海辺の恋

こぼれ松葉をかきあつめ
をとめのごとき君なりき
こぼれ松葉に火をはなち
わらべのごときわれなりき

わらべとをめよりそひぬ
ただたまゆらの火をかこみ
うれしくふたり手をとりぬ
かなひきことをただ夢み

入り日の中に立つけぶり
ありやなしやとただほのか
海べのこひのはかなさは
こぼれ松葉の火なりけむ