだ君は捨ててないかな  描いていた未来があって 現実は進まなくって 悩むたびに飲み込んで 別れるって決意したって どんな顔するかなって 浮かべるほど 切り出せない だからちゃんと言い切らなくちゃ 最後の最後に初めて 嘘ついたよ “他に好きな人が出来たの”  割り切って 割り切っても 言い出した私が泣いて ずるいのにね 君も泣きながら どうして無理に笑うの 振り切って 振り切ってよ ずっと優しい君だから 次の誰かを見つけたら きっと 幸せにね 恋を脱ぎ捨てて  振り切って 振り切っても ふとした瞬間探してる どこかにいる君の姿  振り切って 振り切っても ふとした瞬間浮かんで たまに見せる真剣な顔も 安心してる寝顔も 待っていて 待っていても 貰えなかった言葉は 次の誰かと紡ぐから もう身軽になるよ 恋を脱ぎ捨てて
Loopyリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人リアクション ザ ブッタ・宮田“レフティ”リョウリアクション ザ ブッタ・宮田“レフティ”リョウ眠れない ベッドに座ってうずくまり 正体不明の不安の集合体? みたいな奴が押し寄せてさ 鼓動を加速させる 自分嫌いになる程そいつは 肥大してる気がしてる 錠剤を喰らい 悪魔払い だけど 消えてくれない  Hey Cheers! いつもアルコールで溷濁 What? 今日はストップ 喉を通らないや 「大丈夫」って何度言い聞かせた まともじゃない  [Some might say he's so loopy]  Hello!Hello! 聞こえていますか? 僕の中にいる悪魔 一体全体どうすればお前を殺し 真っ当に生きていけるの  異常 正常 一体どうやって測るの 結局みんな病んでんじゃないの うまく隠し 平穏な暮らし 僕はうまく出来ない  いっそ発想の転換はどうだ 悪魔だって歌にしよう 滑稽だ ハモったら意外 心地いいテナー? どうせ俺の一部  [Some might say he's so loopy]  Hello!Hello! 聞こえていますか? 僕の中にいる悪魔 一切合切認めやしないけど そう一緒に暴れてみるの Hello!Hello! 聞こえていますか? 君の中にいる悪魔 有象無象の奴らには理解らない 自分を今晒そうよ Maybe We're so loopy
リードリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人今の僕らを君はどう見てる? わりかしうまくやっているよね 3回も間違えば君の嫌いな食べ物も覚えて 100回も抱き合えば君の過去も薄れて見えた  でも たまにある着信 溜まってみえたライン その四角い箱の中に未来はない 「何にもないよっ」って君は言うけど どうなの?  見て見ぬ振りして 気づかぬふりして ただ君に愛を吠える犬でいたい 君がよそ見をしたら 首がちぎれるほど リードを引っ張って こっちを向いてって ナクから  「なんでこんな返信早いの?」 ってそりゃ君を縛ってたいからさ いついつだって 何時だって 僕のものでいなよ だからさ ほら あいつとは はやく縁を切って はっきりきっぱりすっきりして 帰っておいで  見て見ぬ振りして 気づかぬふりして ただ君に愛を吠える犬でいたい 君がよそ見をしたら 首がちぎれるほど リードを引っ張って こっちを向かせるから 甘えたふりして 飼われたふりして ただ君に愛を吠える犬でいたい 痛いくらい従順な僕でいるから リードは離さないで いつでも君のために ナクから
一目惚れかき消してリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人リアクション ザ ブッタ・宮田'レフティ'リョウその一目惚れかき消してしまいたい 余裕綽々で待ってらんない 無駄な妄想して 君はずっと僕をちゃんと見てくれてるのに 携帯抱いて勝手にパンクしちゃってる AM0 Ah  「あのね今日、友達とね、 久々に呑みに行かない?って誘われたの」 「おお、そうか楽しんでね、 呑みすぎだけは気をつけて」 「楽しいよ!でも何かね、 友達の友達がくるみたいなの どうやら男の子で、 でも心配はいらないから」  「終電は見とくんだよ」 それ最後に未読ステイかよ、、 もしかしてそのオトコと目と目があって 惚れられちゃっているんじゃない? 一切合切手につかないや  その一目惚れかき消してしまいたい 余裕綽々で待ってらんない 無駄な妄想して 君はずっと僕をちゃんと見てくれてるのに 心配性と嫉妬騒ぐな 「シッと」 胸抑えて 携帯抱いて勝手にパンクしちゃってる AM0 Ah  「ごめん話途切れなくて、 そろそろ帰りたいけど微妙なの」 「微妙って何だよそれ、 ああいや怒ってはいないから」  「帰るまで起きてるよ」 1分がやけに長いんだよ もしかしてそのオトコに手を取られて 綺麗だねって言われてない? 一回面拝んでみたいや  その一目惚れかき消してしまいたい 玄関ウロウロしてもう耐えらんない もはや忠犬です 僕の方が君をずっと笑わせられるのに 電話しようか一本 待てない吉報 床に伏せて 結局足バタつかしてクラッてる AM0 Half  その一目惚れかき消してしまいたい 余裕綽々で待ってらんない 無駄な妄想して 君はずっと僕を ちゃんと見てくれてるのに 心配性と嫉妬騒ぐな 「シッと」 胸抑えて 携帯抱いて勝手にパンクしちゃってる AM0? もうAM...
Youリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人「いつか別れる日が来るかな 永遠なんてないから 傷が浅い今別れようか なんて嘘、冗談だよ」  「どうしてそんなこと言うんだよ 元も子もないだろ とりあえずまだ様子を見ようよ 2人でいようよ」  駅前のコーヒー屋でブラックを 2つ頼んで アイスとホットのお決まりのルールで 気づいたらそんなものに囲まれて 何となくずっと 一緒にいる気がしてた  君の弱い部分を食べ散らかして 僕は僕を保っていたんだと思う 「あなたは優しい人だよ」って言うけど 違うよ 違うよ だって本当に君が苦しい時 僕は逃げたんだ 君から逃げたんだ  「あなたは私なしでも幸せになれるけど 今までの時間を返してよ なんて嘘、さようなら」  駅前のアーケードに いつもの居酒屋に ハイボールの中に沈めた言葉を 一人で思い出してかき混ぜて 何となくずっと 忘れられない気がした  僕の弱い部分を食べ散らかして 君も君を保っていたんだと思う 「あなたは強い人だよ」って言うけど 違うよ 違うよ なんで本当に僕が苦しい時 君は逃げたんだ 僕から逃げたんだ?  君の弱い部分を食べ散らかして 僕は僕を保っていたんだと思う 「あなたは優しい人だよ」って言うけど 違うよ 違うよ 僕ら足りないものばかりだったけど それなりに愛し合っていたんだと思う だからこそこのままじゃいられなくて 別の道へ 「いつかまた」なんて誤魔化さないで ちゃんと背を向けよう 逃げないで
Colorfulリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人咲いたはずなのに すぐに枯れてしまったり 結んだはずなのにほどけたり 足跡なんてなかったみたいに 振り出しに戻ってしまう 理想を盾にして 色んなものをなくしてきた 薄暗いトンネルで彷徨って つまづいて傷を増やすだけの 自分が嫌いなんだ  "考えすぎだよ"って 君が無邪気に笑うから 白と黒で濁った心も 溶け出して 透き通ってくんだ  君が好きだというそれだけで どうしてこんなに世界が色づくんだろう 何にもない僕だけど まっすぐ目を見て 伝えたいことがあるんだ まだ君の答えはなくても  気づけば周りに僕は取り残されて 誰かをあてにしてばかりなんだ 自分を守るためのプライドなんて もう少しもいらないのに  難しく考えても 時間は僕らを運んでいく 明日がドアを叩くその音は 君の心にも届いていますか  君が好きだというそれだけで どうしてこんなに世界が色づくんだろう いびつで綺麗じゃないけど 君にとって特別になればいいな 君が好きだというそれだけで 何回だって世界は色づくんだ 手探りで見つかるものじゃない 同じ景色に一つだけ見つけたいんだ まだ僕らに答えはなくても
虹を呼ぶリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人涌井啓一・リアクション ザ ブッタ少しでも夢に近づこうと 今日も進むけど躓くばかり 向いてないんだって思うのに 投げ出すことも出来ないでいるんだ 周りを見れば花盛り 羨ましくなんかないんだと 強がる自分が惨めでさ 世界にひとり置き去りだ  生まれて初めて 夢中になれたこと その奇跡を 鳴らし続けたい 自分のこと いつか愛せるように  虹を呼べ 光になって 土砂降りで震えていたあの日の 僕を迎えに行くよ もう自分を信じたっていいんだ 間違っていたことなんて 一つとしてなかったって言わせてやるから まだ走れるか? 奮い立たせてきたんだ いつも いつも  上手くいかない理由を 自分の中だけに探すから 駄目なとこばっか見えてさ また一人で落ちているんだ  思い出せ 道の途中で 支えてくれた人達を 崩れそうな時は頼っていい 弱さだって見せていい  虹を呼べ 光になって 土砂降りで震えていたあの日の 僕を迎えに行くよ もう自分を責めなくていいんだ 「間違っているんじゃない?」って 誰かが言う 背負わない他人の気まぐれに 惑わされんな もっと胸を張っていればいいさ  もがいてる姿を 笑うやつは笑えばいいさ 無視していいや もう振り切って どうせこんな時代だ 埋もれていくか? いや違うな 楽しんでいくか ありのままの自分で  虹を呼べ 光になって 土砂降りで震えていたあの日の 僕を迎えに行くよ もう自分を信じたっていいんだ 間違っていたことなんて 一つとしてなかったって言わせてやるから まだ負けるな 奮い立たせていくんだ いつも いつも 架かる虹を見せて
仮面リアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人リアクション ザ ブッタカラフルに浮かべたイメージも 最後になって 黒で塗りつぶしてやったよ 夢はもうとっくに見飽きて ただ目を悪くしただけ ずっと ずっと 幸せで居るために 誰にも嫌われないように 仮面被って いつだって そう笑っている裏で 泣いて 泣いている  無惨に砕かれた心が 「もうダメだ」 って消えそうな声をあげた 誰にも聞かれたくないけど 世界中に叫びたい  そっと そっと 幸せで居るために もう一人の僕がばれないように 仮面被って いつだって そう笑っている裏で 泣いて 泣いている  わかってる 染まってく 僕を許してください 誰に請う?  ずっと ずっと 傷つかないために 自分を隠して生きてきたけど 見失って 迷って 苦しむ自分だけが 生きていると感じられた  きっと きっと 意味がない昨日もあって 救いがない明日が待っている それだって今日に 今に すがりついて残す意味に 僕が息をする
オンステージリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人涌井啓一・リアクション ザ ブッタ実家のカレンダーは もう次の月がめくられていて 僕はどうやらまた歳をとっていくみたいです 一つのことをやってきた 自信はそれなりにあるんだけど そいつのことを手放した先に何があるんだ?  出会えた人の喜びより去った人が気になって 気づいたらまた昔話 それもいいけど やっぱなんか違うんだよ  足掻いて足掻いていけ 燃やして燃やしていけ 転ばぬ先の杖じゃなくて 転がって強くなってきたんだ もがいてもがいていけ 描いて描いていけ 一寸先が闇のルート 生きてる実感はここだけ ステージで光って灰になるまで 今を使い果たせ  一発KO負け いつかできた傷の痛みは リベンジマッチ 勝たなければ成仏しないや  周りと比べて嫌になり 腐って消えそうな夜に 疼きだすあの日に悔しさに 呼ばれるんだよ「ここで終われないだろう?」  足掻いて足掻いていけ 燃やして燃やしていけ 後悔先に立たなくたって 進まなきゃ何も変わらないんだ もがいてもがいていけ 描いて描いていけ 躓いたって七顛八起 震える感動はここだけ ステージで光ってハイになるまで 命を喜ばせ!  もう一回 そのステージに上がれ もう一回 自分を信じ切って もう一回 渾身の一撃放て いつもと違う 追い風が吹いてる  足掻いて足掻いていけ 燃やして燃やしていけ 転ばぬ先の杖じゃなくて 転がって強くなってきたんだ もがいてもがいていけ 描いて描いていけ 一寸先が闇のルート 生きてる実感はここだけ ステージで光って灰になるまで 今を使い果たせ 想像以上の自分
Seesawリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人ねぇ何のため毎日を 過ごしてるんだろう どうすれば この先の不安を 拭い去ることができるんだろう 心がずっと騒がしいんだ  変わっていく世界で 答えのない正解探しては 責め合って 擦り減って 耳も目も塞ぎたくなる でも 傷つくのがこわくて 心 閉ざしていたんじゃ いつまでも変わらないよな  とべ! 地球を蹴り上げて 君の力も借りて行くよ 一人じゃ見えない景色ばかりだと 気づけたから そして 着地の反動で君も高くとんでよ 僕らはシーソーの上 自分が頑張った分だけ 君の力になれるから  ねぇ僕らは今 何を試されているんだろう 目の前を広がる悲しみに 手と手を取れないこの歯がゆさに いつまで向き合っていけるだろう  独りで彷徨って 見えない傷を増やしても 見せ合って 分け合って 報われる日がきっとある あの時と同じように 寄り添い合えるだろうか 例えばそれが強がりでも  奪われ 失くして 途方に暮れて ああ何故? どうして?って 割り切れなくて それでも譲れないものがあるって 気づいたよ  とべ! 地球を蹴り上げて 君の力も借りて行くよ 僕らで見つける景色が 何より大事だから そして 着地の反動で君も高くとんでよ 僕らはシーソーの上 自分が頑張った分だけ 君の力になれるさ 離れていた距離の分だけ 僕らまた 近づけるから
Voyagerリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人リアクション ザ ブッタ・涌井啓一あまりにも無防備で あまりにも真っ直ぐな 君の瞳を見た瞬間に 未来が歓声をあげたんだ 散らかる部屋の隅で 埃被っていた希望を 僕らはふたりの手で 掬い上げて抱きしめたんだ  さぁいざ行こう きっとこれまでが冒頭 そう君に会い やっと僕が 始まった気がしたんだ  今、出航の汽笛が轟き 夢に見た夢を現実に 変えて行く 未だ見ぬ 明日はもう怖くなんかないよ 嵐を呼び 荒れるような 迫り来る日々の現実に 迎え撃つ 君とならどこまでも行ける Say wo! Voyager  あまりにも不器用で あまりにも一人きりな 君の記憶にいないこと 嘆くのはもうやめにしたんだ 新しい景色へ行こう 穴だらけふたつの過去も 重ねれば立派な帆だ 僕らで1人のボイジャー  さぁ進んでこう 沈む太陽の向こう どちらともなく声合わせて 遠く響き渡る Yo ho  今、絶好の星空広がり 線を引く夜の彗星に 約束を交わし合う 明日はもう孤独なんかじゃないよ 渦潮を呼び 時化るような 閉じ込め切れない感情に 手を伸ばし 引き上げる 痛みさえ連れ生きたいよ  一人ぼっち 傷抱えて うずくまった僕らを 置き去りに進んでいった世界 探しあって 気づきあって 繋ぎあった僕らが 紡ぎ出した金色の未来  今、出航の汽笛が轟き 夢に見た夢を現実に 変えて行く 未だ見ぬ 明日はもう怖くなんかないよ 嵐を呼び 荒れるような 迫り来る日々の現実に 迎え撃つ 君とならどこまでも行ける 希望峰越え地球の果て Say wo! Voyager
君へリアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人リアクション ザ ブッタ“世界でひとりぼっち” そんな顔をしてるね 目の下にくまをつくって また眠れなかったのかい  私がいるから誰かが 幸せになるでもない いなくなったとしても 代わりがいるでしょ 君の放った言葉に 僕が用意できた言葉は ありふれすぎていた だけど今も  君の名前を呼び続けるよ “私はいらない”なんて言わせないよ どれだけ僕が救われたか わかってる? わかってよ 君の痛みはわからない でも喜びは分け合える 君がいないと 僕もいないよ だから悲しみに 負けないでほしいんだよ  自分が生まれた意味を 自分自身に求めて 気付けばそれが重荷になっていたでしょ 「何のために生きるの?」 君が放つその疑問に 自信はないけれど そうだ 僕が 君の答えになり続けるよ 僕のために 生き続けてよ  見えない明日に 怯えてるのは 僕もそう 同じだから これから先も 一緒にいようよ 色んな景色を君と見たいんだ 泣いた顔も 笑った顔も 全部もっていこう 大切な “君へ” 捧げる歌
ヤミクモ(2024.03.17 SHIBUYA CLUB QUATTRO)リアクション ザ ブッタリアクション ザ ブッタ佐々木直人佐々木直人誰も僕を見ていない気がして 誰も声を聞いていない気がして 張り巡らせた糸を探しても やっぱり何もかかってなかった  ずっと自分を守る言い訳探して 置いていかれる これで精一杯 でも変わりたかった  ヤミクモになって絡まって 転げ落ちて今日になって またグルグル回って 右往左往してる 天からの糸を待ってないで 頭のいいフリをしないで さらけ出す糸が 道をつくるから  踏みつぶされそうになった 昨日は君に導かれた まさに奇跡的 九死に一生の出逢い 孤独に支配された僕は 受け止めるのを拒んだんだ でも糸は確かに君に 繋がってしまった  ああでもない こうでもない を繰り返して 絡まった互いの糸が 何より強くなっていた  ヤミクモになってよじ登って 奈落だって這い上がっていける クラクラしたって 足は止めないから 君と出逢って聞こえ出した 僕の胸を打つ音は 誰かの胸にもきっと響くから  許せない日々があった 守れないものがあった 届かない夢があった 当たり前として生きた でも 迎えたい今日があって 叶えたい約束があって 守りたい人がいる ヤミクモになってでも  ヤミクモになって絡まって 転げ落ちて今日になって またグルグル回って でも進んでいる 君と糸で繋がって 紡ぎだした答えだから きっと 信じられる もう居場所は探さない もう自分を疑わない 君がいて 僕になる 未来が青く重なる
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. 366日
  5. Dear

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. ベガとアルタイル
  4. NOW
  5. 愛だけがあればいい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×