夜明けの雨

枕元に響く波のような音は 街を走り抜ける夜明けの雨
僅かに開いた窓 入り込む雨粒 鳥の声が消えた目覚めの時

冷めた朝に慣れてどれくらい経つだろう 生まれて逝く夢も見送るだけ

走り去る雨は何処へ行き 誰の夢を覚まし消えるだろう

落ちた木の葉はまだ小さく緑色 暖かくも強く風が飛ばす

足元に映る空はまだ 陽の光を少し返すだけ

枕元に響く彼の様な音は 街を走り抜ける夜明けの雨
僅かに開いた窓 入り込む雨粒 鳥の声が消えた目覚めの時