Quw「思惑」の歌詞一覧リスト

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
春に涙QuwQuwmdrmmdrm泥濘を抜けるつもりが 次第に深く沈んでいって 平静を装っていられない 足元ばっか見られちゃって  閉口してればノーガードで敗戦 なんかずっとそんな感じ 形容し難い感情を抱えて なんでずっとこんな感じ?  大概の不満に一礼して 諦観した今を駆け出していく 手中の武器は少ないが 私だって命の最中  劣勢も至って普通な 感性に疑問持っちゃって 平々凡々になりたいが それが何かも分からない  美しさと醜さを残していく春 何故か涙ばかり溢れるのです 苦しさも虚しさも忘れないように 心で燃やしていく
Night Walk 新曲Quw 新曲Quwmdrmmdrm強い風の吹く小道 下を向いて欠伸をする 路地裏に住む猫は いつも追う程逃げていく  無駄 惰性 平日 虚無感だけ過ぎて行って 怒り 妬み 言葉にする間もないね  くだらない現実ばっか 見つめちゃって 煌めいている感性 見失わないで!  夜を歩いて 踏みしめる生命の感覚 冴えない顔で 堂々と歩いていくのだ 言葉を浮かべて 確かめる情緒の現在地 腑に落ちる応答は無いが  無駄 惰性 平日 虚無感だけ過ぎて行って 怒り 妬み 言葉にする間もないね  くだらない現実ばっか 見つめちゃって 煌めいている感性 見失わないで!  誰も守らない信号で止まって 優越に浸酔していく 本当のところは愚直を演じて 置いて行かれるだけ  夜を歩いて 踏みしめる生命の感覚 冴えない顔で 堂々と歩いていくのだ 言葉を浮かべて 確かめる情緒の現在地 腑に落ちる応答は無いが
筐体QuwQuwmdrmmdrm空洞の筐体は稼働中 センシティブ 見られない様子 削れていく休日のあの感覚 不意なブラックアウトを待っている  数秒の膨大な記憶 連続する無駄な恥辱 果たしていつまで続く回転 何かこんな感じだったっけ  空洞の筐体は稼働中 センシティブ 見られない様子 削れていく休日のあの感覚 不意なブラックアウトを待っている  数秒の膨大な記憶 連続する無駄な恥辱 果たしていつまで続く回転 何かこんな感じだったっけ  夜の有限感 至って普通ですが いつでも反省と矯正の真っ最中  うるさい起動音が 鳴るのを待っていた 難しい言葉を並べた 底抜けに浅い思考で  空洞の筐体は稼働中 センシティブ 見られない様子 削れていく休日のあの感覚 不意なブラックアウトを待っている  数秒の膨大な記憶 連続する無駄な恥辱 果たしていつまで続く回転 何かこんな感じだったっけ  ああ 何を見ていれば良いの 何を聞いていれば良いの 何を語ったら良いの ねえ  ああ 何を見ていれば良いの 何を聞いていれば良いの 何を語ったら良いの ねえ  空洞の筐体は稼働中 センシティブ 見られない様子 削れていく休日のあの感覚 不意なブラックアウトを待っている  数秒の膨大な記憶 連続する無駄な恥辱 果たしていつまで続く回転 何かこんな感じだったっけ  ああ 何も見えてはいないよ 何も聞こえていないよ 何も語れはしないよ  ああ 何も見えてはいないよ 何も聞こえていないよ 何も語れはしないよ  ただぼうっとして
平熱QuwQuwmdrmmdrm薄らと青くなった空気 擦れた踵に苛立って 少し大袈裟な相槌をしてしまって 一瞥して 目を逸らす  声を上げ泣くような 胆力は無いんです  痺れる程の愛を探している 変わらず今日も平熱にうなされる  頭の中が忙しくて 冷たい水を無意識に含んだ つまらない事に割くリソースは無い それ自体がつまらないが  意図せずこの世界の端にいる 変わらず今日も礼節に惑っている  高層ビルの窓から 酷く疲れた光が差した  痺れる程の愛を探している 変わらず今日も平熱にうなされる 意図せずこの世界の端にいる 変わらず今日も礼節に惑っている
BlueQuwQuwmdrmmdrm虎視眈々と生きる 誰もが常に必死 分かり合えない事を 分かり合えばいいのに  吐いた胃酸に見える憎悪の塊 脳内イメージ 直ぐに消してしまいたいわ  言葉の応酬 無作為に人を刺す 気がつけばもう目がぐるぐる回る  大人気ない様子 口だけは達者です 明透な見えを張る  やけに重い頭痛が 派手に襲いかかってくる  誰も知らない場所へ 何もいらない場所へ 連れて行ってよ  深い海の底 沈める言葉 速すぎる流れの中何を見ているの? 教えてよ  常識が正義のフリをして 首を締め上げる
toaruhi 新曲Quw 新曲Quwmdrmmdrm日暮れのいつもの道 住宅から零れ落ちたピアノの音 先行き 募る憂慮と隣り合わせ ポケットの鍵 落とさないように  緩い坂道を下る 並ぶ自転車 横目に地面蹴る私 悩む夕飯 レシピも知らずに いつもの店へ向かう  緩い坂道を下る 騒ぐ子供 公園を素通りする私 月が少し顔を出した頃 「また明日」って手を振っている
Small Window 新曲Quw 新曲Quwmdrmmdrm浅い眠りから覚めて 心臓が悪い速さで鳴っている フワッと浮かぶ不安  小窓から差し込む光 冷めてしまった珈琲の香り 眺む木々 風に靡き 色を変え 季節が過ぎていく  異常な数 過ぎっていく 取り憑いた想像上のバッドエンド 自分次第 気分次第だな  静かに鳴る時計の針 褪せてしまった靴の色味 埃被る家具 見て見ぬふりして 季節が過ぎていく  小窓から差し込む光 冷めてしまった珈琲の香り 眺む木々 風に靡き 色を変え 季節が過ぎていく  静かに鳴る時計の針 褪せてしまった靴の色味 埃被る家具 見て見ぬふりして 季節が過ぎていく
この先は 新曲Quw 新曲Quwmdrmmdrmふらっとして行こう 霞んでいる四月の残像 気取った心境 何も成し遂げちゃいないけど  積もっていく感情 風が吹いてもまだ在るのに 最近の動向 浮かない顔のまま  言葉が浮かんでは消えていく どこまで行けば星は見える  グラっと来ても 少し覚えた対処法 でも不安も不満も 溢れ出て止まらないよ!  じわっと暖かい雰囲気 まだ肌を出す程じゃないが  季節がまだ微かに香る どうせいつか分からなくなる 言葉が浮かんでは消えていく どこまで行けば星は見える  凝り固まったり 流されてみたり なんかちょっと 変な人間になっちゃって  肯定や怒り 受け入れてみたり それでもずっと 変な人間になっちゃうね
CroppingQuwQuwmdrmmdrmあの屋上が何だか美しくて 鮮明に焼き付いてしまった 肝心な事は知らないでいて 密かに紡いだ音  爽やかに過ぎる一瞬の日々 身悶えちゃうような真赤の feeling 捻くれた若い衝動ばかり 切り取って 忘れないでいて  鮮やかに残る青いメモリー 喜怒哀楽から憶える意味 誰にもバレない胸中の機微 切り取って 無くさないでいて  あの感情は確かに苦しくて 気付かないふりをしてしまう 本心は奥底に閉まって 派手な身振りで笑った  揺れるカーテン 差し込む西陽 帰り道の匂い あの口癖 なんでもないのに 大事に残っているかも  爽やかに過ぎる一瞬の日々 身悶えちゃうような真赤の feeling 捻くれた若い衝動ばかり 切り取って 忘れないでいて  鮮やかに残る青いメモリー 喜怒哀楽から憶える意味 誰にもバレない胸中の機微 切り取って 無くさないでいて  爽やかに過ぎる一瞬の日々 身悶えちゃうような真赤の feeling 捻くれた若い衝動ばかり 切り取って 忘れないでいて  鮮やかに残る青いメモリー 喜怒哀楽から憶える意味 誰にもバレない胸中の機微 切り取って 無くさないでいて
思惑 新曲Quw 新曲Quwmdrmmdrm年老いていく事が 時々怖くなって泣いてしまう  あの町の景色とか この街の匂いもいつか忘れてしまう  あの日の情動は いまいち理解が出来なくなった  見なかったことにするよ もう行かなきゃ  年老いていく事が 時々怖くなって泣いてしまう  あの町の景色とか この街の匂いもいつか忘れてしまう  あの日の情動は いまいち理解が出来なくなった  見なかったことにするよ もう行かなきゃ  思いは刺さって抜けなくなった! 傍にある日々が為すモノ あまり見えなくなって 右脳が鈍っていく  思いが刺さって抜けなくなった! 言葉にする意味が無い程 分かり合えたつもりで 居られたらいいのにな  年老いていく事が 時々怖くなって泣いてしまう  あの町の景色とか この街の匂いもいつか忘れてしまう  あの日の情動は いまいち理解が出来なくなった  見なかったことにするよ もう行かなきゃ
このアーティストのアルバムを見る

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 宿命
  3. Dear
  4. 夢幻
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×