ハピリーモッシュフロア, ヘッドバンギングソング

聴こえる?
春を呼ぶ声に混じる、君の探す歌が。
蒼くて、冷たい夜を越えて目指す、新しい階層。

忘れられぬ程の、過去の記憶や意味。
詰め込んでいいよ。
半分持とう。

きらめく星の下で、いくつも過ぎる夢。
君と乗ってみよう。
ゆらゆら僕と浮かぶ、浴槽のようなモッシュフロア。
君の笑顔が見たいよ。

恐ろしい夜がまた迫ってくる。
狭い君のes。

吐き出したいほど嫌い、今の自分の意地。
抱え込む君ごと、支えよう。

あふれる星の下は、綺麗事だけじゃない。
君は気づいてる。
それでも僕と浮かぶ、眠りやしないモッシュフロア。
君にドキドキしてるよ。

背負う何かが重過ぎても、手を離しちゃ駄目だ。

きらめく星の下で、いくつも過ぎる夢。
君と乗ってみよう。
ゆらゆら僕と浮かぶ、浴槽のようなモッシュフロア。
君の笑顔が見たいよ。

あふれた星の数は、幾憶どころじゃない。
君は気づいてる。
それでも僕と振ろう、ヘッドバンギングのモッシュフロア。
みんな強くなれるよ。