Red sign

ずっと聞かないようにしてた
誰が口にするうわさも私には関係ないって
何故一度言葉かわして一度ふざけ合っただけの人のこと
気にしなきゃいけないの
でもどうして毎日気がつくとあなたの顔
思い浮かべては何もできなくなってる

あの日あなたに会った時の赤い信号は
二度と傷つかないように
自分を守るためのサイン
ねえ 本当はわかってるの苦しいくらい
そうよ私は恋してる、信号にも気づかないふりして

そっと渡された番号はレシートの中にまぎれて
まだあの日のショルダーに入ったまま
ただ素直になれたら ただ心開けたなら
新しい何かきっと始まるはずなのに

突然ずっと空っぽだった心の中が
誰かを想う気持ちでいっぱいになるその戸惑い
ねえ 少しだけわかってね苦しいくらい
そうよ私は恋してる今までにはなかったほど強く

あの日あなたに会った時の赤い信号は
二度と傷つかないように
自分を守るためのサイン
ねえ 本当はわかってるの苦しいくらい
そうよ私は恋してる、信号にも気づかないふりして