言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介して行くこのコーナー。
今回は、自らのユニットcanna(カンナ)としてメジャーデビューをしており、KinKi Kids、修二と彰、NEWS、などをはじめ、多くのアーティストに楽曲を提供している「Shusui(周水)」さんをゲストにお迎え致しました。

児玉雨子

代表作

KinKi Kids「青の時代」作詞・作曲
KinKi Kids「もう君以外愛せない」作詞・作曲
Scott & Rivers「HOMELY GIRL」作詞作曲
加藤ミリヤ「サヨナラ」作詞作曲
修二と彰「青春アミーゴ」作曲
テゴマス「ミソスープ」作曲
NEWS「サヤエンドウ」作曲
KAT-TUN「DON'T U EVER STOP」作曲
MISIA「太陽の地図」作曲
清水翔太「Miss You」作曲

作曲論
なるべく自然な形でメロディーに合う言葉とサウンドを選ぶこと。 難しい言葉や比喩表現よりストレートな日常会話を用いること。シンプルな日常会話や普段人とのコミュニケーションで使用する言葉を中心に作詞します。 そして、作曲家でもある僕が一番大切にしていることは、メロディーに合うワードを見つけることです。 僕は生まれつき視覚障害のため、本や小説は一切読めないので、テレビやラジオ、人の会話の中などで気になるワードやテーマをメモして置くことを心がけております。
RUCCAさんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:

自分で作曲した楽曲に言葉を乗せてみたかったからです。

Q:
プロ、初作品について
A:

確かKinKi Kidsさんのセカンドシングル『 愛されるより 愛したい 』のc/w「ひとりぼっちのクリスマス」です。

Q:
作品を提供したいアーティスト
A:

海外のボーイバンドや歌の上手いシンガーです。国内では演歌歌手の方々です。

Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:

cannaのミニアルバム『春色』収録曲の「一年草」や、『夏色』収録曲の「甘い潮風」です。

Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:

自分で作ったメロディーに言葉を乗せて自ら歌いたかったからです。

Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:

自分の好きな事をたくさん見つけてそれがもし作詞/作曲/音楽家だったら、たくさんの音楽とアイデアを生み出して下さい。 ひたすら作品を書き続ける事で結果は後から必ずついて来ます。 音楽は『音』を『楽しむ』と書きます。 だから大好きな音楽を楽しんでオリジナリティーを追求して下さい。

歌詞を見る

この曲は僕の妻(当時は彼女)に捧げたラブソングと言う名のラブレターです。 ストレートに彼女への愛を表現しました。難しい言葉よりも日常会話のような簡単な言葉でストレートに愛を伝えたいと思い、ラブレターを書くように歌詞を書きました。 その後、KinKi Kidsのお二人がこの曲を気に入ってくださり、KinKi Kidsのバラードの代表曲として世の中に広まり、その後自らのユニットcanna(カンナ)でもセルフカバーし、ベストアルバム『ALL TIME BEST SONGS~蜃気楼~』に収録されています。 もちろん僕らの結婚式でも生演奏して、妻にこの曲を贈りました。

■私の好きなあのフレーズ

もう君以外愛せない 他にどんな人が現れても

PROFILE

Shusui周水

1976年1月30日生東京都出身。
生まれつき目に障害を持っていたこともあり、両親の勧めでクラシックピアノを習い始める。文化学院を卒業後ロンドンへ留学。帰国後cannaを結成。Sony Recordsより「紙ひこうき」でメジャーデビュー。外国人クリエーターとのコラボレーションの作品を国内外へ提供。「青春アミーゴ」(修二と彰)がオリコン年間シングルチャートの1位を記録。自らの子育て体験を元に育音プロジェクトを設立し本格的に始動。
Official Twitter

近況報告

canna
『ALL TIME BEST SONGS ~蜃気楼~』

DQCL-671 ¥4,000(tax in)
2017.8.1 Release

Shusui
絵本CD『アフリカゾウのなみだ』

小学館より出版 ¥1,500(tax in)
2015.10.1 Release

【これまで登場した作詞家さん】