試聴する

琥珀のセレナーデ

この曲の表示回数 5,998

出逢う筈の無い君と僕 結いを誓い合って
未来へのベールを 挙げ歩きだした
迷うときも傷つくときも ふたり支えながら
さり気ない優しさ愛しさに抱かれ過日を想う

君がどんなに深い闇の中 彷徨ったとしても
僕の呼ぶ声が道を照らす 当たり前の様に

僕がどんなに荒れた海の中 彷徨ったとしても
君の灯す一筋の光 きっと見つける筈

もうすぐ夜の帳が下りて ふたり見上げる空は
地平線の果ても 琥珀色に染まり
今日までの日々振り返るには まだ早い気がする
けれど伝えずにはいられない君への感謝と
oh~ 愛のすべてを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:琥珀のセレナーデ 歌手:ニコラス・エドワーズ

ニコラス・エドワーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-10-08
商品番号:EDCE-1019
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP