湖畔の宿

山の淋しい みずうみに
ひとり来たのも 悲しいこころ
胸のいたみに たえかねて
昨日の夢と 焚きすてる
古い手紙の うすけむり

水にたそがれ せまるころ
岸の林を しずかに往けば
雲は流れて むらさきの
うすきすみれに ほろほろと
いつか涙の 陽が堕ちる

ランプ引きよせ ふるさとへ
書いて又消す 湖畔のたより
旅のこころの つれづれに
ひとり占う トランプの
青い女王(クイン)の さびしさよ