歌詞を

ヘルプ

山川豊78曲中 1-78曲を表示
2019年3月22日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
アメリカ橋GOLD LYLIC山川豊山口洋子平尾昌晃風が足もとを通りすぎてゆく
螢子山川豊高田ひろお弦哲也頬にひとすじひかってた
夜桜山川豊吉田旺徳久広司夜桜舞い散る春なのに
函館本線山川豊たきのえいじ駒田良昭凍りついた線路は今日も
再愛山川豊原文彦叶弦大なんて素敵な女性だろう
わかれ雪山川豊高橋直人あらい玉英化粧が落ちるよそんなに泣いちゃ
黄昏山川豊原文彦叶弦大弱虫だったねあの頃俺たちは
今日という日に感謝して山川豊麻こよみ徳久広司女の願いをひとつだけ
ニューヨーク物語り山川豊つんくつんく憧れの人あなたと恋に落ちた
しぐれ川山川豊吉田旺徳久広司春にそむいてしぐれ川
愛待草より山川豊川内康範遠藤実見知らぬ人から便りが届いた
酒場のろくでなし山川豊秋浩二伊藤雪彦遊び過ごした子犬のように
優しい女に会いたい夜は山川豊紙中礼子花岡優平優しい女に会いたい夜は
流氷子守歌山川豊池田充男曽根幸明やけつく火の酒を
途中下車山川豊吉幾三吉幾三しんしんとただしんしんと
面影本線山川豊里村龍一四方章人幸せそうだね横顔が
ときめきワルツ山川豊川内康範遠藤実風がどこかで寂しく歌う
きずな山川豊里村龍一弦哲也夢もやれない男のために
酒は男の子守歌山川豊秋浩二伊藤雪彦辛い恋などやめにして
霧雨のシアトル山川豊阿木燿子平尾昌晃雨は旅人の心変えるから
我が娘へ山川豊吉幾三吉幾三叱った分だけ愛してる
ふるさと山川豊&桂銀淑やしろよう浜圭介ビルの谷間に夢が沈む
逢えてよかった山川豊山口洋子平尾昌晃窓を開けてくれ指の巾くらい
哀愁の街に霧が降る山川豊佐伯孝夫吉田正日ぐれが青い灯つけてゆく
友情(とも)山川豊たかたかし西つよし志の半ばで倒れたときは
海峡本線山川豊麻こよみ徳久広司海峡越えればしらじらと
終電 何時?田川寿美・山川豊秋元康後藤次利そんなに強くないから
愛に溺れて山川豊・大石円星野哲郎岡千秋逢うたび君はきれいになるね
泣かないで山川豊たきのえいじ浜圭介恋する度に化粧を変えて
蜃気楼の町から山川豊喜多條忠叶弦大いつか魚津の港から
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
北陸本線山川豊下地亜記子乙田修三粉雪肩に舞い散る駅を
北斗星山川豊やしろよう浜圭介街の灯りは 天の川
雪舞橋山川豊山口洋子平尾昌晃会いたくなったならこの橋へ
ナイアガラ・フォールズ山川豊阿木燿子堀内孝雄無理です無理ですそんなこと
港のブルース山川豊たきのえいじ弦哲也船の汽笛にゆれる面影
こころ花山川豊里村龍一聖川湧花の咲かないこの俺に
思い出運河水森かおり・山川豊麻こよみやまかわ豊静かに流れる別れの時間
神戸の落葉山川豊高田ひろお弦哲也これっきりにしましょう
酒場しぐれ山川豊秋浩二伊藤雪彦肩をすぼめた酒場の隅で
潮騒山川豊原文彦叶弦大白い船が出る夜明け港町
港酒場山川豊たきのえいじ小町昭波と吹雪にさらされて
北国山川豊山口洋子平尾昌晃愛しているといえないで
アメリカ橋 ~デュエット~山川豊・平尾昌晃山口洋子平尾昌晃風が足もとを通りすぎてゆく
はぐれ雲山川豊やしろよう伊藤雪彦ひいふうみいよういついついつ
おふくろよ山川豊たきのえいじ弦哲也愚痴も弱音も吐かないで
酒ごころ山川豊水木れいじ浜圭介表紙のちぎれた歌本ひらき
おまえに愛を山川豊森坂ともやまかわ豊うつむき健気に咲く花が
柳川慕情山川豊たかたかし西つよし水の都に降る雨は
死なず花山川豊川内康範五木ひろしごらんよ夜空の星でさえ
あの日の花火山川豊大仏竜規大仏竜規しっかりせないかんぞ
夢列車山川豊秋浩二伊藤雪彦うすむらさきの日暮れの中を
男のららばい山川豊たきのえいじ鈴木淳おもいで肴にくみ交わす
恋の浅草ものがたり藤野とし恵&山川豊池田充男弦哲也雷門で待ちあわせきょうの
放浪ごころ山川豊やしろよう伊藤雪彦おまえを忘れるために
アーバン ボクサー山川豊グッチ裕三グッチ裕三身の上話しは好きじゃない
メープル街道山川豊阿木燿子堀内孝雄親も仕事も捨ててきた
鈴蘭の雨山川豊佐々木いさお七戸賢一細い肩を濡らす絹の雨
虹色の心山川豊阿木燿子杜奏太朗取り乱してごめんなさい人の
ふるさと花火山川豊つんくつんく懐かしい顔見かけた
夜空の子守歌山川豊菅麻貴子杜奏太朗夢だ恋だと朝まで飲んで
喜びの日に山川豊 with 森川つくし水木れいじ吉幾三言えずじまいで嫁くとこでした
最後のおんな山川豊吉田旺徳久広司こんな私でもほんとにいいの
氷雨海峡山川豊吉田旺徳久広司夢を灯しに来た都会は
足摺岬山川豊下地亜記子やまかわ豊潮風をよけ合い身をよせて
春から夏へと山川豊杉紀彦やまかわ豊名もない二人が互いに呼びあい
せせらぎの宿山川豊杉紀彦徳久広司暗い暗い眼をしてた
俺といっしょに山川豊松坂亜季やまかわ豊無理をするなと酒取りあげて
海鳴り挽歌山川豊坂口照幸佐瀬寿一海鳥追われる波立つ頃は
北の駅舎山川豊里村龍一叶弦大港の風が吹きぬける
幸せごころ山川豊秋浩二伊藤雪彦ふたりで寄り添う明日が
おやじのせりふ山川豊杉紀彦弦哲也なぐる奴にはなぐらせろ
Love me tonight山川豊伊藤薫伊藤薫Love me tonight いけないと
霧雨の街山川豊たきのえいじ弦哲哉寒くないかと肩を抱き寄せ
酒と泪と男と女山川豊河島英五河島英五忘れてしまいたいことや
黄昏のビギン山川豊永六輔中村八大雨に濡れてたたそがれの街
ふるさとに続く道山川豊たきのえいじ弦哲哉高層ビルを染めていく
蛍草山川豊たきのえいじ弦哲哉俄か仕立てのしあわせは
山川豊たきのえいじ弦哲哉旅に出ようかどこか遠くへ