検察側の証人

『あいつを棄てた女は 今頃別の男の部屋で
おそらく 可愛い涙混じりに 鮮やかな嘘を身にまとっている
自分の何処が魅力か 数え尽くして知り抜いていて
あいつの悲しい程の純愛を 階段昇る様に
踏みつけて行った 踏みつけてった
恋はいつでも必ず 独法師の影踏みゲーム
足元にあるのに追いつけない
追えば追う程きっと 取り残されてゆく
気がつけば いつも夕暮れ』

『違うわ別れた夜の あの娘の姿見てないからよ
一晩 私の部屋で泣いて 血を吐く程に泣いて
謝り続けていたわ
確かにそれはあの娘の 心変わりがすべてだったわ
けれどもあの娘なりにいつも 一所懸命いつも
生きようとしてる 生きている
恋はいつでも必ず 両刃の剣と同じ
傷つかない方がきっと 嘘をついてる
斬りつけていった方が 斬りつけられた方より
傷つく事だってあるはずよ』

『あの娘を棄てた男は 今頃別の女の部屋で
自分の掌の広さと懐の狭さを 身に浸みているさ
あの娘は自分の姿を 口に出すのが下手だったから
男はあんなにすてきなひとを 酒を変える様に
飲み捨てて行ったに 決まってる
恋はいつでも必ず あみだくじみたいなものさ
たどる奴以外は道程を知らない
ひとしきり風吹けば 風紋が消える様に
見て見ぬふりの藪の中』