言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介して行くこのコーナー。
今回は、FTISLAND、AOA、さくら学院、春奈るな、などの数々のアーティストの作詞を手がけている「鈴木裕哉」さんをゲストにお迎え致しました。

児玉雨子

代表作

FTISLAND「Go again」「Cycle」
AOA「ショートヘア (Japanese ver.)」「チョアヨ!」
さくらしめじ「さんきゅう」「ふうせんはなび」
さくら学院「ご機嫌!Mr.トロピカロリー」
イ・ホンギ「Anywhere」
ときめき宣伝部「いざ、大和撫子」
春奈るな「ユキノミチ」
etc.

作曲論
メロディーがデッサンなら作詞は彩色のようなものだと思っています。稀に特殊な色を使う時もありますが基本的には曲が引き立つ配色をします。一番大事なのは誰が歌うかを考えること。同じ歌詞でも歌う人によって伝わり方が全然違います。技術面では細かく伏線をしいたり、少し奇抜な単語を混ぜ込んだりするのが好きです。
RUCCAさんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:

作曲家見習いとして入った事務所に来た作詞コンペをやってみたら採用されたのが直接のきっかけです。バンドをやっていてそこでの担当は作曲だけだったので、作詞もしてみたいという願望はずっとありました。

Q:
プロ、初作品について
A:

AOAさんの「ショートヘア」という曲です。元々韓国での人気曲だったのですが日本でリリースするにあたり日本語ver.の作詞を、という内容でした。こういうのって原曲ファンの方から叩かれるイメージがあって怖かったので内容は元の詞をかなり忠実に再現していて、そこに「よかったらこんなんもどうすか?」程度の絶妙なバランスでオリジナリティを織り交ぜています笑。

Q:
作品を提供したいアーティスト
A:

今はまだキャリアが浅いので誰にだって提供させていただきたいです。現在チャートのトップにいるアーティストやアイドルに提供したいという野望も持ちつつ、まだ発展途上の方に提供して僕の作品でトップまで押し上げたいという願望もあります。

Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:

作品は全部本当に大好きです。売れてない(売っていない)という意味では自分個人の作品として発表している楽曲はやはり特に自由にやれています。YouTubeなどに不定期でアップしてTwitterで告知したりしているので興味のある方はよかったらフォローしてチェックしてみてほしいです。

Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:

もちろんアーティストとして伝えたいこと、表現したいことがあったからです。…なんて言えたらかっこいいですが残念ながらそういうのはほぼ無くて笑。ただ「こんなこと歌っていたら面白いな」とか「これ言われたら自分だったら感動するな」とかをよく妄想していてそれを形にしたいと思い始めたからですかね。

Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:

僕のような新人が言えたことでは無いのですが、ポエムのような「詩」と「歌詞」は違います。メロディーに乗ったときに輝くような言葉を探すと良いかと。あとは歌ネットさんのコラムを毎回欠かさず読むことですかね!

歌詞を見る

当時中学1年生だった彼らに提供した作品です。初めて作詞作曲編曲全てやらせていただいた思い出の曲。多感な時期の少年がこのメロディーで歌って初めて輝く歌詞になったと思います。初披露のライブは彼らが泣きながら歌ってくれたのですがそれを見て僕も泣いたのを憶えています。自分の曲で笑。

■私の好きなあのフレーズ

これからも一緒にいよう その瞬間がくるまで

PROFILE

鈴木裕哉Yuya Suzuki

自身のバンド活動中からその楽曲製作能力が高く評価される。
抜群のポップセンス、心を打つ純粋な歌詞が武器の気鋭の音楽作家。
Twitter

近況報告

さくらしめじ
「さくら〆じ」

初回限定盤 ZXRC-2019 ¥2,500(tax in)
通常盤 ZXRC-2020 ¥1,800(tax in)
M-4:「いーでぃーえむ」
2017.3.22 Release

FTISLAND
「UNITED SHADOWS」

初回限定盤A WPZL-31274/5 ¥4,860(tax in)
初回限定盤B WPZL-31276/7 ¥4,860(tax in)
Primadonna盤 WPCL-12604 ¥4,800(tax in)
通常盤 WPCL-12603 ¥3,240(tax in)
M-8:「Go again」
2017.4.12 Release

【これまで登場した作詞家さん】