初めて出逢った日のように

堕ちてゆく 涙の影
握りしめた 君の細い指

いまはまだ 見えない道
幸せまで 長い闇がある

もう戻れない 運命に流される
枯葉のような心に 吹く風も凍えてる

でもかならずふたりは逢える
そのときはもう
その手を二度と離さない
抱きしめて君を離さない

あの激しい胸のときめき
失くせないから
初めて出逢った日のように
君だけがいればいい
それだけでいい

夢見ても 覚める場所は
誰もいない 渇いたまちかど

そんなとき 君がくれた
思いだけに 僕は救われる

もう届かない 星もあるけれど
君なしではいられない この愛は終わらない

そうかならずふたりは逢える
そこからはもう
心はなにも迷わない
微笑みも決して壊さない

あの激しい胸のときめき
失くせないから
初めて出逢った日のように
君だけがいればいい
それだけでいい