×

シャイトープ「オードブル」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
None 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で  当たり前に置かれた日常も たまに分からなくなるんだ 僕は僕なりに 上手く生きようと もがいてはいるんだけどな  当たり障りのない笑顔も ついに疲れてしまったな 五線譜に並べられた 予定調和の毎日から 道を外して空を飛びたい  良いことの無い人生だと 絶望するその前に 明日への回り道をダラダラ探そう 今日は踊ろう 全て忘れて潰れてしまおう  ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で  ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で ladies and gentlemen 何も無い退屈な世界で  生きることも辞めてしまおうかと 思える今日だけど 明日への回り道をダラダラ探そう 今日は踊ろう もう大丈夫 また夢で逢いましょう
マーガリンシャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想バターより安いマーガリン そんな生活で構わないさ ただ一つ 守りたい星 それを抱えて今日も疲れた6弦をかき鳴らす  good morning 始まりの朝 終わってる世界に 挨拶して good morning 最近元気のない 部屋の緑に 水をあげて  ロクデナシと言われても 悲しいことだらけでも なんだかどれも どうでもいいな そこにあるもの 確かめてみる  バターより安いマーガリン そんな生活で構わないさ ただ一つ 守りたい星 それを抱えて今日も疲れた6弦をかき鳴らす  バイト終わり 駅までの道 疲れた顔をしたサラリーマン横目に 自分を知る 愛も憎も 忘れる夜風 キラキラ煌めくシティーライトに浮かぶ 君の面影  バターより安いマーガリン そんな生活で構わないさ ただ一つ 守りたい星 それを抱えて今日も疲れた6弦をかき鳴らす  ロックンロール 信じていいのかい 僕はわからない今だって何もわからないでも ただ一つ 守りたい星 それを抱えて今日も疲れた6弦をかき鳴らす 1、2、3、この足で踏み出す
sunny 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想朝の瞼に溢れたのは 君の顔だったな 夜の悲しみ掬ったのは 君の言葉だったな  音程の取れない日々の暮らしに 晴れ間となって綻びをくれる 君に会いたい  恋の味を確かめていた いつぶりだろう 甘いな もう一歩君に近づける夢の中 素敵なことね lonely  あたたかいひと かわいいひと やわらかいひと そのどれもが君で 素晴らしくて 泣きそうになるんだよ  想像をはみ出した美しさは 可憐な一等星 春の木漏れ日 僕の憧れ  もういっそ全て無くしてしまえば 君と一つになれるかい そう言うときっと君はその目を細め 「貴方は貴方」と笑うの  音程の取れない日々の暮らしに 晴れ間となって綻びをくれる 君に会いたい  恋の味を確かめていた いつぶりだろう 甘いな もう一歩君に近づける夢の中 素敵なことね lonely いつも想ってるよ sunny
pinkシャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想音もなく耳を閉ざすイヤフォンから ただ聴く曲もないまま立ち尽くしてた あのビルのルーフトップをぼんやりと見つめ もうどうでもいいなと笑ってしまった  明日のあなたにもう期待はしていないし 明日の私にも期待はしていないの もうすぐ夜は昨日を忘れるように もうすぐ私はあなたを忘れる  運命だって思ってたけど よく似た別のものだったみたいね  嫌わないで 私だけ見ていて 何を言っても 言い足りないくらいよ 泣かせないで ひとりにさせないで 優しさを脱ぎ捨てないで  滞りなく進むふたりなんて この世界にいるはずはないのだから 少し言い過ぎたことを謝りたくなって でも謝りたくもなくて道草をする  明日のあなたをまだ愛せるのなら 明日の私もまだ愛せるはずだから 記憶の中で笑う可愛いあなたを 手繰り寄せて抱きしめたくなった  最低だって思ってたけど よく似た別の人だったみたいね  夜空は闇を出し絞って 私は慣れないパーセンテージで酔って 戻って行く あなたの元へと  嫌わないで 私だけ見ていて 何を言っても 言い足りないくらいよ 泣かせないで ひとりにさせないで 優しさを脱ぎ捨ててしまわないで  傷をつけて 傷をつけられても 私はあなたと居たいと思った 変わらないで 知らないふりだってするから 私はあなたに あなたに会いたいと思った  音もなく耳を閉ざすイヤフォンから ただ聴く曲もないまま立ち尽くしてた たった今 見上げた朝方の空は とても綺麗なピンク色をしていた
ランデヴーGOLD LYLICシャイトープGOLD LYLICシャイトープ佐々木想佐々木想神様なんていないと思った 玉虫色の最悪な午後は まだ君のこと呼んでるよ 腹が立つほどに毒が抜けないな  愛されて愛の色を知るのなら 君は僕を彩っていたんだ 食欲のない芋虫の右手 クリームパンも味がしないな  他の誰でもない 君にしか埋められない だから厄介 ねえ 巻き戻していいかい  透明な雨の中 あの街でランデヴー 運命も無視して歩いてく 君の足跡が 何処にも見当たらないところで目が覚める 即席の感情で書いてる この詩がいつか時を超えて 限られた未来で生きる 君に流れたらいいな  馴れ初めをふと思い出した 咲いた花も 散る時が来るみたいだ まあ退屈よりかマシだろうか  開けっ放しのドア 脱ぎっぱなしの服も 全部ここにあった ねえ 馬鹿みたいと笑ってくれ  透明な雨の中 あの街でランデヴー 運命も無視して歩いてく 君の足跡が 何処にも見当たらないところで目が覚める 即席の感情で書いてる この詩はいつか時を超えて 限られた未来で生きる 君に流れるか  愛し合っていたんだね 間違いじゃなく本当なんだね 疑いそうになるほどに 君は今も綺麗だ  唇の色を真似たような 朝の光は潤む瞳の 内側で流れる これまでの2人の 愛すべき日常に 口付けをして消えていった
Burn!!シャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想好き嫌いはこの際もう どうだっていいのです やるかやらないかの問いの 答えが欲しいのです  まあまあ 落ち着けよ 表現者 石になってどこまでも rolling  失うことにもう少し 勇敢だっていいんじゃない? 立ち止まって深呼吸が 必要な時じゃない?  まあまあ 落ち着けよ 表現者 石になってどこまでも rolling ふくらはぎ攣りそうになったって ゴールを目指す あのアスリートみたいに  Bang!! 叫べ 想いを 感情という銃弾を今ぶっ放して 憂鬱を撃ち抜くんだ  Burn!! 燃やせ情熱を 後少しやってみないか リタイア寸前 まだ走れるさ  打ちひしがれて吐きそうな夜も 朝を待っていた 勘違いしないでくれ 俺は俺でしかないんだ  まあまあ 落ち着けよ 表現者 音に乗ってどこまでも rolling 心が攣りそうになったって 覚悟を見せるあのロックスターみたいに  本当は分かっているんだろう お前も 目を凝らせば見えてくるはずさ あんまり考えすぎんなよもう なるようになるさ やりたいように ただ進め  Bang!! 叫べ 想いを 感情という銃弾を今ぶっ放して 憂鬱を撃ち抜くんだ  Burn!! 燃やせ情熱を 後少しやってみないか リタイア寸前 まだ走れるさ  I wanna burn
誘拐シャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想新幹線の速度で 時速300kmの速度で 散り散りになっても追い越して 君を攫いにゆくよ  あんなやつならほっといて そんなやつならそれまで 君が正しいと言い張って 食い下がらないつもりさ  君がNOと言うなら 甘んじてしまうけど きっとYESと言うから 準備はできてる さあ行こうか  trust me 君を連れ出そうどこへでも つまんねえ日々を さあ塗り替えるために 手を取って Friday midnight くらいの高揚感を 感じさせるよ 孤独を分けてくれよ ほら 涙の訳を教えてごらんよ  永久不滅の心臓で 消えていく星屑に沿って ギリギリになっても全速で 君を探しに行くよ  例え明日全て終わるとして 共に儚い命を全うして 来世では白い風になって 君という花揺らすのさ  君がNOと言うなら 甘んじてしまうけど きっとYESと言うから もう準備はできているんだ 一か八かの賭けなら 悩む必要はない あの日僕を 救ってくれた様にさ  trust me 君を連れ出そうどこへでも 素晴らしい日々を さあ繰り返すために 手を取って 揺らいでいるハート 何も考えなくていいよ 安心させるよ 僕がそばにいるよ ほら 涙の訳を教えてごらんよ 1秒先の輝きを見つけに行こうよ
curry & rice 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想彼女とはもう終わりだって カレー屋の前の公園で気づく 何かいい出会いが落っこちてないかと 期待しながら昨日のことも一昨日のことも 思い出してしまう  ずっとチカチカしてた古いアパートの 白熱電球が直っていてなんだか 僕だけがこの世界に取り残されてるような 演出に腹を立てる余裕もないなこんな夜は  curry &rice そんな関係だった僕らの あてのないラブストーリーは終わったけど curry & rice 忘れないでいて この味を  明日からも出来るだけ いつも通り過ごしたいけれど なんせ今までの日常を失った僕には 昨日の一昨日のその前の前の君とのことが全てだから  curry &rice そんな関係だった僕らの あてのないラブストーリーは終わったけど curry & rice 忘れないでいて この味を  curry &rice そんな関係だった僕らも 果てのない国道を歩いて別れてく curry & rice 泣かせないでくれ この俺を
桃源郷シャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想一辺倒なあなたの性格 言って直るような人じゃないよな 知ったふりした私達の計画 10年後など絵空事  下手くそな優しさが 棘のように鋭く 私に微笑む  他にいい人がいるなんて台詞 2度と言わないでよね 私はあなたじゃなきゃダメだって言ってる ちゃんと聞いてよね  桃源郷はあなたのいるとこなんて 大袈裟だけどそばに居たかった  下手くそな強がりが頬を濡らしてる あなたはまた困ってる  他にいい人がいるなんて知ってる だからもう言わないでよね 私はあなたが居なくたって幸せ 大嫌いよ バイバイ  下手くそな優しさも愛おしいと思えた あの日を思い出す  他にいい人がいるなんて台詞 2度と言わないでよね 私はあなたじゃなきゃダメだって言ってる ちゃんと聞いてよね  私はあなたと居られたら幸せ  大好きよ バイバイ
部屋シャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想シェードランプの灯 混ざり合うには丁度いい感じ まだ眠れない夜というか 眠りたくない夜ってあるでしょう  フェードアウトの中に かなり膨大なフィルムがあってさ 忘れたい事の前に 忘れられない君がいるでしょう  涙の海の中 息継ぎもしないで 独りで泳ぐ  困らせてばかりだった 君のいない部屋で思う もし僕が君の手を 離さなかったら 今頃僕ら どこで何をしてたろう  もう一つの世界に 今もくだらないことで笑い合い キスをするシングルベッド 解けそうにない夜の魔法と  僕の一つの願いは 白い煙が空気に変わる頃 キッチンと天井との間 行き場を無くした  子供みたいにからかう 大人の君に 恋をしていた  連絡はしないでね 街で会っても知らないふりしてね なんて言葉の裏 どこか期待して つまりはいつも 君のことを探してる  浮かんでは消えない あの日の指切り いつかさまた 食べに来ようねの中華料理も 春風に溶けて 夢のように  困らせてばかりだった 君のいない部屋で思う もし僕が君の手を 離さなかったら 今頃僕ら どこで何をしてたろう  もう戻れないの 2人で居たい 胸が痛い もしどこかで生まれ変わって君と出逢えたら 100万年を君のそばで生きよう
Begin Again 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想水にネイビーを溶かしたような色の空が 夜明けのレースでフライングしてるみたいで まだ終わらないでと願うほどに なんだかそれは眩しかった  人生の意味を数えるような無駄な事は しないでおこうと思っていた矢先だった 小さな幸せ感じる心が 1つあればよかったのにさ  一枚剥がして 重い上着を脱いだら 何処までも行けるさ  勝ち続けてゆくんだ 言われっぱなしなら 僕はここで闘ってなどいない 待ち続けているんだ 堪らない瞬間を ほら クヨクヨしてんなよ  愛し続けてくれる人よ もう悲しませはしない 僕はここで 立ち上がる  勝ち続けてゆくんだ 言われっぱなしなんて かっこ悪いな 抗っていくんだ 待ち続けているんだろ 堪らない瞬間を ほら クヨクヨしてんなよ  水にネイビーを溶かしたような色の空が 夜明けのレースでフライングしてるみたいで まだ終わらないでと願うほどに なんだかそれは眩しかった  僕らはもっと強くなれる 陽が登れば また違う 真っ新な1日 希望の風が胸をさする 今汚れた街を出る 裸足で取り戻すよ 吹き荒れる 悲しみに打たれても
天使にさよなら 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想冷えた街の瞳の奥 君は何を考えていたの 言えないさよならを連れて 息が白いねと会話を埋めた  千切れた星はあなたの様だと 空を見上る君を見てた くすねていた悲しい話も もう誤魔化せない朝が来るね  僕ら明日から違うヒトになっても 心は同じ愛情を探すのだろう どうか 遠い場所にいても 笑っていてね  雪がアスファルトに溶けると ふざけて滑った君が浮かぶ 都会の隅で足宛きながら 僕は やれるだけ頑張ってみるよ  過去の光から香る淡い日々は 音も立てずに切なく輝くだろう 今日は 少し寄り道して 帰ろう  僕ら明日から違うヒトになっても 心は同じ愛情を探すのだろう そうだこの胸の中に君がいる  大切なことは 僕は僕を生きること 冬の調べは無邪気な天使の歌 綺麗なお別れのピアノ ほら聴こえる
tengokuシャイトープシャイトープ佐々木想佐々木想君が教えてくれた 涙の中には天国があって それに触れようとすると 遠ざかっていくんだって  僕の歳を取った 未来の姿は分からないけど 「あなたが好き」と言う君の声は 少し明日を見せるんだ  出来るだけ 尽きるまで 2人でいよう 疲れてしまっても  泣けるほど 君が好きなのは あの花の匂いと 君の優しさの所為  君が取っておいた デザートを2つ掌に並べて 1つは愛 もう1つは 生きる喜びだった  君の歳を取った 未来の姿を見てみたいな 「あなたが好き」と言う君の声を 100年先まで聞いていたいな  愛することは悲しいことでも それすら僕は嬉しく思うんだよ スーパーマーケットで見つけた カラフルな果実の様な 毎日をありがとう 本当にありがとう  僕は気付いたんだ もう天国なんて探さなくていい ただ君のいる今日が 素晴らしいと思うから  出来るだけ 尽きるまで 2人でいよう 疲れてしまっても  泣けるほど 君が好きなのは あの花の匂いと 君の優しさの所為  抱き合ったり 笑い合ったり 今の僕には それだけが全てで  この世界で 明日を見つけようと まだ脈を打つのは ここに君がいるから
オードブル 新曲シャイトープ 新曲シャイトープ佐々木想佐々木想あかりを灯したら みんなを呼んで これまでのいろんなこと 朝まで語り尽くそう  時間は流れたが 夢はそのまま どんなことが起こるだろう 楽しみに 描いていこう  浮かんだり 沈んだりするけど このテーブルを囲むのは 俺たちだって  それだけ それがね 何よりも ずっと宝物で なあ今日は何を食べようか
このアーティストのアルバムを見る
×