横濱エラヴィータ

赤いレンガの 倉庫が並ぶ
風の横濱 港の酒場(バール)
ドアが開(あ)くたび 振り向くたびに
今日もため息つくばかり

悪い人には思えなかった
心さらって行ったまま

E la vita E la vita
人生なんてそんなもの
E la vita E la vita
過去は飲み干すしかないの

時をくゆらす 煙草の煙
何故か無口な 客しかいない
月の滴が グラスに揺れる
何処へあなたは消えたのか

私の夜は いつまで続く
失くした恋は いつまで疼く

E la vita E la vita
人生なんてそんなもの
E la vita E la vita
うまくいかないことばかり

E la vita E la vita
人生なんてそんなもの
E la vita E la vita
過去は飲み干すしかないの