はぐれ雲

あんな野暮天(やぼてん) おさらばと
下駄を蹴飛ばし ケリつけた
なんで今さら 旅の空
祭りばやしの 笛の音(ね)に
胸のほの字が また燃える……
呼べば泣けそな 呼べば泣けそな はぐれ雲

ねじり鉢巻き 左巻き
お鈍(にぶ)すぎるよ 甲斐性なし
追って来たって 知らないよ
やけでつよがり 並べても
花を手向ける 目に涙……
見ないふりして 見ないふりして 地蔵さん

風につがいの 赤トンボ
羽根をよせあう 茜空
どこか似ている 若い衆の
法被(はっぴ)姿を ふり向けば
喧嘩みこしに 里ごころ……
どこへ帰ろか どこへ帰ろか はぐれ雲