春メロ

拝啓 君はお元気ですか
僕は変わらず あの頃のままです
君と二人過ごした季節 観えないものまで確かに観えていた

言葉はちるよ 春の終わりに
なんて儚いのかな

ひとつひとつ紡ぎ出してく 懐かしい君よ 幼き記憶よ
一度きりの幸せは過ぎ 近くにあったものまで消えていた

言葉はちるよ 春の終わりに
言葉がちるよ 春の終わりに
言葉はちるよ 春の終わりに
なんて儚いのかな