作詞家をはじめ、音楽プロデューサー、ミュージシャン、詩人、などなど【作詞】を行う“言葉の達人”たちが独自の作詞論・作詞術を語るこのコーナー。歌詞愛好家のあなたも、プロの作詞家を目指すあなたも、是非ご堪能あれ! 今回は、作曲家・作詞家・シンガーソングライターとして活動し、代表曲・一青窈「もらい泣き」「ハナミズキ」をはじめ様々な楽曲を手がけている「マシコタツロウ」さんをゲストにお迎え…!
マシコタツロウ
代表作
「もらい泣き」/一青窈
「ハナミズキ」/一青窈
「君、僕。」/Kis-My-Ft2
「君じゃない誰かなんて~Tejina~」/DEEP
「HARMONY OF DECEMBER」/Kinki Kids
「あなたへ」/EXILE
「桜の季節」/EXILE ATSUSHI
作詞論
解りやすい言葉の中に深みを持たせる
解りやすい言葉の中に深みを持たせることを心がけています。これは理想なのですが、長々しい説明よりも誰もが知っている身近な【名詞】に、その物語を象徴するような意味を持たせられればいいなと思っています。歌詞で伝えたいことに明確な答えは持たせず、聞く人それぞれがそこに自分を重ねて味わえるものを作りたいです。
[ マシコタツロウさんに伺いました ]
歌 手
DEEP
タイトル
君じゃない誰かなんて~Tejina~
もともと女性用に書いた歌詞を男性用に書き直しました。視点の違うスピンオフ作品を作るようで楽しかったです。サビ最後の「君じゃない」の部分の譜割(歌いまわし)は当初、棒読みのようでちょっと味気ないかと思っていたのですが、今はその不器用な感じが、歌詞に登場する「素朴な男っぽさ」かなと思っています。
1978年3月1日 茨城県生まれ
作曲家・作詞家・シンガーソングライター
代表曲 一青窈「もらい泣き」「ハナミズキ」をはじめ、中村雅俊、中森明菜、香西かおり、EXILE、DEEP、Kis-My-Ft2、SMAP、関ジャニ∞、嵐、Nコン合唱曲、小学校・高校校歌まで幅広く楽曲提供中。 また、ラジオパーソナリティーとしての一面も持ち、IBS茨城放送にて毎週水曜日13時から3時間生放送を担当。全編茨城弁で放送した同局コーナー「青なじみスペシャル」が2016年日本民間放送連盟賞「優秀賞」を受賞。茨城県常陸太田市観光大使、茨城町ふるさと大使、茨城新聞大使。
INFORMATION

マシコタツロウ
ミニアルバム
『メロディ至上主義』
2018年11月7日発売
YRCN-95301 ¥1,500(税込)

<収録曲>
1.「ハナミズキ(オリジナル:一青窈)
2.「君じゃない誰かなんて(オリジナル:DEEP)
3.「桜の季節(オリジナル:EXILE ATSUSHI)
4.「旅人(新曲)
5.「限りないもの(NTT西日本CMタイアップ曲
            読売テレビ・日本テレビ系
          「にけつッ!!」エンディングテーマ)