僕の絵

絵の中でピアノを弾いてる君は少し笑ってる

大切な人に囲まれて
無関心な人に囲まれて
裏切る人に囲まれて
思い出に囲まれて

何時かこの絵が君に届くといい

僕の絵の中で 君が笑ってるといい
僕の絵の中で 君がうたた寝してるといい
君が誰かに包まれてるといい
君が誰かを包んでるといい

何時かこの唄が君に届くといい

私の唄の畔で君が羽を休められるといい
私の唄の畔に君が自分についた嘘を映せばいい
私の唄の畔にあの鳥が帰って来るといい

もし人々が愛することを忘れてしまうなら
すべてを自然に返し 人類に終わりがくればいい

もし君が苦しい愛に埋もれそうになっても
どうか元気を出して 生かされているのだから