試聴する

月を見ていた

この曲の表示回数 11,421

愛してんのって言いたい
i'm not afraid of anything

転がる人生のレシピ 生活のカタログ
誰かが敷いたレールの上
雲にビルが剌さっていく

私はただ眺めるの
醜いと馬鹿にしながら それを作る一部になる
日常にあぐらをかいて

捨てるほどの哀しみで今
歓びを奪い取って 種を蒔いて 静かに待って

あなたはいつも空に居る
時に背を向け私を噛む
夜になれば静寂が傷を舐めてくれる

どうして動けないの この部屋はいらないものばかり
月が微笑んで見えたなら ベランダから愛を込めて

捨てるほどの哀しみで今
歓びに色を塗って 花を摘んで あなたにあげよう
愛するべきものはいつも
目に映る全てでしかない
祈りはいつも 足元にある

愛してんのって言いたい
i'm not afraid of anything
愛してんのって痛い
anything oh but you

i'm not afraid of anything
anything oh but you
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月を見ていた 歌手:矢井田瞳

矢井田瞳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/08/15
商品番号:TOCT-25815
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP