×

マルシィ「Candle」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
マルシィマルシィ吉田右京吉田右京君と僕とのダイジェスト 追いかけっこのような恋の始まりだった 懐かしいな 駅の側のドーナツと虹色の傘と 記憶に残る思い出が一つ二つと増えていった  今更思い返してみたところで 君はいないままだ  側にいた時に気づけなかった 2人じゃないとダメだったんだ 馬鹿ねって笑って戻って来てくれないかな  側に君がいるだけでいいから ちゃんと大人にだってなるからさ 帰りには君の好きなもの買って帰るから 帰ってきて やり直せないかな  曖昧な日々過ごす中で 色は滲んでいく 君は綺麗になっていく 遠くなってしまうみたいだ  心の底の引き出しに仕舞えないほどに 君を思ってしまうな  側にいた時に気づけなかった 2人じゃないとダメだったんだ 世界の中心にいた君が見当たらなくてさ  側に 側にいた時に気づけていたら 恋人のままでいられたかな 馬鹿みたいに悲しくなることもなかったのかな  この先君はまた誰かと恋をして その誰かと笑い合ってしまうんだ とてもじゃないけど見ていられないや 帰ってきてなんて言わないよ ちゃんと大人になるからさ
恋焦がれてマルシィマルシィ吉田右京吉田右京作戦決行だ 今日こそは このくだり何回目? 恋物語いつも上手くいかない 分からないことだらけが大前提?  あぁ、またまただ もうダメかも 怖くて怖くて言えないまま 君が欲しくて堪らない  絡まった日常があなたの横顔が 夢見させて引き返して ただ待っているだけじゃ 誰かに取られちゃう 僕にしてみてよ 恋焦がれてる  作戦失敗が続く毎日 お手上げの状態で 妄想だけ進む 二人の人生に乾杯 ほろ苦いほろ酔い君と交わしたい  あぁ、またまただ 期待と絶望 どっちなのか分からないや 白黒つけたい つけられない  絡まった言の葉と淡い想像も 一か八か伝えたら 目に見える結末で 夢見てる日々が壊れてしまいそう 胸が痛いよ  君の頭の中を覗いてみたいな きっと僕が落ち込む内容だろう 報われなくてもそれでいいなんて みっともない強がりにさよならをしたい  絡まった日常があなたの横顔が 夢見させて煌めいて ただ待っているだけじゃ 誰かに取られちゃう 好きが止まらない 恋焦がれてる
ミックスマルシィマルシィ吉田右京吉田右京Naoki Itai外は暑いっていうから 今日は部屋でゆっくりしよ あの話もまだ終わってないしね これからの話をしよう  人は人って言うしね 誰かのバランスもスタンスも 気にしなくていいから 馬鹿らしいから  君の過去と未来に想い馳せて たまに臆病になるけれど 不安と幸せミックスの 君が作った底なし沼 そこから抜け出す気は1ミリもない  偽りのない大好きを 溢れるほどの想いを届けたいよ 巡り巡る季節 超えてゆく 君と出会い恋して幸せだよ 四六時中 君に夢中 夏が過ぎる  お決まりになってる 君とおやすみの電話 甘える声 日々癒し満たして 嫌なことだって飛んでいく  2人だけの歩幅で 今世余りなく旅をしようよ 遭遇する「初めて」だって怖くないよ  君の過去と未来に想い馳せて 嫉妬してみたりニヤけたり 不安と幸せミックスの 君が作ったユートピア ここから離れる気は1ミリもない  偽りのない大好きを 溢れるほどの想いを歌にするよ 巡り巡る季節 超えてゆく 君と出会った奇跡 抱きしめてる 四六時中 君に夢中 隣にいよう  飾らない君のままを 僕に見せてくれてるって分かってるよ ワガママ 気にしい 寂しがり屋 大歓迎そんな関係だよ  偽りのない大好きを 溢れるほどの想いを届けたいよ 巡り巡る季節 超えてゆく 君と出会い恋して幸せだよ 四六時中 君に夢中 夏が過ぎる  いつまでも いつまでも 隣にいよう
ラブソングGOLD LYLICマルシィGOLD LYLICマルシィ吉田右京吉田右京もしも僕が君に 一目惚れしてなかったら 眠れないくらい不安に 心配性にならなかったかな 君と過ごすうちに 変わっていく僕の性格や常識 今となっては馴染んできたよ  2人の価値観を擦り合わせて 擦れる日常を互いに癒して たわいないやり取りに焦がれたい 言葉にして君にちゃんと渡したい  愛しているよ 愛を誓ったり将来を語り合ったり 僕らはきっと運命だってそう決めようよ どんなさ難題も一緒に解こう  「歳をとってもよそ見しないでね」 「浮気もしないで可愛い大好きって言ってね」 君はそう言うけれど心配ないよ しつこいくらいに 伝えるから  休日昼下がりの部屋を暗くして 2人して二度寝して 起きて幸せ 身体寄せ合って 昨日の映画の続きを 隣にいれればなんでもいいよ 平凡も特別になってく  2人繋いだ手は離さないで 擦れる日常も彩ろう 思い出を溢れさせて 頼りないこんな僕だけど君のことを  愛しているよ 愛を誓ったり将来を語り合ったり 僕らはきっと運命だってそう決めようよ どんなさ未来も君となら 間違いないから  サプライズだらけの君との日々 しわしわになってもお出掛けしたい 僕で良かったといつか言わせたい この世で一番大切な人に  居なくなったら 困るどころじゃない 路頭に迷って見つかるまで 僕はきっと君を探してしまうよ 君みたいな人は他にいない  これからずっと 愛を伝えるよ 笑ったり泣いたりする君の一部始終を 隣で眺めさせて 守らせてくれないかな  君の毎日を
大丈夫マルシィマルシィ吉田右京吉田右京誰もが戦ってる 不安に怯えながら 何か捨て去ることも 必要な時だってある 僅かな一歩の差が 道を分けることがある 迷い彷徨いながら 走る姿は美しい  oh~ 胸に宿した炎 oh~ 滾らせて oh~ ここまでやってきたんだ 理想の未来掴みたくて  何度だって折れた心 繋ぎ合わせて来れたから 怯えないで 弱さと強さ両方あっていいんだよ 目を向けて 逸らさないで ありのままで 大丈夫だよ  見渡して比べては 敵わないと凹んだり 波立つ喜怒哀楽 愛していけたらいいよね  oh~ 苦しい時ほど oh~ 優しくいたい oh~ 手を取って歩いていこうよ 青い空を眺めながら  何度だって折れた心 繋ぎ合わせて来れたから 意味のないことなど一つもない尊い人生 目を向けて 逸らさないで あるがままで 大丈夫だよ  忘れたくない幸せな時間を ちゃんと噛み締めたい 離したくない大切な人のこと ちゃんと抱きしめたい そんな日々を紡ぎたい  何度だって折れた心 繋ぎ合わせて来れたから 迷うことも涙溢すこともあっていいんだよ 降りかかった雨もいつか虹を架ける 大丈夫だよ
ただそれだけのことがさマルシィマルシィ吉田右京吉田右京マルシィ君の夢をみて 目が覚める日が続いてる いつまで続くんだろう もうそんな出てこなくたって 忘れはしないって 飾り付けられた部屋の模様も 部屋着もそのまま  保証なんてないから 保険掛けとけばよかったな 全部君にかけちゃって でもそれで良かったよきっと ずっとなんかなくても。 強がりを言い聞かせてる  「離さないでね」 「離さないから」 って言ってた僕らは 二人して嘘つきだね  愛してたのは 僕の隣で笑っていた 思い出の中で眠る君で 触れることはもう出来ない 視界に映せない 二人の世界にまだいたかったな  何もないくせに 暇つぶしで電話を夜にかけて来ないでよ もう揺さぶられてしまうよ 優しくなんかしないでよ 期待してしまうから  「忘れないでね、私のことを」 なんてふざけないでよ 分かってるくせに  離れると言う君の家に行って 説得すればどうなっていたかな 頑固な君のことだ きっと納得しないね 「結婚したいね」なんて言っちゃって 馬鹿馬鹿しいな 夢見たままでいたかった  思い出すのは 君が隣にいた日々で どんな時よりも幸せで 別の人のこと想って想われる君を 忘れられなくて始められない  愛してるよ 今も、でももうこれからはいけないことだよね 触れることはもう出来ない 視界に映せない ただそれだけのことがさ
アリカマルシィマルシィ吉田右京吉田右京戻らない時計に手を掛けて 動かない二人の笑顔を見つめてる アルバムを捲ると 続きが見たいよ 見たいよ 痛いよ  幸せのアリカを探してると いつも君に辿り着いてしまう 他の何かでも他の誰かでも 足りなくて代わりなんていないよ  別れてしまって 味すらしないや 君じゃないのなら 何もいらない  戻らない時計に手を掛けて 動かない二人の笑顔が苦しくて アルバムを捲ると 続きが見たいよ 見たいよ 痛いよ  遊園地ではしゃいでいた君は 僕にとって本当の天使のようで 眠る時まるで赤ちゃんみたいに 熱くなって、寝顔は綺麗でさ、  焼き付いてしまって 思い出してしまうな 君じゃないのなら 何もいらない  分からない 君じゃない人の愛し方 教えてよ手取り足取り一から全部 アルバムも写真も 好き溢れる気持ちも 捨てきれないから  戻れない 今更じゃ遅いのに 会いたくて 愛したくて 愛されたくて アルバムを捲ると 続きを見せてよ 見せてよ  戻らない時計に手を掛けて 動かない二人の笑顔が苦しくて アルバムを捲ると 続きが見たいよ 見たいよ 痛いよ
もしもの続きを少しだけマルシィマルシィ吉田右京吉田右京あの時は想い隠したまま 気づかないまま告げられぬまま タイムカプセルで眠った恋 目覚め出した時は遅かった  僕じゃないなら それでもいいけどさ 誰のものにも ならないで欲しいのよ  もしもの続きを少しだけ 幻の君との恋 もしもがあったなら 繋いで離さないのに  星野村で眺めた景色は 写真の中には映せなかった 君としたかった色んなこと 欲張りでも伝えられてたらな  知らないものは尊く見えるね そんなんじゃなくて 肩寄せ合って辛い分け合って 甘い甘い日々を過ごしてみたかった  もしもの続きを少しだけ 幻の君との恋 もしもがあったなら 2人どうなってたかな  描いた日々が理想と違ってても 交わした想いがすれ違っても 光って輝いていた 過ごした時間は愛しかったなぁ 君が好きだった  もしもの続きを少しだけ 幻の君との恋 もしもがあったなら  もしもの続きを少しだけ 幻の君との恋 もしもがあったなら 繋いで離さないで キスしてみたい
ラズベリーマルシィマルシィ吉田右京吉田右京好きになってしまった 私の負けね 脈が早くなる 脈なんてないのにね  気まぐれな返事 曖昧な態度に 浮かれて疲れて項垂れてる それでも瞳に映りたい 期待してしまう  振り向いてほしくて 私だけ見ていてよ 片想い空回り宙を舞う あぁ、どうすればいいの? もう、会いたくなってさ 想いは育っていく 実らないのにね  恋の歌で 浮かぶのはいつも君で 通知音鳴るたび 君かもって馬鹿みたい  気まぐれな「会いたい」甘い声に 浮かんで沈んで海の底へ 気づいているでしょ、ずるい人 悔しいけど  好きになってほしくて 結ばれてみたいよ 片想い涙して夜が明ける あぁ、どうすればいいの? もう、会いたくないや 想いは育っていく 魔法を解いてよ  恋人になりたい 曖昧はやめたい このままじゃ心臓がもう持たないよ 離れてくれない 縋りついた温もりも 名前を呼ぶ声も  振り向いてほしくて 私だけ見ていてよ 片想い空回り宙を舞う あぁ、どうすればいいの? また、会いたくなってさ 想いは育っていく 実らないのにね
幸せの花束をマルシィマルシィ吉田右京吉田右京出かけるたびに 二人揃って写真を撮って 感じたことのないほどの幸福度 閉じ込めるように 隣で咲いてる君の笑顔 一番近くで誰よりも 見つめていたい 触れていたいよ  恋に落ちた あの日から高まっていく想い 終わりが怖くて  幸せの花束を 渡すのは僕じゃなきゃ だめなんじゃない? とられたくないよ これから観る景色、心の真ん中に 君を映し続けていきたいよ  鏡みたいな二人 自然と似てきたみたい 僕は君みたいになりたいのかもね なんでも真似したい 喧嘩だってたまにはするけど 嫉妬した神様の悪戯 手を取り合って仲直りをしよう  恋に落ちて それが君で良かったって思うよ きっとこれから何度も  幸せの花束を 渡すのは僕じゃなきゃ だめなんじゃない? 独り占めしたいよ 貰ってばかりで ちゃんと返せてるかな 口だけと言われぬように 頑張ってみるよ  完璧とは程遠い 不器用な僕だから 困らせることもあるだろうけど 「ごめんね」「ありがとう」「大好きだよ」 素直に伝えたい  幸せの花束を 渡すのは僕じゃなきゃ 君にじゃなきゃ意味をなさないよ これから観る景色、心の真ん中に 君を映し続けて  幸せの花束を 渡すのは僕じゃなきゃ だめなんじゃない? とられたくないよ 他では見せない表情を見せ合える 二人という居場所に ずっと君と僕で
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. オレンジ
  4. 明治チェルシーの唄
  5. 買物ブギー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×