住み慣れた街を旅立つ
誰もが知らない国へと
全てを知る地図 いらない
ひたすら歩いて もっと遠くまで

見渡す全ての景色が初めて
通りすがる顔もみんな初めて
言葉さえきっと通じない世界

誰も荷物支えてくれはしない

強い雨に打たれた日も 重い足 もっと
力強く前に出して 濡れた土 蹴って
信じた道ただ前見て
限界超えるまで歩き続ける

あまりに険しい旅路で
見ず知らずの人 差し出す
小さな水筒 手に取り
人の優しさに涙溢れた

ゴールの見えない暗いトンネルで
名前も知らない仲間に出会った
励ましあうだけで軽くなる足

人はみんな一人で生きられない

向かい風に吹かれた日も 強い意志持って
目指した国 見えなくても 突き進め ずっと

少し疲れたときは寄り道しながらひと休みでもしてみよう
支えてくれた人の笑顔全て思い出して また立ち上がろう

強い雨に打たれた日も 重い足 もっと
力強く前に出して 濡れた土 蹴って

向かい風に吹かれた日も
目指した国見えなくても

険しい山乗り越えれば 希望の道 きっと広がる
躊躇わずに前進めば辿り着くから

強い雨に打たれた日も
向かい風に吹かれた日も