小さな街のプラタナス

小さな街の 小さな恋
小さな公園 大きな木
大きな大きな プラタナス
木の葉が一枚 舞っていた

私はあの日 まだ子供
あなたもあの日 まだ子供
大きな大きな 黒い雲
こわくてかくれた プラタナス

とってもとっても 年寄で
とってもとっても 太くって
二人の両手で かこんでも
かこみきれない プラタナス

知らない間に 時が過ぎ
よごれた雨が ふり始め
枯れてく年寄 プラタナス
最後の木の葉も 舞いおちた

何も残さぬ プラタナス
泣くに泣けない プラタナス
この世にたった一つだけ
残した私の 恋の思い