江ノ電 -白い日傘-

江ノ電降りたら 日暮れ坂
今でもそのまま 残ってる
あれから何年 過ぎただろうか
わたしも母と 同じ歳
白い日傘を くるくる回し
あなたの真似して みるけれど
ごめんなさいね しあわせを
少しはずれて 歩くけど

逗子から葉山へ 蝉しぐれ
昔の景色が そこにある
今では遠くへ 旅立った
母は綺麗な 人だった
白い日傘に 隠した涙
子供の頃から 知っていた
ごめんなさいね 泣きながら
ひとり帰って 来たけれど

白い日傘を くるくる回し
あなたの真似して みるけれど
ごめんなさいね しあわせを
少しはずれて 歩くけど