光のカゴ

夜の夜景のその窓の 明かりには違うストーリー
名前さえ知らない 人達がいて

光のカゴに詰まってる 喜び悲しみ それぞれの
夢がある 何かと 戦ってる人はみな

手を離してしまった あの日のカイトは もう戻らないけど
飛べるはず ビルの谷間を駆ける
風になれたら

夜の夜景の その窓の 明かりには違うストーリー
話し声さえも 聞こえてきそうだよ

あの日波に 砂のお城は 消えた様につくられた様に
この都会(まち)は そうさ 姿を変えて 生きてる

それぞれのカゴに 詰まってるのは 本当の夢 それとも幻想
幸せってものを みんな探してる
別々の 地図をかざして

手を離してしまった あの日のカイトは もう戻らないけど
まだ飛べる 緑の丘を駆ける風と

夜の夜景のその窓の 明かりには違うストーリー
名前さえ知らない 人達のいとなみ

光のカゴに詰まってる 喜び悲しみ それぞれの
夢がある 何かと 戦ってる

夜の夜景の その窓の 明かりには違うストーリー
話し声さえも 聞こえてきそうだよ