新宿情話

新宿は 西口の
間口五尺の ぽん太の店が
とうとうつぶれて 泣いてるヒロ子
三畳一間で よかったら
ついておいでよ ぼくんちに

東京は 広いから
親も故郷も 知らない人が
ヒロ子の他にも いっぱいいるさ
泣くのはいいけど 泣いたなら
ぼくの笑顔が 見えなかろ

これからは どうなるの
赤いランプの 最終電車
しょんぼり見送る ヒロ子の涙
風呂敷包を 中にして
つなぐ手と手に 霧がふる