言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介して行くこのコーナー。
今回は、わーすた、こんどうようぢのサウンドプロデューサーを担当し、SUPER☆GiRLS、私立恵比寿中学などの作詞も手がけている「鈴木まなか」さんをゲストにお迎え致しました。

鈴木まなか

代表作

わーすた/「いぬねこ。青春真っ盛り」
こんどうようぢ/「ぐるぐるんセカイ」
SUPER☆GiRLS/「「サヨナラ」なんて」
私立恵比寿中学/「ぐらりぐら想い」

作曲論

・コードに合う言葉の意味
・メロディに合う言葉の響き
この2つは常に意識をしています。

例えばメジャーコード上での「ありがとう」と、マイナーコード上での「ありがとう」は、文字は同じですが、全く違う意味に聞こえますよね。ですのでそこは意識して常に曲とリンクする歌詞を作りたいと思っています。

RUCCAさんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:

もともとは作曲で採用していただく事が多かったのですが「わーすた」「こんどうようぢ」のサウンドプロデュースをするようになってから作詞もやるようになり、だんだんコンペ採用していただいた楽曲でも、曲と一緒に作詞も頼んでいただくことが増えました。

Q:
プロ、初作品について
A:

メジャーアーティストに初めて詞を提供したのは、私立恵比寿中学「ぐらりぐら想い」が最初だと思います。書いたのは10代の時で、浮気を気付かないフリをする女性をテーマに作詞しました。最初の頃は想像力が今より乏しく、実体験を元に書くことが多かったです。

Q:
作品を提供したいアーティスト
A:

少し前まではアイドル楽曲が多かったですが、最近は同年代の女性に共感してもらえる歌詞を意識して書くことが多いので提供したいアーティストというよりは、そんな楽曲を依頼していただけるようになれたらとても嬉しいです。

Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:

ヒミツです(笑)というよりは、正直、お気に入りの歌詞、その逆の歌詞もありますが、売れ行きは普段からあまり気にしてません。

Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:

楽しいから。好きだから。です。

Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:

普段から自分の気持ちと向き合う事や、正直に生きる事が、誰かのココロに届く歌詞を届けられる作詞家の基本なのかなと思ってます。私もまだまだですし、これから頑張っていきたいと思います。一緒に頑張りましょう!

歌詞を見る

この歌詞を書いたのは、ちょうど自分自身も悩んでいる時期で、とても等身大だと思います。今日も同じ時間に目覚ましがなって、今日も同じ時間に歯磨きをして…繰り返しの毎日って何の意味があるんだろう。とか、そんな風に思っちゃう時もたまにあるけど、そんな時に聞くと前向きになれるような曲です。当時は誰かの背中を押せるような歌詞にしたいとか、誰かを支えられるような歌詞にしたいと思いながら書いてましたが、今思うと何よりも自分を励まして励ましてできた、ある意味自分への応援歌かもしれません(笑)

■私の好きなあのフレーズ

未来へ歩く“今日”は
繰り返しのフリしている夢への道
一秒一秒が 過去に変わる“イマ”を
全力で愛していこう!

PROFILE

鈴木まなかManaka Suzuki

幼少期から音楽に興味を持ち、学生時代に本格的に作曲やDTMの勉強を始める。
2011年、17歳にして作曲家としてメジャーデビューを果たす。

近況報告

わーすた
「Just be yourself」

初回生産限定盤
AVCD-39354 ¥1,000(tax in)
通常盤 AVCD-39355/B ¥2,160(tax in)
M-1:「Just be yourself」(作詞)
M-2:「NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2」
    (作詞・作曲)
M-3:「約束だから」(作詞)
M-4:「いぬねこ。青春真っ盛り」(作詞)
2017.4.19 Release

Flower
「MOON JELLYFISH」

初回生産限定盤
AICL-3328~AICL-3329 ¥1,500(tax out)
通常盤 AICL-3330 ¥1,000(tax out)
M-2:「とても深いグリーン」(作曲)
2017.4.26 Release

【これまで登場した作詞家さん】