前髪、ディフォルメされた歌謡曲を作る。

爪から判った、彼の人生。(誰にでも分かるほどの、苦労のはみ出す爪。)
『マコラエ三郎』、彼の名
中肉中背。
「蓋し君か。」
呼ぶ声多数の人物よ。

詰めても詰まらぬ、成り上がりで。
(はみ出るほどの何かがあると、前髪は考えている。)
頭脳は一品、以上。

忘れられない、球を投げた。
あなたは何を思った?
「期待にはもう応えられぬ。」
勘違いした。(何かがはみ出すかと思うほどの、勢いだった為。)

月日は全てを曝け出していく。
余韻変えて。
今はどうにも出来ないことも、満月の下、白く。

爪から判った、彼の人生。(前髪の尊敬すら、はみ出す爪。)
『マコラエ三郎』、彼の名
中肉中背。
「蓋し君か。」
呼ぶ声多数の人物よ。

忘れられない、球を投げた。
あなたは何を思った?
「期待にはもう応えられぬ。」
勘違いした。(何かがはみ出すかと思うほどの、勢いだった為。)

月日は全てを曝け出していく。
余韻変えて。
今はどうにも出来ないことも、満月の下、白く。

今となっての、僕はどうか?
あなたは何を思った?
「誇りとなるよう応えたい。」
確信満ちた。
(何かをはみ出させたいと前髪は常々思っていた、マコラエ三郎の前で。)

月日は全てを曝け出していく。
余韻変えて。
今はどうにも出来ないことも、満月の下、白く。

月日は全てを前に進めて行く。
余韻響き。
今はどうにもできないことも、はみ出し、自我を描く。